遺産の現金化には非常に時間がかかり、銀行預金なども簡単に引き出せないことが多くなります。これは遺産の相続権を持った人の同意が必要になるためで、同意が揃わないとお金が動かせないためです。不動産の場合は処分が難しく、先に売却して分配するケースなどもでてくるのがポイントです。

遺産相続の現金化には時間がかかる!資金による通帳・タンス預金でも脱税と勘違いされすぐには使えない!

遺産相続の現金化には時間がかかるのが一般的!処理が終わるまで使えない!

遺産はすぐに現金化できるわけではなく、相続のための各種手続きが必要になります。

タンス預金や銀行預金などもすぐに引き出せるわけではなく、税申告のための確認や相続人の意思の確認などが必要になるのです。

遺産相続の現金化には時間がかかるのが一般的!処理が終わるまで使えない!

知らずに使ってしまうと脱税を疑われてしまう場合や、相続の配分を巡ったトラブルに発生するケースもあります。

遺言状の有り無しや相続人が多い場合は配分をどうするかといった話にもなってしまうため、実際に自由に動かせるまでにはかなり時間がかかることが多いのです。

遺言状がしっかりとあり、法律上の要件を満たしている場合や、相続人が少ない場合はスムーズに現金が使えるようになることもあります。

家や土地、車といった資産は分割が難しいこともあり、現金化にはかなり時間がかかる場合が増えるのもポイントです。

ただし、権利者の同意がある場合は一旦売却して現金化を行い、それを分配するケースなども存在します。

現金があってもすぐに使えないことが一般的になる

遺産は目の前にあるからといって使えるものではなく、さまざまな調査などを行い、税申告をする必要があります。

現金があってもすぐに使えないことが一般的になる

申告の必要がない場合でも相続のために遺産相続人が何をどれだけ受け取るかという協議が必要で、同意が取れないことからなかなかお金が使えないケースもあります。

銀行預金なども遺産の相続の範囲になるため、権利関係がクリアにならないと引き出せないのがポイントになります。

タンス預金などもしっかりと管理する必要があるのです。

タンス預金のメリットは5つ!相続税対策には使えないため注意が必要

申告漏れなどが疑われて調査が入って追加の課税が行われるケースも存在し、遺産を相続する日と全てが無関係ではいられない話になるのです。

中には家族や親族とのトラブルを避けるために遺産を放棄する人もいます。

誰が管理し、誰が受け取るのか、また、税がかかる場合はどの程度受け取れる遺産が残るのかなど考えるべきことは多いのです。

特に遺産関係で揉めがちなのが実家などの不動産の問題

遺産相続で最も揉めることが多いのが、実家や土地などの不動産の問題です。

住宅や土地などの不動産は分割が難しく、相続人数が多いと均等に分けることが難しくなります。

資産が多い場合はバランスを取る選択肢が増えるため相続が楽になる部分もあります。

しかし、実家が主な資産でほかに相続できるものがほとんどないとなると、相続人の間で揉めてしまうケースがあるのです。

事前に遺言書などで相続する人が決まっていればトラブルが避けられる場合がありますが、遺言書に法律上の拘束力が発生するかも問われます。

遺言状はただ作ればよいわけではなく、規定の形式を守る必要があります。

遺言書の正当性を巡った裁判なども存在し、正確な書式などで残すかは重要なポイントになっているのです。

遺産相続の協議が長引く原因となることもあります。

遺言書の効力はこの8つ!有効期間は?無効になる15のケースも解説

住宅や土地を売却して分配するケースも存在する

不動産の相続でも比較的揉めにくいのが、実家に誰も住んでいないケースです。

