三重県

クレジットカード現金化三重県【津市】でピンチを切り抜ける業者を探そう!

三重 津のカードでお金ショッピング枠現金化は安全な対応

三重県でクレジットカード現金化できる業者を利用する方法や注意点

三重県で一番人口の多いのが四日市市

クレジットカード現金化三重県【津市】でピンチを切り抜ける業者を探そう!

県庁所在地の津市も含め、大きな都市では金券ショップや貴金属の買取、ブランド品の買取業者が数店舗存在しています。

しかし三重県に店舗を持つ、クレジットカード現金化業者は現時点で存在しません。

全国都道府県エリア別の現金化で見ると実店舗にこだわる場合には、県をまたいで愛知県の業者を利用することになります。

直接の取引にこだわらない場合には、東京などに本拠地を持つ無店舗型現金化業者を利用するのもプランのひとつ。

無店舗型業者は店舗型に比べて換金率が高く、どこからでも申込と入金確認ができるため利便性も高いと言えるでしょう。

ただし気を付けたいのが、悪徳業者をしっかりと見極めること。

ネットや口コミで事前に業者の情報を集め、安全で信頼できる現金化を利用するようにしましょう。

見どころいっぱい美味しいものいっぱいの観光王国、三重県

三重県は紀伊半島の東側に位置する県。

伊勢神宮鳥居

世界遺産にも登録された熊野古道はいにしえから熊野詣でに使われた道で、パワースポットとしても良く知られています。

また、鈴鹿市にはF1の日本グランプリや国際的なレースが行われる鈴鹿サーキットがあるほか、絶叫マシンが多いことで有名な、テーマパークのナガシマスパーランドも幅広い世代から人気を集めています。

全国的に知られているブランド牛、松阪牛の産地でもある三重県は豊かな食材にも恵まれ、伊勢海老や桑名のハマグリなどが特に有名です。

津市は伊勢湾に面する臨海都市でおいしいグルメもたくさんあります!

三重県の中部にある津市は三重県県庁所在地を有する都市。

日本一短い市名としてその地名を知られています
夫婦岩
津市の中心部には安濃川と岩田川が流れており、安濃川より北は橋北、岩田川より南側は橋南、二つの河川に挟まれた地域を橋中と呼ばれています。

津は伊勢湾に面して市街地が形成されてる臨海都市。

観光スポットは日本の滝百選に選ばれている布引の滝が有名。

この滝は1段目が12m、2段目が3.5m、三段目は7.7m、四段目は29.1mと4段の滝で構成されており、段々に音もなく滝つぼに流れ落ちる様は布を垂らしたかのように壮麗。

また標高700m~800mの場所に位置する青山高原はドライブやハイキングにぴったりのスポット。

ドライブウェイでは伊勢湾が一望でき、また全長50mの大風車が30機並ぶ景観の中を走り抜けることができます。

津には天然温泉の榊原温泉もあります。

アルカリ性単純泉の泉質は古い角質を流すため湯上りには、ツルツルのお肌に生まれ変わることから「美人の湯」と呼ばれています。

三重でカード現金化をする利便性換金も高い店舗を選ぶ

食文化も豊かで、名古屋名物として知られている天むすやみそカツ、ひつまぶしなどは津が発祥地であるという説もあります。

津は人口1人当たりのウナギ消費量が日本一。

旧津市域では日本一うなぎ屋が多いとも言われ、肉厚のウナギ料理をリーズナブルに味わえます。

直径15センチの大きな皮で餡を包んでから油で揚げた津ぎょうざも、津を代表するご当地グルメです。

三重県内(津市)の現金化店舗型業者はこちら

チケットショップ 和

店舗名 チケットショップ 和
所在地 三重県鈴鹿市庄野羽山4丁目1-2 イオンモール鈴鹿内
アクセス 平田町駅から徒歩15分
営業時間 10:00~22:00
URL https://www.ticketkazu.com/

ベストフレンド 松阪店

店舗名 ベストフレンド 松阪店
所在地 三重県松阪市久保田町127-1 M’Sテラス7号
アクセス 松阪駅から車で9分
営業時間 10:00~18:00
URL https://bestfriend-kaitori.com/

Brand Hut(ブランドハット)

店舗名 Brand Hut(ブランドハット)
所在地 三重県津市丸之内31-27
アクセス 国道23号線三重会館前交差点近く
営業時間 10:00~20:00
URL https://www.brandhut.jp/

都市部と山村部の差が激しい!三重県の現金化事情!

