PR

建設業でファクタリングで資金調達する方法!オススメ会社を解説

建設業の会社や一人親方が迅速に資金調達したい時に役立つファクタリングとは

ファクタリングは、売掛債権(売掛金)を最短即日に現金に変えることができるサービスです。

建設業者でも法人、個人問わず利用可能。

借入ではないので、業績不振、赤字であっても利用できます。

今回は、建設業者向けのファクタリングサービスを解説します。

ファクタリング総合ランキングTOP3
  • ファクタリング総合ランキングno.1
    事業資金エージェント
    最短3時間
    (2社間) 5%~ (3社間) 1.5%~
    2社間・3社間

    2億円まで対応の安定した資金力がある!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.2
    ファクターズ
    最短4時間

    資金繰り改善率!審査通過率!リピート率が90%以上!

    詳細を見る
  • ファクタリング総合ランキングno.3
    アクセルファクター
    5割以上が即日入金
    2%〜20%
    2社間・3社間

    赤字決算でも相談OK!30万~1億円に対応!

    詳細を見る

建設業でファクタリングが向いている理由

債権の回収コストが長く、金銭的な出入りが激しい建築業は、次のような理由からファクタリング利用が向いています。

着手から入金まで期間が長い

建設業は、プロジェクトのスタートから完成までの期間が長く、その間に多くの費用が発生します。

特に大規模なプロジェクトの場合、数ヶ月から数年にわたることも珍しくありません。

このような長期間にわたるプロジェクトでは、入金がプロジェクト完了後となるため、資金繰りの問題が生じやすくなります。

ファクタリングを利用することで、請求書を売却して即時に資金を得ることができ、資金繰りの問題を解消することができます。

支払いが多い

建設業は、材料の購入や人件費、機械のリース費用など、多くの支払いがプロジェクト開始前や途中で発生します。

これらの支払いは大きな負担となり、資金難に陥ることがあります。

ファクタリングを利用することで、請求書を先行して売却し、必要な資金を確保することができます。

これにより、スムーズにプロジェクトを進行させることが可能となります。

入金トラブルが多い

建築業界では、元請け、下請け、孫請けという請負契約の構造が一般的です。

このような構造の場合、元請けの支払いが遅れると、それがドミノ式に下請けや孫請けへと影響を及ぼし、資金繰りの問題が生じることがあります。

ファクタリングを利用することで、待たずして資金を確保することができ、安定した業務運営が可能となります。

個人事業主、一人親方でも利用できる

ファクタリングは、利用者の信用度や経営状況に関係なく、請求書の内容を基に資金を提供してくれるサービスです。

そのため、借金がある場合や赤字経営の場合でも利用することができます。

特に建設業界では、個人事業主や一人親方が多く活動しており、ファクタリングは彼らの資金繰りのサポートとして非常に有効です。

回収不能になるリスクがある

建設業界では、発注元や元請けが経営破綻するリスクがあります。

そのような場合、債権の回収が困難となることが考えられます。

ファクタリングを利用することで、債権をファクタリング会社に売却することで、回収リスクを回避することができます。

建設業でファクタリング利用のメリット

ファクタリング利用のメリットは次の通りです。

最短即日で資金調達が可能

建設業は、プロジェクトの規模や期間に関わらず、資金繰りが常に重要な課題となります。

特に、材料の購入や人件費、機械のリース費用など、多額の支出が前もって発生することが一般的です。

ファクタリングを利用することで、請求書を基に最短即日で資金を調達することが可能となります。

これにより、急な資金ニーズにも迅速に対応することができ、プロジェクトの進行をスムーズに保つことができます。

回収リスクを防げる

建設業界においては、発注元や取引先の経営状況の変動により、請求金額の回収が困難になるリスクが存在します。

ファクタリングを利用することで、債権をファクタリング会社に売却することができ、回収のリスクを同社に移転することができます。

これにより、企業自体の財務健全性を保ちつつ、安定した業務運営を継続することが可能となります。

業績に関係なく利用できる