住宅や土地を売却して分配するケースも存在する

家に住んでいる人がいないのであれば不動産を売却し、そのお金を相続人で分けるという選択肢が生まれます。

シンプルにお金を分ければ住むため非常にわかりやすく、揉める原因にもなりにくいのがポイントです。

ただし、売却して現金化をするにしても相続権を持つ権利者の同意が前提になるため、まずは遺産の分割協議を行う必要があります。

遺産の分割はプラスの資産だけでなく、マイナスの資産も含めて協議を行います。

借金があればそれを差し引いた金額を分割する必要があるからです。

分割の協議は相続権を持つ人全員で行い、遺産分割協議書にその内容を書く必要があります。

分割協議書がその後の手続きの根拠になっていくため、割合などをしっかりと決めておく必要があるのです。

💴スピーディーにお金が手に入る現金化サイト→かんたんキャッシュ

現金化を急ぐかどうかで相続額が大きく変わるケースもある

住宅や土地には評価が存在し、評価額は税金の計算に使われます。

遺産相続は不動産の評価のチェックが必須で、長く評価をしていない場合は調査が必要なケースがあります。

現金化を急ぐかどうかで相続額が大きく変わるケースもある

評価額が高ければ税金が高くなるだけでなく、相続の控除を超えて課税されるかどうかの境目になるケースもあるからです。

不動産の調査には調査費用がかかります。

遺産相続は財産規模の確認が必須になるため、処分の前に費用負担が発生する場合もあるあります。

また、実際に処分する場合は評価額と同じ金額で売れるとは限らないため、更に差が生じる場合もあるのです。

早めに処分して現金化するために価格を下げるなど、売却にかける時間が遺産分割協議の議題にのぼるケースもあります。

各種手数料の負担が生じるため、売却額をそのまま受け取れるわけではないことに注意が必要です。

プライムウォレット現金化はコチラ

現金化を誰に任せるのかいつ受け取れるかは協議次第

不動産を処分する場合は、手続きを誰に任せるのは非常に重要になります。

価格にこだわる人もいますが、こだわりすぎると売れないといった自体に落ちることもあります。

事務的な負担も発生するため、実際に引き受け手くれる人がいるかも大切です。

弁護士など専門家の意見を交えながら協議を行った方が話がまとまりやすく、トラブルに繋がりにくいのがポイントになります。

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • エージェント
    詳細はコチラ
  • アイラス
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

急にお金が必要になった人はコチラ

不動産高値で遺産売却する遺産相続現金化は税理士さんの固定資産相談で儲かるの?

不動産はお金になるものと思われがちですが、地方と都心部では事情が異なります。

地方では買い手がつかずにお金に変えられない土地や家が珍しくなく、売っても二束三文になってしまうケースもあります。

不動産から高値で資産を売却するにはどうすればいいのか?

不動産はお金になるものと思われがちですが、地方と都心部では事情が異なります。

地方では買い手がつかずにお金に変えられない土地や家が珍しくなく、売っても二束三文になってしまうケースもあります。

都心部であれば需要が高く、高値で売れるケースも出てきます。

ただし、現金化までには時間がかかることが多いのがポイントになります。

高く売ろうとすることで時間がかかることも珍しくないため、どの程度のスピードで売りたいかも考える必要があります。

地方だと遺産に値段がつかない不動産もあることに注意!


