最近クレジットカードの現金化や後払い現金化業者がどんどん増えていますが、これはひとえにバブル崩壊の副産物と言えるでしょう。現金化とバブル崩壊についての関係について解説しています。なぜ日本にはこれだけ現金化業者がたくさんあるのか、その理由について詳しく理解していただけると思います。

バブルが崩壊してから日本が不況になり現金化業者のニーズが増えた?

【バブル崩壊現金化】好景気からどん底へ落ちたのを機に急成長する

日本の好景気時代からどん底へ突き落された崩壊

若い人は知らないと思いますが、日本は以前非常に好景気の時代がありました。

給料はどんどん上がり、みんなが異常なほど土地や物を買いまくり、買ったものがどんどん値上がりしてという夢のような時代だったのです。

しかしそんな時代は長くは続きませんでした。

それがバブル崩壊です。

バブルが崩壊してからの日本は長い間不況に苦しめられていて、それがクレジットカードの現金化などのスキームを生み出した要因とも言えるでしょう。

バブルの崩壊とクレジットカードの現金化の密接なつながりについて解説していきたいと思います。

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ
あわせてご覧ください

バブルが崩壊した後の金融事情はすさまじく厳しかった!

なぜバブルが崩壊すると現金化が生まれたのでしょうか。

1つの理由として銀行がお金を貸してくれなくなったと言うものがあります。

バブルが崩壊するまで銀行はどんどんお金を貸してくれました。

こちらは必要がないと言っても押し付けてくる位、どんどんお金を貸してくれたのです。

そこで会社はそのお金を使ってどんどん設備投資を行っていましたし、一般人もそのお金を使って値上がりするであろう土地をバンバン買っていったわけです。

しかし、バブルが崩壊した後は銀行は貸し渋りと言って全くお金を貸してくれなくなってしまったのです。

融資を受ける際には厳しい審査が行われ、審査をクリアしなければお金を貸してもらうことができません。

厳しい審査を行うためにはチェックする項目がたくさんあるので、当然時間が必要になります。

そのため融資を受けるためには2週間以上待たなければいけない状況となり、お金を借りれない人が続出したのです。

高い値段で買った土地がバブルと共に崩壊していく現実…

お金を借りれない状況になってしまっても、みんなの手元にお金があればそれほど大きな問題にはならなかったと思います。

しかしバブル崩壊後土地の値段は同じように崩壊し、高い値段で買った土地が二束三文になってしまうということが頻発したのです。

高い値段で土地を購入したものの購入した値段では土地が売れなくなってしまったので、土地を転売していた人は一気に貧乏になりました。

そういう人は銀行にお金を借りて急場をしのぐ落としたのですが、銀行はお金を貸してくれないので追い込まれていきます。

そんな時代の背景で生まれたのが、クレジットカードを利用した現金化です。

クレジットカードの現金化なら自分名義のクレジットカードを持っていればその日のうちに現金を振り込んでもらうことができるので、融資を受けられない人や融資が降りるまでの時間がない人がどんどん利用したのです。

つまりクレジットカード現金化はバブル崩壊が生み出したものであり、このスキームによって救われた人がたくさんいると言うわけです。

お金を借りていた人が一気にブラックリストへ崩壊していく

バブルが崩壊したことにより借りていたお金が返せなくなる人が続出し、そのような人はブラックリストに掲載されるようになってしまいました。

ブラックリストとは信用情報機関にある個人情報であり、お金を借りたものの返済することができなくなった場合や遅延してしまったときにその履歴が全て載ってしまいます。

いちど返済が滞った人は信頼がなくなってしまうため、融資を受けることができなくなってしまいます。

そのためお金がない人に限って銀行から融資を引き出すことができないと言う最悪の状態になってしまったのです。

そんなときの救世主となったのがクレジットカードの現金化です、クレジットカードの現金化を利用するときには審査が行われないため、信用情報機関に名前が掲載されていても全く問題ありません。

自分名義のクレジットカードのショッピング枠が残っていれば誰でもそのショッピング枠を利用して現金を作ることができたので、融資を受けられない人はクレジットカードの現金化で現金を融通し、支払いに当てたのです。

【クレジットカード現金化信用情報】遅延や滞納で自分の信用を失い傷つかない 信用情報へ傷をつけないためにクレジットカード現金化と上手く付き合うコツ

バブル崩壊後に増え続けたクレジットカード現金化業者

おそらくバブルと言うものがなければクレジットカード現金化業者がこれほど増える事はなかったでしょう。

バブルが崩壊してから30年程度経過していますが、まだまだ日本の経済は不景気真っ只中であり、バブルの時に最高値をつけた株価は未だにその値段を更新できずにとどまっています。

つまり当時株を購入した人は皆さん含み損と言うことであり、まだまだクレジットカードの現金化などのニーズは非常に高いでしょう。

最近、クレジットカードを利用しない現金化、例えば後払い現金化と言うものも増えてきました。

後払い現金化と言うのはその人の給料を担保にして現金を融資してもらえることです。

実際には融資ではなく商品を先に渡してくれるためその商品を売却することによって得た利益を現金として受け取ることができるサービスですが、これもバブル崩壊を引きずる日本経済が生み出した必要と言えるでしょう。

【ニューノーマル】現金化の新しい常態が生まれ変わろうとしている ニューノーマルとはいったい何?!そしてこの社会を生き抜くために必要なこと

バブル崩壊後に急成長してきた現金化

さてこれからクレジットカード現金化や後払い現金化業者はどうなっていくのでしょうか。

果たして淘汰されていってしまうのでしょうか。

おそらくそれらの業者は今後も発展していくことでしょう。

また新しいサービスがどんどん生まれて、いろんなスキームを利用した現金化が出てくるはずです。

バブルが崩壊した後の日本が引きずっている不況を完全に払拭するまで、このまま現金化のスキームを提供している業者は増え続けることが想定されます。

これらの業者は違法行為を行っているわけではありません。

そのため取り締まられることもないので、利用者はどんどん増えているのが現状なのです。

バブル崩壊が生み出した現金化業者は時代の産物となる

クレジットカード現金化や後払い現金化業者はバブル崩壊が生み出した時代の産物であり、日本独自の文化です。

これらのシステムを上手に利用してピンチを脱出することで、皆安定した生活を送ってきたと言う悲しい歴史もあります。

今後現金化のスキームはより発達していくと思われますので、常に新しい情報をアップデートしたいですね。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、【バブル崩壊現金化】好景気からどん底へ落ちたのを機に急成長する…でした。