ネット現金化するには数多くの方法があります。商品を購入して後払いにする間に売って現金化することもできます。金融商品で買値と売値で現金を手にすることもできます。ネット銀行も現金を手にできる商品がありますし、ネット銀行やネット証券は口座開設のキャンペーンでもお祝い金があるケースもあります。

ネット現金化は多種多様なアプローチがあるから状況や目的で選ぶと効率的

【ネット現金化】借りる・売る・支払い猶予を設けるなど幅広いやり方に目を向ける

ネット現金化のおおまかな利用の流れを把握しておこう

現金が必要なときにもいろいろな方法があります。

とは言っても、必要な現金の金額や処理にかけられる時間などは違ってきます。

そのため、そのときどきによって現金化の方法を選んでいくことが大切です。

ただ、大きな流れはどの方法でも同じです。

いくつかのパターンを見てみましょう。

商品を現金に変えるパターンでは、先に商品の購入が必要です。

ここで現金で支払うのでは現金が必要なのに意味がありません。

商品購入代金は後払いや分割払いにすることです。

購入した商品を買取ってもらう代わりに現金をもらう流れなので、まとまった金額が手に入ります。

他にも現金化としては金融商品を売ってしまうことでも、現金にすることができます。

ただ、この場合は金融商品の価値が上がっているときに売る必要があるので、いつでも売って得するとはなりません。

こちらの方法も、今はネットで処理できるので即日で現金に換えることが可能です。

どの方法でもメリットと気を付けるポイントがありますので、自分に合った方法を選んで確実に現金化しましょう。

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

ネット決済を使えば現金化もスピーディーに完了

商品を購入したときには決裁方法も多様です。

特にネットで買い物をすれば決済もネット決済ができることが多く、これも現金化に活用できます。

例えばネット決済にはクレジットカードもありますし、電子決済、携帯電話決済などあります。

どれも決済と商品購入は即できます。

しかし支払いは後日からとなっていますから、支払いに猶予がある状態です。

分割払いにも対応していることも多いので、支払いの負担を軽減することにもなります。

購入した商品を売ることで現金に変わります。

売る先はリサイクルショップでもいいですし、専門の業者でも構いません。

商品はそのときに需要が多いものを選ぶと買値も高くなる傾向があります。

ネット決済なら利用額に応じてポイントが得られるなどの、現金化以外のプラスアルファでも得することもできます。

また、身近な方法なので、専門的な知識も不要ですぐに利用できるのもメリットでしょう。

ネット決済なら自宅で完了しますから、急いでいるときでも時間を省くこともできます。

クレジットカードの現金化にオススメなQRコード決済3選! クレジットカードの現金化にオススメなQRコード・バーコードリーダー決済3選!

ネット銀行でも現金化の方法を見つけることができて便利!

最近は金融機関でネット銀行を利用している人も多いです。

とても便利ですし扱っているサービスも充実しているので、全国から利便性高く誰でも口座開設できます。

ネット銀行も現金が必要なときには活用できます。

まず正攻法でいえば、ネット銀行でもキャッシングローンを扱っています。

また銀行のクレジットカードでキャッシングも可能です。

もちろん利用には申し込みや審査があるし、審査基準はネット銀行だからハードルが低いといったことはありません。

しかし、口座を開き利用している既存客なら情報の下地があるので、審査時間も比較的短縮されます。

また、利用者だと金利が少しお得とか、返済時にも振込手数料が低くなる、不要といったメリットもあります。

他の方法で現金化をするときにもネット銀行は一役買います。

振込先をネット銀行にしておくと、24時間稼働しているため反映も早いです。

さらにネット銀行は一般的に振込手数料が低めなので、その点からもお得です。

ネット通販なら自宅で完結で馴染みのある現金化で安心

ネット通販も商品を先に手にできて、支払いは後払いが可能です。

ネット通販もさまざまな商品を扱っていますから、現金化に適した商品を見つけることが可能です。

しかもネットで注文ができるので、24時間どこからでも購入できます。

支払い方法も後払いが可能な方法に対応していますから、商品と交換のその場での支払いではなく、後から時間の余裕をもっての支払いが可能です。

購入と支払いのタイムラグの間に、現金に変えて必要なことに使えばピンチをしのげます。

後払いで負担なく支払いができるので、安心して計画的に返済ができます。

現金化しやすいネット通販で購入できる商品は、ゲームやカメラ、楽器やブランドものなど結構あります。

ですから、ネットだからといって現金化に不便が生じるといったことはありません。

現金化には即商品を発送してくれる先で購入するのが重要です。

もしどんな商品がいいのかわからいなら、現金化専門スタッフにお任せしてしまえば安心です。

どの商品が今は効率的かを熟知しているので、自分で全部を調べる必要がありません。

ネット証券の多彩な金融商品を売れば現金化は即可能

まとまった金額が必要で現金化するなら、金融商品を売ることがおすすめです。

今はネット証券があるので、金融商品の売買も自宅で簡単にできます。

もちろん売った金額もネットを介して振込がされるので、すべてがネットだけで完結します。

ネットもパソコンだけではなくアプリがあるネット証券が多いので、外出先でも対応できるのも心強いです。

現金が必要になったときに、すでに金融商品を持っていれば売りに出すだけです。

持っていなければ値が上がりそうな銘柄を購入して、納得の価格になったら売ることで利益を確定できます。

ネット証券で扱うのは株やFX、投資信託など数が多いです。

その時の情勢に合わせて注目が集まっている金融商品なら、短時間でもまとまった金額を手にすることも可能です。

ただ、金融商品購入には元手が必要ですし、購入時と約定時には手数料がかかります。

その分を差し引いてもプラスになるように売ることが必須です。

また、必ずしも希望の期間中に値がアップするとは限りません。

しかし値がアップすれば、かなり大きな現金化も狙えます。

ネット株はタイミングさえ合えば大口の現金化が可能

金融商品の中でも比較的多くの人が理解しやすい、手を延ばしやすいのが株ではないでしょうか。

ネット株を売って現金化することも可能です。

まずネット株を売買するにはネット証券に口座を開くことが必要です。

今はネット証券も多くなり競争が激しいですから、自分のところで口座を開いて欲しいとキャンペーンも各社熱心です。

口座開設が完了すればキャンペーンのお祝い金がもらえることも多いです。

まとまった金額とはいきませんが、少しでも現金を得られるなら、口座開設も現金化のチャンスです。

実際の株取引ではネット株の場合は少額からでも購入できる銘柄も多く、扱いやすいので現金化に適しています。

時間の余裕のあるときには長期戦に向いた銘柄を選びます。

数週間や数日以内なら短期向けの視点で株を購入するようにしましょう。

ネット株の場合は1日の中でも値幅がでれば即日現金化もできます。

ただ判断力が求められます。

少し時間があるなら、焦らずに値が上がったところで売れば比較的堅実な現金化の方法になります。

  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

以上、【ネット現金化】借りる・売る・支払い猶予を設けるなど幅広いやり方に目を向ける…でした。