不動産は保有しているだけで各種税金がかかります。その分高く売れるとも限らないのがポイントで、中には買い手がつかずに売るに売れない不動産なども存在します。

過疎化が進む地域が珍しくなく、土地や家を購入したいという人自体がいない場合があるのです。

土地を買いたいという人がいなければ、不動産業者に売ることも難しくなります。

売却に出しても何年も売れないことは珍しくなく、それでも税金がかかる場合があるのです。

遺産として土地を相続する場合は、実際に売れるものなのかどうかを見極め、売れない場合は相続放棄が視野に入る場合もあります。

不動産は売れなければ一生所有しなければならないものです。多少の出費を覚悟した上で家などをリフォームして売りに出したほうが良い場合などもあります。

人口流出が続く地域では切実な問題になるため、不動産イコールお金になるというものではなくなっています。

不動産業者や税理士と相談しつつ、早めに整理したほうが良いケースもあるのです。

相続における不動産取得税の計算方法

都心部の不動産はどう運用するかが重要に

地方では価格がつかないこともある不動産ですが、都心部では事情が異なります。地方都市でも近隣都市からの人口流入が起こるなど、人口が増えている地域が存在します。

不動産自体の価値が高い場合はどう運用するかが重要になってきます。

アパートやマンションの経営で家賃収入をえる人がいるのもポイントで、不労収入で生活を安定させる人もいます。

年金の不足を補うために不動産経営や投資を学ぶ人もいるほどで、リスクとリターンを考えることも大切になります。

一軒屋であっても、貸家にしたり、民泊にするなどの選択肢があります。また、土地であれば駐車場にしたり、土地自体を貸すビジネスがあります。

価値がある土地ほど運用の方法は多様になり、どのように使うかで収益性が大きく変わるのです。

ただし、マンションやアパートを建てることから始めると、現金収入をえるまでにかなりの時間がかかります。

建設費用などもかかるため、資金の余裕なども考えながら運用していく必要があります。

老後のお金の不安を解消してくれる役立つ年金や公的な貸付制度のお話

不動産の売却には時間がかかるのが一般的


不動産の保有者が避けて通れないのが、遺産などの売却問題です。日本の人口は減少傾向にあり、土地の価格の下落が激しい地域が増えています。

また、相続税の控除枠の削減により、相続自体に税金がかかるケースが多くなっているのも問題です。相続税の負担が重過ぎて不動産を手放さなければならない場合もあるのです。

売れるうちに不動産を売ってしまうのは一つの方法ですが、売り方によって金額が大きく変わります。需要が高い不動産であれば、不動産会社が直接買取ってくれるケースもあります。

不動産業者が買取れない場合は、不動産業者に仲介して売りに出すなど、様々な工夫をすることになります。

高く売ろうとした場合、買い手が見つかるまでに時間がかかることが多くなります。不動産には相場が存在し、客観的な評価額も存在します。

逆に、安く売ろうとすれば買い手が見つかりやすくなり、現金化のスピードも早くなります。スピーディーな処分を目指すのであれば、買取をしてくれる不動産業者を見つけるまで粘るという選択肢も出てきます。

諸手続きに時間がかかることが多いため、急にお金が必要になった場合は不動産を担保にローンを組むという方法もあります。

遺産分割協議書で得た遺産相続による担保がある分、無担保ローンよりも金利が低くなるのがポイントになります。ただし、返済が滞った場合は土地や家を取り上げられてしまうこともあるため、リスクをしっかりと理解する必要があります。

プライムウォレット現金化はコチラ

💴クレジットカードでお金を作る現金化サイト→かんたんキャッシュ

不動産の資産運用は必ず儲かるものではないことにも注意

アパートやマンション、駐車場など、不動産運用の収入がある人も、売却を考えなければならないケースがあります。アパートやマンションは維持費がかかります。

建物は月日が立つほど老朽化するため、維持して割が合うのか、入居者は減らないかを常に考える必要があるからです。

人口の変化だけでなく、新しいマンションやアパートができることで入居者が入らなくなってしまう場合もあります。

入居率が低い場合は赤字になってしまう可能性もあるため、売却をするのか、宣伝などをして新しい人が入るまで耐えたほうがいいのかを考える必要が出てきます。

赤字が出た場合は、不動産を売ってしまうのも一つの方法です。儲けが出るまで粘ろうとしても、思うようにいかなければ負債が増え続けることになります。

不動産の資産運用は必ず儲けられるという保証がないため、引き際も重要なのです。

不動産を売っても現金化できるどころか、手続き費用などを考えると赤字になることもあります。

ただし、より大きなマイナスを防ぐために売るという選択肢があることを忘れないようにする必要があります。

資産の運用の失敗から破産する人もいるため、積極的にリスクをコントロールすることが大切なのです。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

\2021年クレカ現金化人気業者3選/

  • エージェント
    詳細はコチラ
  • アイラス
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

お金を作る最終手段はコチラ

住宅と住所による現金化の関係を改めて知ることとなる

住宅と住所それぞれ似た意味の言葉ですが、改めてそれらの意味についてまとめ、豆知識として住所の正確な書き方や住宅と住所が一致しないケースの意味、登記住所の変更をする際の手続きなどをまとめました。

あわせてそれらに関係なくどの地域においても現金化を行う手法や登録する住所の書き方についても触れていき紹介します。

住宅と住所とは?改めて知りたい言葉の意味を紹介

住宅と住所は何となく漠然とした意味で理解している場合が少なくありませんが、実はきちんとした意味を持っています。

住宅と住所が必要な際に現金化で手違いにならないようにしなければいけない!