三重県は南北に長く、工業地帯として発達した四日市市や、県庁所在地の津市に人口が集中しています。

現金化業者もこの二つの都市に集中していて、金券ショップや貴金属の買取店など様々なお店が並んでいます。

都市部やその周辺で現金化をするハードルは低く、店ごとの換金率などを比較することも簡単です。

しかし、奈良県や和歌山県沿いの山村部などは人口自体が少なく、現金化の手段自体が限られます。

最寄の店舗まで1時間以上ということは、珍しくなくなっていくのです。

山村部で現金化を目指す場合はネット型の業者を利用し、宅配買取や現金化などの比較をするのが現実的です。

リサイクルショップでもまとまった数のアイテムであれば、出張買取に来てくれるケースがあります。

不用品を一気に処分するつもりで、現金化してしまえば出かける手間も省けます。

買い取り可能な商品は業者によってかわるため、事前に確認することも重要です。

また、まとまった数がないと出張買取に対応してくれない場合も増えるため、宅配買取に切り替えた方がスムーズなケースもあります。

💴金融に強いベテランスタッフが対応する現金化サイト→ナンバーワンクレジット

三重県のお金事情を知りたい!県民性や年収事情・物価を含めて大紹介!

伊勢志摩や熊野古道などの観光産業、伊勢湾の漁業、そして松阪牛などの畜産業、更には四日市の工業。

そんな豊富な産業が発達した県が三重県です。

この三重県は松阪の商人など商業も発達した歴史を持っています。

そんな三重県のお金事情はいったいどのようなものなのでしょうか。

今回、そんなお金事情を調べるために県民性や平均所得、借金の状況や金融機関の事情などを紹介しまとめました。

これを読めばきっと美し国三重県のお金事情が分かるはずです。

三重県の特徴や性格または県民性

三重県の県民性は現実主義です。

伊勢商人や松阪商人など商人が多く誕生した土壌であること、古くからの大都市圏である大阪や名古屋に挟まれて、それらに対抗心を燃やしながらも自分たちでできる限りのことを行うという背景が生んだ県民性と言えます。

また、商人が多かったことから柔軟に対応するものの考え方も古くから醸成されており、そういった点も三重県の県民性を表しています。

また、伊勢神宮がある県という背景から安定志向の性格の方が多く、そういったところも金銭感覚に現れています。

現実的な範囲でできることを行いつつ、大都市への対抗心を燃やしながら心の中では安定を第一としている県民性。

それが三重県の特徴であり、県民性です。

こういった気質がこれから紹介するお金事情にも大きく影響を与えています。

三重県の平均所得 年収事情について

三重県民の平均所得は年収4,974,096円です(2019年厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」)。

地方としては、若干高めですが、全国的に見れば平均的な金額です。

自ら稼ぐという商人基質が幸いしてか、都市部に見られるような定年後の大幅な年収減が、それほど激しくありません。

そのため定年になっても農業や嘱託、それ以外の様々な手段で収入を得るための努力を行っていることが伺えます。

また、男性が生涯頑張る傾向にあり、他県にありがちな定年後に収入の男女差が逆転するということはありません。

このように会社勤めの人であっても、定年後もしっかり働き、働けるうちは収入を得ようとする姿勢が年収事情からも見て取れます。
大都市の人々が夢見がちな仕事をしないのんびりした老後というイメージを持たず、現実的で安定を求めた生活を営もうという姿勢が三重県民です。

