PR

後払いアプリの限度額はいくらまで?初回限度額や高額な上限金額について

後払いアプリの限度額はいくらまで?初回限度額や高額な上限金額について

利用者が急速に増えている後払いアプリですが、非常に便利なことは間違いありません。

しかし、いくら便利だからと言っても無制限に利用することができるわけではありません。

後払いアプリには利用できる限度額というものが存在しているので、その範囲内でしか決済に利用することができないわけです。

限度額は使用している後払いアプリの種類や利用状況によって大きく異なってきます。

今回は後払いアプリにおいての限度額がどのように設定されているのかを詳しく解説していきます。

後払いサービス総合ランキングTOP3
  • 後払いサービス総合ランキングno.1
    バンクレジット 後払い
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    7:00 ~ 22:00

    「借りる」を「換える」でお金を作る!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.2
    カイトリング後払い
    初回90% 2回目80%
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    全時間帯の振込手数料は完全無料!

    詳細を見る
  • 後払いサービス総合ランキングno.3
    ペイチェン
    新規90% リピーター87%(最低保証)
    最短10分
    24時間 365日Web申込対応

    いつでも!だれでも!どこでも使える!

    詳細を見る

後払いアプリの限度額の金額は利用するアプリで異なる

後払いアプリの限度額は基本的に利用する後払いアプリによって大きく異なります。

もちろん後払いアプリによって異なりますが、多くの場合だと数万円~数十万円の範囲に収まります。

アプリごとのベース金額の他に利用者の利用状況によっても変動するため、同じアプリを利用していても限度額が違っているということはよくあります。

基本的にはお金を借りている状態と同じなので、しっかり支払いを行うことで信用を得られると上限を上げていくことが可能になります。

いきなり高額の限度額に設定されるケースがないわけではありませんが、その場合には厳しい審査や別サービスとの連携によって情報が既に得られているケースになります。

まずは少額から利用をはじめ、徐々に限度額が上がっていくのが自然な流れになります。

使用する後払いアプリによっておおよその限度額の予想はできるので、自分がどの程度の金額利用したいのかを考えて選ぶようにすると効率が良いでしょう。

後払いアプリの初回限度額は1万円~5万円程度が多く見られる

後払いアプリには利用できる金額の限度が設定されています。

特に初回の時点ではまだ支払いの実績がないので、低めの限度額が設定される傾向にあります。

初回限度額は1万円~5万円程度となることが多く、それ以上となるとかなり稀なケースになります。

場合によっては5000円程度からスタートという後払いアプリも存在していますので、後払いアプリの多くは少額利用に向いているサービスと言えます。

特定の条件を満たした場合には初回から10万円に設定されるケースなどもありますが、例えばバンドルカードでドコモ払いにするといったように、別のサービスで支払い能力が証明されているような形になっています。

基本的には、初回で5万円を超えてくる可能性はとても低いことは間違いありません!

また、他の後払いアプリを利用したことがあったとしても、それぞれのアプリは独立しているので限度額を上げるためには後払いアプリごとに支払い実績をつんでいく必要があります。

後払いアプリを高額の上限にするには繰り返し利用するしかない!

後払いアプリの限度額を上げるためには、決済で何度も利用して徐々に支払いの実績を積む必要があります。

特に高額の上限に設定するためには、繰り返し利用しなければならないので、さまざまな後払いアプリを使ったり別の決済手段を使うということは避けて、可能な限り同じ後払いアプリを利用するようにしましょう。

もちろん使用回数だけでなく、期日までにしっかりと支払いを行うことも大切です。

支払い期限を超えてしまった場合には、むしろ支払いの上限金額が引き下げられてしまう可能性すらあります。

また、後払いアプリによっては利用期間の長さが影響することもあるので、短期間で何度も使うというよりは普段から使い続けるというイメージの方が良いでしょう。

この他にもアプリ独自の判断基準があるケースもあり、例えばメルペイでは後払いアプリの利用だけでなくメルカリ自体の取引が多いという要素でも限度額が高額に設定される可能性があります。

最終的な限度額を高額に設定するためのルールはアプリ独自のものなので、細かな判断基準は知ることができません。

後払いアプリ使用時の限度額の注意点について

後払いアプリに限度額があるのは、そもそも支払いができる範囲でしか利用させないという意味があります。

無制限に使えてしまっては支払いができなくなる可能性が高いですし、後払いアプリとしてもお金が回収できなくては困るわけです。

しかし、その一方で後払いアプリの限度額は各アプリごとに設定されています。

そのため複数の後払いアプリを同時に使うことで事実上は限度額を超えて利用することができてしまう事になります。

本人確認を行わずに利用できるアプリの限度額は低いので、さほど問題となることはありませんが、本人確認が必要で限度額が高額になるケースでは複数使うのは問題です。

もちろん支払いをしっかり行う事ができれば構いませんが、無計画に使ってしまえば非常に危険です。

最悪の場合だと、支払いができずに自己破産という可能性も出てきてしまいます。

後払いアプリだけでなく、クレジットカードなども並行して利用している場合もあるかと思います。

そういった使い方をしている場合は、更に注意して利用する必要があります。

後払いアプリの限度額は全体的に低いのでリスクが少ない

後払いアプリの限度額についてここまで紹介してきました。

どの後払いアプリを利用するかには、いくつかの要素で判断することになると思いますが、その中でも限度額は重要な要素の1つになっています。

例えば10万円の物を購入したいと思っていても、限度額が5万円の後払いアプリでは購入することができないわけです。

特に後払いアプリの限度額は全体的に低くなっていますし、利用回数が少ない内は5万円以下というケースも非常に多いです。

5万円を超えるような商品やサービスはいくらでも世の中にありますから、限度額5万円程度では利用したいタイミングで利用できない可能性がそれなりに高いです。

逆に日常的な少額の買い物を月1回の支払いにまとめたいといった使い方であれば、限度額は低くても全く問題ないわけですから、他の要素で決めることができます。

各種アプリの限度額や初回利用時の設定金額を知ることで、自分に合った後払いアプリを見つけやすくなります。

後払いアプリの限度額はいくらまで?初回限度額や高額な上限金額について

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次