海外のホテルなどで、保証金としてチェックインの時に求められるのが、デポジットです。通常、クレジットカードの提示もしくは現金で支払えます。現金支払いだと信用度はいまいちですが、その代わり実際に動くお金が一目瞭然なので、使い勝手はいいですね。クレジットカード利用の場合、信用度は上がりますがチェックアウト時のプリオーソライゼーションのキャンセルなど気を配る必要があります。

現金デポジットの海外など信用問題で万が一の備えに保証金を必ず確保しておく

【現金デポジット】海外など信用問題で万が一の備えに保証金を必ず確保しておく

デポジットという言葉、普通に暮らしているとあまり聞かないで終わってしまう言葉です。

しかし海外に出る機会の多い人は、耳にしたことがあると気がつくでしょう。

ホテルなどのチェック心の時に、デポジットをと言われたことがある人も多いはずです。

ただ日本のホテルではそうしたことが特に無いので、国内では耳にしない単語なんです。

しかし海外では、ホテルの他にもレンタカーなどの利用の時にも求められます。

また言葉は違いますが、日本でも入院の経験のある人は、保証金として求められたはずです。

つまりは、保証金というわけなんです。

  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

現金デポジットって何で必要なの?

日本では特に信用問題に関しては、海外よりもずっと互いを信用するという点で勝っています。

しかし多くの諸外国では、ホテルなどに泊まってお金を払わずに逃げてしまう人も少なくないのです。

またホテルの設備を利用しておいて、その料金を踏み倒すなどのこともあります。

備品の破壊ということも、レンタカーでもよくあるといいます。

そうした場合に備えて、チェックインの時また借用時に、予めそうした事が起きた場合の保証金として求められるのがデポジットなんです。

もちろん何もなければ現金を預けた場合、退出時に返金をしてもらえますので、その点は問題ありません。

通常ではホテルのチェックインの時、レンタカーの貸し出しの時に求められ、現金での支払いもクレジットカード提出でも行うことが可能です。

大体ホテルの場合、2泊分くらいのデポジットが請求されます。

現金デポジットって便利なの不便なの?

日本に住んでいるとせいぜい入院時などに求められる保証金ですが、海外だとホテルでも請求されてびっくりという人も多いでしょう。

なんでこんなこととか、そんなに人が信用できないのかと怒る人も、実は少なくないのです。

でもこのデポジット、考えようによっては便利なものでもあるのです。

例えばホテルでのデポジット、ルームサービスなどのホテル設備の利用代金を、ここから引いてもらうこともできます。

その場その場でお金を支払う必要がないので、面倒もなく便利に使えるんですね。

ただし現金でデポジットを支払った場合、この利用額がデポジットを超えた場合には、もちろん請求が来るのを忘れてはなりません。

ちなみにデポジット支払いのないホテルなどの場合、チェックアウト時にまとめてこういった設備利用費用や電話代を支払う..と言うタイプのホテルもあります。

ホテルによっての対応が違うので、そのあたりは利用ホテルで聞いてみるのがいいでしょう。

クレジットカードでデポジットの場合は、使った料金はチェックアウト時に決済されます。

個人輸入で現金化はできるの?サイトを使えば海外の商品を安く買えるの? 個人輸入で現金化はできるの?サイトを使えば海外の商品を安く買えるの?

デポジットは現金でそれともクレジットカードでいけますか?

元々クレジットカードでの利用代金支払いの場合、特にデポジットを要求しないホテルもあります。

というのも、クレジットカード利用ということで、信用ができるからです。

何かあればそのクレジットカードで請求ができるというわけです。

しかし殆どの場合デポジットは請求されます。

多くのホテルでは、現金もしくはクレジットカードの提出となります。

デビッドカードなども受け付けているホテルもありますが、あまり多いとは言えません。

ホテル側に対する信用度をメインにするなら、クレジットカードを提出してのデポジットがおすすめです。

カードのコピーだけでもいいというホテルもあります。

現金で支払いはもちろんできます。

ある意味現金だと、精算時にもお金の支払の計算が簡単というメリットはあります。

ただ現金支払いの問題点もあります。

実は現金でのデポジットを受け付けていないホテルもあるんです。

また現金の場合、預かり金額が多くなるというケースもあります。

信用度や利便性からも、クレジットカード利用でデポジット支払いがおすすめになるのです。

現金デポジットをする時の注意点

現金でデポジットを支払った場合、返ってくる金額をその場で確認して終わることができます。

足りなければ、どこから引かれたのかもそこで確認できます。

しかしクレジットカードの提出でデポジットを行った場合は、その場で実際に決済をするわけではありません。

ただこの時にホテル側は、このカードがきちんと使えるのかどうかを確認するためにプリオーソライゼーション、仮決済をすることがあります。

これはデポジット分の金額をここで決済しておくというものです。

近年ではこれをするホテルが増えています。

気をつけるべきことは、このプリオーソライゼーションで決済された金額が、チェックアウトした時にキャンセル処理されているのかどうかの確認をするということです。

殆どのホテルはきちんと処理しているはずですが、時にこれが遅れて次のカード請求日にデポジット料金が加算されて請求されてしまう..などという事故も起きています。

チェックアウト時に、このキャンセル処理がきちんと行われているかを確認しておきましょう。

こうした確認が面倒、と言う場合には現金でのデポジットがおすすめになります。

現金化海外 安全?移住や旅行中でお金がない時でも利用できるの? クレジットカード現金化は海外移住や旅行滞在中でお金がない場合でも利用可能?

現金だけのデポジットでは難しい現金化はクレジットカード?

現金でのデポジットももちろん悪くはありません。

しかし現金だけだと不自由なのが、海外の滞在です。

しかもその現金、特に旅行の時にはチップなどでも結構使うので、あっという間に無くなってしまうこともあります。

なのでやはりクレジットカードの携行は、海外に行く時には必須になってきます。

もちろんデポジットへの利用だけでなく、急に現金が必要になった時に、キャッシングなどで現金化ができるからです。

クレジットカードは海外では身分証としても使えるカードです。

現金化も可能、デポジットにもホテルの支払いにも利用ができます。

現金との二刀流で、便利に使っていきたいですね。

2022年クレカ現金化人気業者3選

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

以上、【現金デポジット】海外など信用問題で万が一の備えに保証金を必ず確保しておく…でした。