現金化後払い

【ペイディーの翌月払い】Paidy欲しい商品をすぐに手に入れて支払いを翌月のツケ払いにしよう

投稿日:

ペイディーとはどのような決済サービスなのか

ペイディーとは、インターネット通販向けの後払い決済サービスです。

【ペイディーの翌月払い】Paidy欲しい商品をすぐに手に入れて支払いを翌月のツケ払いにしよう

クレジットカードを持っていないまたは情報漏洩を警戒してオンライン決済を手持ちのクレジットカードで行いたくないと考える人にとって、ペイディー後払いならばクレジットカード情報を入力する必要が無いために安全性を確保できます。

また、インターネット通販を利用する際に銀行振込は着金確認に時間が掛かり、代金引換を利用すると手数料が高くなりすぎる点に嫌気がさしている人にとってすぐに利用できて現金化の後払い(ツケ払い)可能なペイディーなら気軽に利用できるメリットが大きいです。

ペイディーの使い方を知って欲しい物をすぐに手に入れよう

ペイディーは、対応しているインターネット通販サイトで買い物を行う際に、決済方法としてペイディー後払いを指定することにより手続きを行えます。

amazonでは先に支払い方法としてペイディーを追加しておく必要がありますが、他のインターネット通販サイトではヘルプ機能が付属しているので指示通りに行うだけです。

ショッピングカートに入れた商品を決済する際にペイディーを指定すると、携帯電話番号とメールアドレス入力画面へ遷移します。

すると、携帯電話番号宛にSMSにて認証コードがペイディーから送られて来るので、インターネット通販サイトの決済画面へ認証コードを入力すれば決済完了です。

自動的に審査が行われるので審査に通ったかどうかはすぐに分かります。

「決済が承認されませんでした」という表示が出た場合には、残念ながら審査落ちとなっているので別の決済方法での支払いを選択するか買い物をキャンセルしましょう。

ペイディーならメールアドレスと電話番号だけで後払いを利用可能

ペイディーが他の後払い決済サービスと大きく異なる点として、会員登録不要で利用できる点が挙げられます。

翌月10日にコンビニエンスストア払いを利用する際には手数料として税込み356円必要ですが、口座自動振替を利用する人なら無料です。

ペイディー利用金額を合算した請求書が翌月1日~3日の間に届くので、コンビニ支払い・銀行振込・口座自動振替の3つから支払い方法を選択します。

メールアドレスと電話番号の組み合わせにより、マイペイディー登録ページへログインできるので好きな支払方法を選択すれば問題ありません。

コンビニ支払いと銀行振込は10日迄に支払い、口座自動振替は12日に自動引き落としとなります。

口座自動振替手続きに対応している銀行は限られているので、事前に手持ちの銀行口座がペイディー翌月払いで口座自動振替対応となっているのか確認しておかなければなりません。

ペイディーを使って複数のネットショッピング支払いを1つにまとめる

ペイディーを使った支払い方法を利用する最大のメリットは、今すぐに手持ちが無くても支払いを翌月に回せるという点です。

また、代金引換によりインターネット通販サイトを利用すると毎回代引き手数料が必要となりますが、ペイディーならば翌月10日に複数の通販サイト購入分を含めてまとめて支払いできます。

個別に手数料が必要となる代引き手数料や銀行振込手数料とは異なり、ペイディーならば複数の買い物を別々のインターネット通販サイトで行ってもペイディーでまとめて請求してもらえるわけです。

ペイディーへ細かい情報を登録したくない場合であっても、コンビニ支払い手数料356円のみで済むならば十分にお得と考えられます。

ペイディープラスに登録すれば3回分割払いを手数料無料で利用可能

翌月払いサービスを利用できるペイディーには、分割払い手数料を支払うことで3回から36回迄から支払い回数を選択できます。

しかし、ペイディープラスへ登録すれば、3回分割払いを手数料無料で利用できるので、繰り返しペイディーを利用してインターネット通販を使いたいなら選択肢に入れてみましょう。

ペイディープラスは無料で会員登録を行えるにも関わらず、3回分割払い手数料を無料とする理由は本人確認書類の提出を行っているためにペイディーから見た信用度が高まるからです。

ペイディーそのものはメールアドレスと電話番号のみで利用可能ですが、ペイディープラスならば本人確認書類の提出があるために個人信用情報機関からの信用情報照会も可能となります。

ペイディーは個人情報の提出が不要なために信用情報照会はできませんが、ペイディープラスならば本人確認書類提出があるために与信審査をしっかり行えるわけです。

ペイディー現金化の方法は購入商品を売却して現金を確保する手法

ペイディーを使った現金化を行う方法は、インターネット通販サイトで換金性が高いブランド品や家電製品を購入して、買取店へ持ち込み現金化する方法です。

インターネット通販サイトで支払い方法をペイディーに指定し、届いた商品を買取店へ持ち込むといった手間が掛かります。

このため、即日現金化を自分で行うことは難しいので、ペイディー現金化を行うためには数日間の時間的余裕が必要です。

また、インターネット通販サイトでは人気のゲーム機とamazonギフト券をペイディー翌月払いで購入できません。

換金目的でのペイディー利用が想定されていないからこそ、予め換金性が高い商品についてはペイディー側で各インターネット通販サイトへ対象外とする通告を出しているわけです。

無難な商品としてブランド品が挙げられますが、ペイディー翌月払いは利用実績が積み上がらないと高額商品に関しては審査に通りにくい傾向があります。

-現金化後払い

Copyright© クレジットカード現金化 , 2021 AllRights Reserved.