クレジットカード現金化では商品の郵送は欠かせません。しかし、商品を家族が受け取ってしまったら、クレジットカード現金化した事を家族にバレてしまったらと不安な人も多いはず。そんな人の為に、現金化業者はコンビニ受け取りやハガキ古切手じゃなく郵便局留めもできます。だから、家族バレの心配はないんです。

クレジットカード現金化で郵送される商品をバレずに受け取る方法とは?

家族にバレたくないならコンビニ受け取りを利用しよう!

クレジットカード現金化では、必ず商品の売買をしなくちゃいけません。

しかし、クレジットカード現金化を周囲にバレたくない人にとって、商品が自宅に郵送されると不都合な事も多いですよね。

何とか誰にもバレずに商品を受け取れないのか、そもそも商品は受け取らなくてもいいんじゃないのか?

クレジットカード現金化をする時に行う商品の郵送、これについての気になる疑問に対する回答をご紹介します!

クレジットカード現金化で商品受け取りが必要になるケース

現金化 郵送 郵便物 クレジットカード現金化

業者を介してのクレジットカード現金化では実際に商品をカード決済で購入することになります。

購入品がデジタルデータなど形のない商品である場合には商品受け取りの必要はありませんが、利用する業者によっては形のある商品が後日郵送されてくることがあります。

商品受け取りが必要になるのは主に「キャッシュバック方式」「レビュー報酬方式」でクレジットカード現金化を行うタイプの業者です。

キャッシュバックとはポイント還元のように購入した商品の額に応じて現金をプレゼントするものですが、キャッシュバック方式の現金化はこのシステムを利用したものとなっています。

たとえば換金率が80%の現金化であれば、購入金額の80%をキャッシュバックという名目で現金付与することになります。

表向きは商品購入に対するキャンペーンなので一般的な「商品買取方式」と比べて書類上の問題が起こりにくいメリットがあります。

一方でデジタルデータに対して多額のキャッシュバックを行うのは取引として怪しまれる可能性があるため、安全のために実際に商品が送られてくるケースが多くなっています。

レビュー報酬形式は商品のレビュー記事を投稿することで、そのお礼の報酬として指定の現金が支払われるというシステムの現金化です。

こちらも実際に商品受け取りが行われた実績が必要になるため、商品が送られてくることがあります。

フレコ

クレジットカード現金化で安全性を高めるのであれば商品受け取りのある業者を、利便性を求めるのであればデジタルデータの買取方式で現金化を行う業者を利用するようにしましょう。
買取方式は指定された商品を購入してそれを売るだけ 現金化の買取方式(三店方式)は自分でやるより業者を使う方が安全?

家族にバレたくないなら郵便局よりコンビニ受け取りを利用しよう!

家族にバレたくない コンビニ受取

郵便局による商品の郵送で一番困るのが、家族にバレてしまうリスクですよね。

もし、家族が商品を受け取ったら、もしくは商品を受け取った事を見られたら「何を買ったの?」と聞かれるのは必至です。

この商品の郵送ですが、現金化業者側も利用者が家族バレを嫌がってるのを知っているので、柔軟に対応してくれるんです。

・配送先を勤務先にする

・最寄りの郵便局・配送営業所留めにする

・コンビニ受け取り

自宅配送以外にも、上記の家族バレしない郵送方法を選べます。

この中で、一番のオススメはコンビニ受け取り。

コンビニなら駅前や自宅近くなど、どこにでもあるので、仕事帰りに気軽に受け取ることができます。

また、24時間運営なので夜遅くでも受け取れるのもポイント。

勿論、郵便局や営業所、勤務先でもOKです。

ただ、切手はがきによる郵便局の場合、運営時間が決まっているので夜遅くに受け取るのは無理だし、営業所の場合は近くにない、最寄りの営業所は遠くて行くのが大変という人も多いですよね。

そして、勤務先を現金化業者に教えるのに抵抗がある人もいるんじゃないでしょうか。

コンビニならこれらのデメリットはないので、郵送方法を迷っているならコンビニ受け取りがオススメです。

もし、どうしても自宅受け取りしかできないのなら、時間指定して自宅に自分しかいない時に受け取るようにしましょう。

amazonギフト券をコンビニで購入する方法とそのタイプはどこで買えるの? amazonギフト券をコンビニで購入する方法とそのタイプはどこで買えるの?

