PR

iPhoneではGooglePlayカードは意味がない?使い道を買取も含めて紹介

iPhoneではGooglePlayカードは意味がない?使い道を買取も含めて紹介

GooglePlayカードはiPhoneユーザーにとって使い道がないのではないかと思っていませんか。

確かにiPhoneの場合にはApple Giftカードを使用するのが一般的です。

ただ、懸賞でGooglePlayカードをもらったり、間違えて買ってしまったりした人もいるでしょう。

この記事ではGooglePlayカードをiPhoneユーザーが使う方法をわかりやすく解説します。

ギフト券買取総合ランキングTOP3
  • ギフト券買取総合ランキングno.1
    サカナ倶楽部
    買取率93%
    振込振込15分
    16種対応種対応

    振込でも来店でも利用可能!

    詳細を見る
  • ギフト券買取総合ランキングno.2
    買取大和
    買取率92%
    振込振込30分
    16種対応種対応

    LINEお友達限定で買取率1.0%UP!

    詳細を見る
  • ギフト券買取総合ランキングno.3
    買取ボブ
    買取率92%
    振込最短10分
    16種対応種対応

    もっとも古い老舗の優良ショップ大手の運営!

    詳細を見る

GooglePlayカードはiPhone には登録できない

まず、GooglePlayカードはiPhoneでApple IDに登録して利用することはできません。

AndroidユーザーであればGooglePlayストアアプリでアカウントにサインインしてGooglePlayカードを登録し、アプリなどを購入することが可能です。

しかし、iPhoneではGooglePlayストアで提供されているアプリを利用できないので注意しましょう。

App StoreやiTunes Storeで使用するApple IDもGooglePlayカードには対応していません。

GooglePlayカードをApple Giftカードに交換することもできないため、iPhoneユーザーは別の方法で使い道を考える必要があります。

GooglePlayカードを使ってiPhone でもコンテンツを買える

iPhoneでもGooglePlayカードを使ってGooglePlayストアでコンテンツを購入することは実は可能です。

GooglePlayストアで販売されているアプリはiPhoneで使うことができませんが、映画や音楽などのデジタルコンテンツはiPhoneでも見られます。

iPhoneで購入した後、パソコンで視聴することも可能です。

iPhoneでGooglePlayストアを利用してGooglePlayカードによる支払いをするには、Googleアカウントが必要です。

そして、GooglePlayストアにGoogle Chromeなどのブラウザを使ってアクセスします。

Googleアカウントでログインした後、コードを入力して識別情報を入力すればアカウントにGooglePlayカードが登録されます。

これでコンテンツを選んで購入手続きをすればiPhoneユーザーも使用できます。

iPhoneユーザーがGooglePlayカードで買いたいものがないときの対策

iPhoneユーザーでも音楽や映画、電子書籍などのデジタルコンテンツにあまり興味がない人もいるでしょう。

アプリを使いたいと思っても無理なので、GooglePlayカードの利用範囲は狭いのが問題です。

もし、iPhoneユーザーでGooglePlayカードを使って買いたいと思うものがなかったら、Google OneやYouTube Premiumの支払いにも使用できるので検討してみましょう。

もし支払いをクレジットカードなどでおこなっているなら、GooglePlayカードで支払うとうまく消費できます。

もしそれでも使い道がないなら、GooglePlayカードは買取サイトで換金しましょう。

額面通りの現金になるわけではありませんが、GooglePlayカードは高価買取されているのであまり無駄にならない方法です。

GooglePlayカードの換金はiPhoneがあればできる

GooglePlayカードの買取による換金はiPhoneがあれば簡単にできます。

買取サイトでほぼオンライン完結で利用することが可能です。

サイトによって手続きの流れは異なりますが、一般的には買取サイトの申し込みフォームに連絡先やギフトコードの情報を入力して送信すると申し込みができます。

そして、電話やメールによる本人確認を受けた後、買取サイトの運営側がGooglePlayカードの有効性を確認します。

確認が取れたら指定した銀行口座に代金を振り込んでもらえるというのが流れです。

iPhoneがあればブラウザ上で申し込み手続きができます。

電話での対応が必要だったときにもiPhoneで受けられるので問題ありません。

早い業者なら5分~30分くらいで買取手続きが完了するため、簡単にGooglePlayカードを現金にできる便利な方法です。

GooglePlayカードのiPhoneでの使い道・買取方法まとめ

GooglePlayカードはiPhoneのApple IDに登録して使うことはできませんが、Googleアカウントを作れば登録してGooglePlayストアでデジタルコンテンツの購入に利用できます。

使い道としてGoogleサービスの支払いをする方法もあり、Google OneやYouTube Premiumなどの一部のサービスが対応しています。

一通りの使い道を見てみて欲しいものや支払えるものがなかったら、GooglePlayカードは買取サイトで現金にした方が良いでしょう。

買取サイトならブラウザ上で申し込みをして、メールや電話でのやり取りをするだけですぐにGooglePlayカードを売れます。

iPhoneがあればGooglePlayカードを買取に出すのは簡単なので、使い道で悩んだときには買取サイトを活用しましょう。

iPhoneではGooglePlayカードは意味がない?使い道を買取も含めて紹介

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コチラの記事を書いた人

元金融業界で働いていました。 その経験を活かして、現金化について、ライターのマネオさんのお手伝いをしています。

目次