PR

ファクタリング資金繰りを検討中の方が候補にしたい優良回収サイト3社を比較

ファクタリング資金繰りを検討中の方が候補にしたい優良回収サイト3社を比較

回収サイトとは、商品を販売した後に販売金額が支払われるまでの期間のことを指します。

通常、コンビニなどでお買い物をする場合には商品と引き換えにその場ですぐに代金を支払います。

ただ企業間取引においてはその都度仕入れや売却を行うたびにお金の出し入れをすると、振込手数料の負担や作業の手間など増加するなど効率が悪くなってしまいます。

このため、月末締めの翌月払いなど支払いサイトや回収サイトを企業間であらかじめ設定して、置き仕入れ代金をまとめて一括で支払う方法が主流となっています。

企業にとっては売掛金の入金サイトが短いほど、効率よく資金が回せることで活発に事業を展開できるだけでなく、取引先の経営状態を把握しながら安心した資金繰りを行えるようになります。

[osusume-factate]

回収サイトは経営に行き詰まり黒字倒産から守る

回収サイトは、基本的には新規取引を行う際を決定します。

新規参入の会社であれば経営状態が透明であり、万が一倒産をされてしまうと売掛金の回収が困難になり、大きなしわ寄せを受けるリスクがあるため経営者にとっては回収サイトは自社の経営に対しても影響の大きなものになります。

よく耳にする黒字経営なのに回収サイトが長い場合には、手元に残っている現金が逼迫してしまい、やがて経営に行き詰まり黒字倒産の可能性もあります。

つまり、回収サイトは売掛金をいつまでに現金化し自分の手元に入ってくるのかを把握する上でとても重要な取り決めと認識しておきましょう。

回収サイトの期間を決めるのは重要項目

回収サイトを決めるに当たり、短めと長めのどちらに設定するのが良いか迷う経営者の方もおられます。

自社のことを考えればもちろん拐取サイトは短いに越したことはありません。

手元に現金が早く回収できれば、資金繰りが安定し次の事業に投資したり資材購入など活発な経営が行えます。

ただ、回収サイトは取引先の事情も考慮する必要があります。

取引先にとっては支払いサイトが長めに設定された方が、現金が少ない月に支払いが迫ってくると資金繰りを圧迫してしまう可能性があります。

だからこそ、回収サイトはお互いに立場を考慮した上で決定され、販売量を増やしてもらったり、販売単価を上げ下げするなど条件面の交渉を慎重に重ねて進められています。

未回収のリスクを解決してくれる回収サイト

昨今のビジネスは変化が早くなっています。

大型台風の増発し社屋が倒壊、大型地震による本社機能の停止など、外部要因により来月には予期していなかったトラブルに巻き込まれたり、問題が発生する可能性も捨てきれません。

このような事情であっても当初決定した回収サイトは待ってはくれませんので回収サイトに従って現金のやり取りが必要となります。

もし、売掛金を保有する側で相手先が支払い能力が無くなった場合には、資金繰りに大きな悪影響を及ぼします。

未回収となるリスクも当初の計画からしっかりと組み込んでおくことで取引開始後の不測の事態にも落ち着いて事業計画を練り直すことも可能となります。

取引を安全に継続的におこなうためにも、回収サイト決定時には取引先の与信審査を行うことが必要であり、与信会社からの情報を収集するようにしておきましょう。

営業販売に注力しすぎると売上が向上しますが、売上と同じくらい大事なことは売掛金の回収です。

売掛金の回収ができなければそれは、不良債権となり会社を悩ます種にもなります。

そのような事態に陥らない為にも、取引先となる企業の窓口部門とは連携をはかり経営状態をしっかりチェックするようにすることが大切となります。

回収サイトなら売掛金の回転率を早めることが可能

もしも、売掛金の回収が思うようにいかなくなったとき選択肢の1つとなるのがファクタリングになります。

保有している売掛金を買取してもらう代わりに手数料を支払うことで手元に現金が手に入るという仕組みになります。

このファクタリングを利用する事で、取引先が倒産しても売掛金が不良債権にならずに貸し倒れのリスクを避けることができます。

回収サイトも当初よりも思い通りに短期化できるので、売掛金の回転率を早めることができるのでメリットも豊富な手法となっています。

今回、ファクタリング優良企業としておすすめなのが「ククモ」「ベストファクター」「ベストペイ」になります。

ククモとベストファクターでは最短入金スピードがわずか2時間と業界最速な点が魅力。

買取金額も無制限なので上限下限もなく都合に合わせて手続きができる上、気になる買取手数料は1%~20%となっています。

一方、ベストペイでは最短入金翌日で買取可能金額が100万円~3億円となっており、買取手数料5%となっています。

ファクタリングを行う業者は複数あるため、優良業者を見つけて少しでもコストを抑えて安心した資金繰りを確保することが安全経営をするうえでも大切となります。

回収サイトで安定した事業展開を繰り広げられる

回収サイトは売掛金を手元に現金化するまでに要する期間を指しています。

回収サイトが短いほど短期間でお金が手に入るので経営を圧迫せず、安定した事業を展開することができます。

しかし、支払う側にも都合があるので回収サイトの長短は条件面を含めて相談して決めることになります。

支払う側が何かの都合で資金繰りがあったした場合、回収サイト通りにいかず貸し倒れのリスクも発生するので経営者はファクタリングという選択肢を持って運営をしておくことが大切となります。

今回は、優良ファクタリング業者を3社を紹介しました。

困った時には数ある業者の中でも評判の良い「ククモ」「ベストファクター」「ベストペイ」を検討してみると良いでしょう。

ファクタリング資金繰りを検討中の方が候補にしたい優良回収サイト3社を比較

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次