商品を受け取らないと犯罪になるので絶対にやめよう!

商品を受け取らない 犯罪

商品を受け取らなければ家族バレしないし手間も掛からないから、そうしようかな。

利用者の中にはこんな風に考える人もいますが、この行為は絶対にやめてください。

なぜなら、違法になってしまうから。

クレジットカード現金化は実質お金を得るのが目的とは言え、間に商品の売買を挟むことで、通常の決済ですよ、ただの中古品の転売ですよという形をとってるわけです。

それなのに、利用者が購入した商品を受け取らず、お金だけ入金されたらどうなると思いますか?

商品を購入してないのと同じなので、ただの金銭の融資になってしまいますよね。

もし、クレジットカード現金化を融資として見られてしまったら、貸金業法や出資法など、様々な法律に違反してしまうんです。

実際に、過去には商品の郵送・受け取りを不透明にした事で、貸金業法と出資法違反で捕まった業者がいます。

だから、法律違反にならない為に、購入した商品は絶対に受け取らなくちゃいけないんですね。

また、商品を郵送せずにお金だけを入金する業者もいますが、こんな手法を行っているところは間違いなく貸金業法と出資法に引っかかる業者です。

「商品を受け取る手間が省けてラッキー」なんて思わずに、トラブルに巻き込まれないようにその現金化業者との取引を止めた方が安心ですよ。

クレジットカード現金化は貸金業法に接触しないのは合法性で適法である クレジットカード現金化は貸金業法に接触しない合法だが注意も必要

現金化業者からはどんなものが商品として郵送されてくるの?

現金化業者からはどんなものが商品として郵送されてくるの?

基本的に、買取方式とキャッシュバック方式で郵送される商品は違います。

まず、買取方式の場合ですが、基本的に価値の高い商品、中古品でも売れそうな商品が送られてきます。

・ゲーム機を含む家電商品

・Amazonギフト券

なぜ、価値の高い商品が郵送されてくるかというと、それは商品を転売するから。

買取方式は利用者が購入した商品を、現金化業者は中古品として買取りし、その買い取った商品をまた転売する事で利益を出しています。

だから、利用者に購入してもらう商品も価値の高く、売れそうな商品ばかりになるんですね。

そして、キャッシュバック方式の場合ですが、こちらは送られてくる商品は価値が高いものとは限りません。

利用額や現金化業者によっても違いますが..

・キーホルダー

・CD-ROM

等など、それほど高そうじゃないのが基本。

商品を受け取ればOKなので、要らないと思ったら捨てるなり、自分でどこかに転売するなり、好きにしましょう。

心配なら、実際に現金化業者を利用する前に、どんな商品が郵送されるのか業者に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

気になっている商品の郵送への疑問、それは解消されましたか?

クレジットカード現金化を利用する上で、商品の郵送を拒否する事はできません。

しかし、家族にバレない方法手軽に受け取れる方法は沢山あります。

それらを上手く利用して、リスクなくクレジットカード現金化をしましょう!

(よくある質問Q&A)クレジットカード現金化コンビニ商品郵送について

業者から送られた商品をコンビニ受け取りにすることは可能?
業者によっては出来ないこともありますが、コンビニ受け取りにすることも可能です。事前に業者に確認しておきましょう。
業者からの商品をコンビニ受け取りにするメリットは?
コンビニなら終日自宅にいなくても受け取ることができます。また、同居している家族にバレたくないときにもオススメです。
業者からの商品をコンビニ受け取りにするときの注意点は?
商品を受け取って送り返す必要があるので、必ず商品を取りにいきましょう。忘れてしまうとトラブルになってしまうことがあります。
コンビニを使ってクレカ現金化することは可能?
クレカを使って商品をコンビニで買い、自分で転売することでクレカ現金化をすることも可能です。
クレジットカード現金化の実態で規約違反などカード利用停止は大丈夫? クレジットカード現金化言い訳の実態から規約違反など深堀りした馬鹿なホンネ

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

以上、【郵送】クレジットカード現金化で宅配便でバレない受け取り方とは…でした。