基本的に年休は会社員を休ませるための制度であり、それを買い取って現金化する事は認められていません。しかし条件が揃えば年休の現金化も法的に問題がないようです。しかし多くの企業では、そのようなシステムは採用していません。年休を現金化手法について解説しています。

年休(年次有給休暇)で現金化は意外とハードルが高いのか対策をしていく

年休(年次有給休暇)で現金化は意外とハードルが高いのか対策をしていく

仕事を休みたいなと思った時、一番簡単に取得できる休みが年次有給休暇つまり年休です。

年休は毎年新しく付与されますが、結局仕事が忙しくて使い切れずに余ってしまうと言う人はたくさんいるようです。

このような状況の中で、「どうせ使えないなら会社が現金で買い取ってくれればいいのに」と思う人も少なくありません。

ただし年休をそのまま買い取ってもらうのは違法になってしまうため、年休を現金化するためにはちょっとしたコツを踏まなければいけません。

そんなあまりがちな年休を現金化する方法について考えてみました。

年休現金化ができる場合は?

原則として、会社が年休を買い上げる事は法的に認められていません。

年休とは「働く人がしっかりと休んで心と体の疲れを回復させ、また意欲的に働き続けることができるように」と設定されたものです。

年休の現金化は、=会社が社員を休ませずに代わりにお金を支給することにつながりますから、年休の買取りは年休の制度自体にそもそも違反しているというわけです。

ただし基本的に法律で禁止されている年休の買取が、例外的に認められる場合もあります。

それは以下の3つの方法です。

・法律で定められた日数を上回る有給休暇
・退職時に残っている有給休暇
・時効になった有給休暇

例えば、労働基準法の規定を上回って付与した分の有給に関しては買取を行っても法的には問題ありません。

しっかりと休ませている前提で、さらに休みを与えたわけですから、そこは買いとっても全く問題がありませんね。

同様に退職時に残っている有給の買取も、すでに退職が決まっているわけですから「有給を買い取ることで実際に休めなくなることがない」ため、違法にはならないのです。

もしあなたにこうした年休があるなら、買い取って現金化してもらえるチャンスがあるというわけです。

安心&安全のおすすめ現金化
プライムウォレット現金化はコチラ

年休現金化って人事にいけばやってくれるの?

さて、年休の現金化ができるということがわかったあなたは、どのように現金化をすれば良いのでしょうか。

最もまっすぐでわかりやすい方法は、会社の人事行って真っ直ぐにこの事実を伝え、年休を堂々と買い取ってもらうことです。

法的に問題がなければ会社は拒否することはできませんから、支払わざるを得ないと言うことです。

しかし残念ながら、事はそんなに簡単ではありません。

なぜなら会社の総務部には労働に関する法律に関して詳しいスタッフがたくさんいるため、労務環境に詳しくないあなたが1人で乗り込んでいってもうまく丸め込まれて終わってしまうことでしょう。

もうその会社を退社するのであれば多少もめたとしても何の問題もありませんが、これからもその会社でお世話になり続けるのであればあまり揉めたくないものです。

そんなあなたには次の方法をお勧めしています。

年休現金化は直接やるより間接的に行うほうが得策

直接的な現金化ではありませんが、間接的な現金化につながる方法です。

年休を使って休んだ日に、お金を稼ぐ活動をすることです。

副業が許されているのであれば、コンビニのレジ打ちでもカフェの店員でも、なんでもお金を稼ぐことができます。

土曜・日曜日にこんなことをすると疲れてしまいますが、そもそも仕事にいく予定だった日に他所で働いても、体力的には全く問題ありませんね。

これ以外でも、今ではインターネットビジネスを始め、たくさんのお金の稼ぎ方が転がっていますから、パソコン一つで稼ぐこともできます。

専門的な教育を受け自分で稼げる環境を身に付ける事は、間接的に年休を現金化している事と言えるのではないでしょうか。

稼ぐためのスキルをしっかりと学び、自力で稼ぐ力を持つと、今後のサラリーマン人生も大きく変わってくるはずです。

何を隠そうこの私もこまめに年休を取得し、いろいろなセミナーに顔を出し、そこで人脈を作ることができました。

そしてその人脈を生かし会社を退職し、今では自分1人でコンサルタントの会社を経営しています。

金銭的にもサラリーマンをしていた時よりもかなり恵まれていますし、これは年休を使って現金化をした1番効率的な例だと自負しています。

年休現金化は人生を充実させることと同じ

本来であれば会社の休みの日にやるような作業を年休を取得してそこで終わらせて、代わりに暇になった土曜日や日曜日を充実させる。

これも間接的に年休を現金化させている方法と言えるでしょう。

せっかく開いたお休みは、ゆっくりのんびりするもよし、アクティブでクリエイティブな活動をするもよし。
使い方はあなた次第です。

現金化すると言うテーマであれば、お金を生み出す活動をしたいものですが、お金を払わなくても過ごすことができる豊かな時間を満喫すれば、それは現金化するより贅沢な使い方と言えるはずです。

インパクト現金化はコチラ

年休現金化についてまとめ

よほどの1部上場のホワイトカラーな企業なら話は別ですが、多くの企業では年休は余って消えていくものです。

サラリーマンとして会社に所属して働いていると、「使いきれない年休を買い取ってもらいたい!」と切実に思う瞬間は必ずと言ってほどやってきます。

いくつかの条件を満たせば年休を現金化する事は法律的に問題ありません。

しかし実際のところ年休を現金に変えてくれる会社はほとんどありません。

仮にこちらの主張が正しかったとしてもうまく丸められてしまいますし、今後もその環境で働き続けていくのかと思うと、あまり波風を立てないほうがいいと言うことで妥協してしまいがちです。

それでも我を通して年休を現金化する方法もありますが、少し角度を変えて考えてみることをお勧めしています。

それは年休を利用して副業などのスキルを学ぶ場所としてスキルを身につけ、将来そのスキルを使って副業をやる、独立してしまうなどです。

自分が下手すぎるがお金を生むようになれば、結果的に年休を買い取ってもらえたのと同じ意味に、いやもっと大きなメリットをもたらしてくれることでしょう。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