ファクタリングの利用は、企業の業績や信用度に依存することなく、請求書の内容を基に資金を提供してもらえるサービスです。

これにより、業績が一時的に低迷している時期や、新規で事業を開始したばかりの企業でも、資金繰りのサポートを受けることができます。

特に建設業界では、プロジェクトの受注状況による収益の変動が大きいため、ファクタリングは資金調達の強力なツールとして活用されています。

建設業者がファクタリングを利用するデメリット、注意点

取引先に知られる可能性がある

ファクタリングを利用する際、取引先にその事実を知られるリスクがあります。
特に、3社間ファクタリングでは、取引先に対してファクタリング会社から通知が行われるため、必然的に知られます。

ファクタリング利用を知られたことにより、取引先からの信用を失う恐れや、将来的な取引条件の変更を余儀なくされる可能性が考えられます。

そのため、ファクタリングの利用を検討する際は、取引先との関係性や、どのようなファクタリング形態を選択するかを慎重に考える必要があります。

手数料が発生する

ファクタリングを利用する際には、サービスの対価として手数料が発生します。

この手数料は、ファクタリング会社や取引の規模、期間などによって異なります。

手数料の相場は、2社間ファクタリングは売掛金の10%以上、3社間ファクタリングは10%以下です。

手数料が高額になると、ファクタリングの利用意義が薄れてしまうため、事前にしっかりと手数料の内容を確認し、計算しておくことが重要です。

また、複数のファクタリング会社を比較検討することで、最も条件の良い会社を選択することができるでしょう。

ファクタリング会社の選び方

資金調達スピードで選ぶ

ファクタリングの大きなメリットの一つは、迅速な資金調達が可能であることです。

特に、資金繰りが厳しい時期や急な出費が生じた際には、スピーディーに資金を手に入れることが求められます。

そのため、申し込みから資金提供までのスピードを重視する場合、各ファクタリング会社の対応速度を比較検討することが重要です。

迅速な対応をうたっている会社でも、実際のスピードは異なることがあるため、事前の確認や口コミ情報などを参考に選択すると良いでしょう。

2社間ファクタリングに対応している会社

2社間ファクタリングは、売主、買主、ファクタリング会社の3者間ではなく、売主とファクタリング会社の2者間で取引が行われる形態を指します。

この形態は、取引先にファクタリングの利用を知られるリスクが低いという特徴があります。

そのため、取引先との関係を損ないたくない場合や、秘密裏に資金調達を行いたい場合には、2社間ファクタリングに対応している会社を選択することが望ましいです。

ただし、2社間ファクタリングは一般的な3者間ファクタリングよりも条件が厳しいことがあるため、詳細な条件を確認することが必要です。

手数料で選ぶ

ファクタリングの利用には手数料が発生しますが、この手数料はファクタリング会社や取引の規模、期間によって異なります。

高額な手数料がかかると、ファクタリングの利用意義が薄れてしまうため、手数料の内容をしっかりと確認することが重要です。

複数のファクタリング会社の手数料を比較し、最もコストパフォーマンスの良い会社を選択することがおすすめです。

また、隠れた費用がないか、詳細な手数料の内訳を確認することも忘れずに行いましょう。

債権の限度額で選ぶ

ファクタリング会社には、取り扱う債権の限度額が設定されています。

5万円から利用可能な会社もあれば、100万円からしから買い取りを行っていない会社も。

このため、自社の売掛金の規模や資金調達のニーズに合わせて、債権の限度額が適切なファクタリング会社を選択することが重要です。

また、限度額を超える場合の対応や、限度額の引き上げ交渉が可能かどうかも、事前に確認しておくと良いかもしれません。

建設業のファクタリング情報まとめ

回収コストが長く、支出の多い建設業はファクタリングに最適です。

ただ、ファクタリング会社のことを調べずに利用すると、”取引先に知られる”、”現金調達前に数週間”など、思ったようなサービスを受けれない場合も。

利用時は、各社の特徴を把握し、自社(個人)に合ったファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

建設業の会社や一人親方が迅速に資金調達したい時に役立つファクタリングとは

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次