三重県の生活水準 家賃・物価や暮らしやすさなど

三重県の物価は低く、標準的な年収ということを考えると、総合的に暮らしやすい県と言えます。

まず家賃ですが、全国順位としては30~40位中盤にあり、比較的安い傾向です。

そのため住宅に関しては安く住める県なのです。

食費も40位に迫る年も多く、物価だけ見ればかなり低い水準にあります。

ほとんどの項目で全国平均を超えるものはなく、交通費や娯楽費が辛うじて全国の中盤となっている程度で、総じて物価は安いのです。

そういったことから生活水準も平均的な年収と相まって高いレベルにあるといえるのではないでしょうか。

平均的な収入と安めの物価、これが三重県の実情です。

こういった背景を生み出しているのも三重県民の県民性かもしれません。

三重県の金融機関 地方銀行 信用金庫など

三重県は信用金庫よりも銀行が強い印象です。

トップ地銀の百五銀行が圧倒的なシェアを誇り、三重銀行、第三銀行がそれに続く形になります。

信用金庫よりも安定した印象があるのか、営業努力によるものなのか定かではありませんが、信用金庫がトップ3に入らないところに他の地域にはない特徴があります。

ちなみに三重銀行と第三銀行は2021年5月に統合されて三十三銀行へ移行し、百五銀行と三十三銀行の二強体制になるのが三重県の銀行事情です。

金融機関名 百五銀行
サイトURL https://www.hyakugo.co.jp/
銀行サービス 一般銀行業務、投資信託、外貨両替、生命保険
詳細 三重県の県庁所在地、津市に拠点を置く地方銀行です。第百五国立銀行の流れを汲む県内で最も歴史のある地方銀行として知られ、後述する三重銀行の本店がある四日市以外の県下の行政の指定金融機関になっています。
金融機関名 三重銀行
サイトURL https://www.miebank.co.jp/
銀行サービス 一般銀行業務、経営サポート、投資信託
詳細 四日市市に本店を置く地方銀行です。三十三フィナンシャルグループを形成し、2021年には第三銀行と合併本店を四日市に置く予定となっています。
金融機関名 第三銀行
サイトURL https://www.daisanbank.co.jp/
銀行サービス 一般銀行業務、投資信託、生命保険、年金相談
詳細 松阪市に拠点を置く第二地方銀行です。伊勢志摩地域に地盤を持ち、それらの地域のコミュニティバンクとして機能しています。2021年に三重銀行と合併し三十三銀行になります。

三重県の借金状況 金融事情について

三重県の借金状況は、地方にありがちな借金を忌避する傾向が見られます。

返済などで家計の安定が脅かされることをよしとしない県民性から、住宅ローンなど他県では当たり前のように行われているローンを組むのに対してさえ、かなり慎重になっているのが特徴です。

そういった傾向があるため、借金もそこまで多くなく、全国水準の収入を勘案すると、家計は安定している傾向があります。

また銀行を重視している傾向があり、プライベートな口座であっても信用金庫よりは銀行が好まれるのが特徴です。

ただ、三重県の行政で見た場合、県の規模に対して人口が少なく、大手企業も北部に集中していることから県南部の伊勢志摩地域は借金が多く運営が厳しい行政も少なくありません。

三重県のお金に関する考え方や性格など

三重県民のお金に対する考え方は、節約家で堅実というものです。

かつて伊勢乞食という不名誉な呼び名をされた時代もあるくらい、非常に財布のひもは固く、質素で倹約を重視する考えを持っています。

現在は、そこまで極端な方は少なくなったものの、都市部のような派手な使い方をする人はまれで、比較すればやはり堅実で節約を重視している傾向です。

多くの方が借りるより貯めてから買い物をすると言う考え方なので、欲しいものがあってもすぐに飛びつくというケースは多くありません。

こういった背景には、多くの商人を生み出した三重県ならではの現実に即した考え方があるのではないでしょうか。

いずれにしても浪費家の三重県民は少ないというのが全体の性格です。

三重県のお金事情まとめ

三重県は伊勢志摩の自然や伊勢神宮、熊野古道などの文化遺産とも言える名所にあふれたエリアです。

また京阪や名古屋にも地理的に近いことから、工業も発達しているだけでなく、伊勢商人や松阪商人など商人を多く輩出している商業の活発なエリアでもあります。

そんな三重県は平均的な年収金額であるにも関わらず物価は全国平均より、やや低いため暮らしやすいエリアです。

ただ、多くの方は倹約し、無駄な借金をしないことから、実際の生活は比較的シンプルとも言えます。

こういった生活は、三重県民の安定志向に合致した暮らしですから、一見お金に困っていそうな雰囲気ですが、実際は他県の方よりもゆとりのある家計であることが少なくありません。

ただ、現在も伊勢乞食と言われた過去の傾向を引きずっており、悪く言えばケチな方が少なくないという印象はあります。

三重県でお金を借りるショッピング枠現金化店舗案内エリア

津市 四日市市 伊勢市 松阪市 桑名市 鈴鹿市 名張市 尾鷲市 亀山市 鳥羽市 熊野市 いなべ市 志摩市 伊賀市 木曽岬町 東員町 菰野町 朝日町 川越町 多気町 明和町 大台町 玉城町 度会町 大紀町 南伊勢町 紀北町 御浜町 紀宝町