住宅についてですが、人が住むことを目的とした建築物になります。

一つの世帯が一つの建物に居住するものを一戸建て、複数世帯が居住するものを集合住宅と言います。

住所は住んでいる所や生活の拠点としている場所、あるいは組織の拠点となる場所(所在地とも言う)などを指します。

本籍や住民登録といった形式上の条件を基準として住所を定める形式的なものと実質的に生活の中心としている場所を住所とする実質的なものがあります。

このように改めて調べてみると様々な意味を持っていることが分かります。

こういった住所と住宅の知識についてまとめてみます。

集合住宅ってなに?共同住宅との違いとは

住宅と住所の豆知識①住所の正式な書き方の紹介

正式な住所の書き方ですが、結論を言うと地域によって違いがあります。

マンションの室名の書き方、アパートやマンション名の表記、数字の表記などです。

マンションの室名の書き方ですが、例えば101で大丈夫な地域もあれば、101号室まで表記しなければいけない地域もあります。

これは地域差があるため注意が必要です。

アパートやマンション名ですが、これは表記が必要な場合と不要な場合がありますが、共通の見解としてマンション名なしで番地や号数で建物が特定できる場合は不要になっています。

逆に同じ番地内に複数のマンションやアパートなので集合住宅がある場合はそれらの名前を書く必要があるのです。

数字の表記ですが、例えば1-100-1の場合は「1丁目100番地の1」や「一丁目100番地1」などエリアによって「の」を入れるかどうかが地域によって異なります。

では、これらの状況からどのようにして正確な住居の住所を書けばいいのかと言うと住民票を見て書くというのが重要です。

これがその地域における正式な表記と言えるというのがその理由になります。

住宅と住所の豆知識②住宅の場所と住所が一致しない

住宅と住所が一致しないという現象がまれに起こります。

これ住宅は登記簿に記載されている「地番」というものと地図や郵便などで使用される「住居表示」が異なるということから起こる現象です。

これは異なる場合が少なくありませんが、トラブルが起こるのはこの地番が住居表示と混同してしまていることによって発生することに起因します。

地番自体は非常に複雑になっており、長い歴史の中で分筆(同じ番地の住所を分けること)などが盛んに行われてきた歴史があります。

そのため欠番や地番で見たら道路になっているなど混乱を生じやすい状態になっているのです。

そういった理由から住居の住所は基本的に住居表示の方が採用されており、地番と住居表示を一緒のものと考えてしまうと冒頭でお話ししたトラブルが発生します。

なので、住宅の住所は住居表示が設定されていることがほとんどなのでそちらを優先して使用することで混乱を避けることができるのではないでしょうか。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

住宅と住所の豆知識③登記住所の変更をする際の手続き

登記住所とは不動産の登記上の住所のことになります。

住宅と住所による現金化の関係を改めて知ることとなる

これは先ほどお話ししたところの地番に近い要素です。

この登記住所は相続することや贈与する場合や住宅ローンの申請などの場合で必要になります。

この変更は売り手(売主)買い手(買主)によって方法は異なり、それぞれについてまとめました。

売り手が住所変更登記をする場合、買い手に空き家として引き渡しする時です。

住所変更登記には、印鑑証明が必要です。

しかし印鑑証明の住所と登記の住所が一致する必要があり、登記住所の変更を行います。

買い手が住所変更登記をするケースは、引っ越しをして実際に住み始める状態になってからです。

所有権移行の登記や住民票を移し終わった後に行います。

最初に売り手が行い、買い手が取引の最後に行うという流れです。

これらの手続きは司法書士に依頼すると容易に行ってくれますが、住所変更登記の場合には個人でもできます。

住所変更登記の申請用紙を法務局のホームページでダウンロードし、ここに印紙(1,000円分を2枚)、住民票の写し、戸籍の附票などを用意し、記入、法務局へ提出後、登記完了証を受け取れば完了です。

プライムウォレット現金化はコチラ

住宅や住所と現金化をそれらに関係なく行う方法の紹介

住宅や住所などとても複雑ですが、現金化においては日本国内のほとんどの場所で利用できる手段としてネットの現金化があります。

これを利用すれば、どんな場所に住んでいても関係なしに利用が可能です。

ただし、この手続きの際に住所を記載し送信する必要があります。

この住所はどのようにして記載すれば良いのかと言うと基本的に身分証明書の住所になります。

もし、免許証で自分の住んでいる場所と違う場合は可能であれば変更しておく必要があります。

もし現金化で手違いなどがあった場合、書面などで連絡したりする場合や古物(中古品などのこと)の取り扱いなどをするうえで実際の住居の住所が必要になる場合もありますから、住所を名義と実質のものをあわせてから依頼するのがおすすめです。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • エージェント
    詳細はコチラ
  • アイラス
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

至急お金が必要になったらコチラ