パーチェシングカードは法人カードの一種で、主にBtoBと呼ばれる企業間取引を効率化するために使われています。パーチェシングカードを使うと複数の取引先への支払いを一本化することができるため経理業務が軽減され、それに伴うミスや不正利用のリスクも抑えることができます。またパーチェシングカードは法人カードと同様に現金化にも利用できますが、使い勝手は良くないため注意が必要になります。

パーチェシングカードとは会社の経理業務を大きく削減できる法人カード

【パーチェシングカード】業務の効率化だけでなく安全性確保や現金化にも役立つ

パーチェシングカードは法人向けに発行されるクレジットカードの一種です。

同じ法人カードに当たるビジネスカードやコーポレートカードとは利用目的が異なり、主に「BtoB」と呼ばれる企業間での取引決済に使われます。

パーチェシングカードを利用すると経理業務を大きく削減できるだけでなく、ガバナンスや安全性の向上においてもメリットが多いため中小企業や小規模法人であっても導入を検討する価値は十分にあると言えるでしょう。

パーチェシングカードの概要

パーチェシングカードはカードレス形式で発行される法人カードです。

物理カードは発行されずカード番号とサービスだけが提供されるためJCBなど一部の会社では「パーチェシングサービス」という名称が使われています。

パーチェシングカードの主な利用方法は商品の仕入れ料金や会社にかかる公共料金の支払い、サーバー利用費や通信費といったシステム利用料を一元化して決済することです。

パーチェシングが「購入する」という意味であることからもわかる通り、パーチェシングカードは企業が業務に必要となる経費をまとめて支払うためのサービスとなっています。

こうした経費の支払いは通常のクレジットカードや法人カードでも可能ですが、その場合には経費を個別に支払うことになるため手続きが煩雑になり経理部への負担も非常に大きくなります。

その点、パーチェシングカードを利用すると全ての経費支払いを一度カード会社を通す形でまとめることが可能になります。

パーチェシングカードの活用方法

パーチェシングカードを使うことで得られるメリットには様々なものがあります。

経理業務の簡潔化と透明性の確保もその一つですが、これによってガバナンスを強化し安全性を高める効果も期待できます。

またカードレスのサービスであるため、他の法人カードのように物理カードそのものを紛失してしまうといったリスクを避けることができます。

支払い限度額も他の法人カードと比較して高く設定することができるため、大量の取引先相手の支払いを一本化するのにもパーチェシングカードは最適です。

複数の取引先を相手にする場合であっても、支払日は同一になる点もキャッシュフロー改善に役に立つことでしょう。

更に一部のパーチェシングカードは通常のクレジットカードとは異なり、ひと月以上の長期後払いにも対応しています。

たとえばセゾンカードが提供するパーチェシングカードであれば、最大で84日間のスキップ払いが可能です。

パーチェシングカードで得られる安全性

パーチェシングカードがガバナンス強化の役に立つ例として、社員の不正利用を防げるというものがあります。

社員に個別にコーポレートカードを与えている場合、出張費や交際費を含んだ引き落としとなるため利用内容を精査することが難しくなります。

一方パーチェシングカードは特定の取引先相手にしか利用できないため、不正利用の入る余地を最初から無くすことができます。

またパーチェシングカードは利用者の個人名ではなく法人名や部署名で発行することができるため、購入状況を正確に把握することが可能です。

法人名や部署名でパーチェシングカードを発行しておくと、担当者が変更になった際にもそのまま継続して使うことができるため業務引き継ぎ時のリスクや手間を省くことにも繋がります。

クレジットカード現金化は法人カードでもできる! クレジットカード現金化は法人カード名義でも事業資金・運転資金の資金化に最適!

パーチェシングカードのデメリット

パーチェシングカードはあくまで企業間取引に特化したクレジットカードサービスであるため、たとえ利用限度額に余裕がある状態であったとしてもその他の用途に転用することが難しくなります。

これは社内で不正利用を防止する観点と一長一短であるため注意しましょう。

またパーチェシングカードはクレジットカードの一種ではありますが、クレジットカードに標準的に付帯するポイントやサービス特典が得られません。

あくまでも経理効率化のためのカードとなっているため、通常の個人カードや法人カードで得られる特典が経理業務の削減効率を上回っていると判断できるようであればパーチェシングカードの拙速な導入は見送った方がいいでしょう。

パーチェシングカードの導入方法

パーチェシングカードの具体的な導入方法はカード会社ごとに違いがありますが、基本的には20歳以上の法人代表者であれば申し込みが可能です。

申し込み時に必要となる書類も通常の法人カードと大差なく、決算書や登記簿に加えて運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証の提出が要求されます。

また起業したばかりの人であっても申し込みが可能なように決算書や登記簿の登録は必須としていないカード会社も存在していますが、その場合にも申し込み時に売上高・経常利益・純利益・資本金・現預金といった情報は正しく入力する必要があります。

現金化による開業届出や余裕資金から新規出店・開店準備するべきこと 開業は余裕資金を用意して現金化まで想定外出費に堪えないといけない!

ネットの登録フォームからはパーチェシングカードの申し込みを受け付けていない会社も多いため、その際は電話で連絡を行いましょう。

パーチェシングカードの現金化について

通常の法人カードは個人向けクレジットカードと同様に現金化に利用することができます。

ただし企業向けのプランを提示している現金化業者でないと大規模な取引には対応できないため注意しましょう。

またパーチェシングカードは通常の法人カードとは利用目的が異なるため、業者によっては現金化に対応できない可能性もあります。

架空取引とならないように現物売買取引の履歴を残すといった対策も必要となってくるため、パーチェシングカードの現金化についてはかなりハードルが高いと考えておいた方がいいでしょう。

またパーチェシングカードは一括払いにしか対応していないため、現金化を行った翌月の支払日には必ずそれ以上の資金を用意しておく必要がある点にも注意しましょう。

パーチェシングカードに関するまとめ

パーチェシングカードは経理業務の改善や安全性の向上など、企業経営において多大なメリットをもたらす非常に便利なクレジットカードサービスです。

しかしその一方でメリットを最大に活かすには正しい知識も必要となってくるため、事前にカード会社と相談しながら導入を検討していくことをオススメします。

またパーチェシングカードはクレジットカード現金化に利用することも可能ではありますが、その使い勝手は良いとは言えないため気をつけましょう。

【バーチャルクレジットカード】新しい決済手段の審査ナシ作成で現金化は可能なの? バーチャルクレジットカードの審査ナシ作成可能なネット支払い専用は現金化可能?

以上、【パーチェシングカード】業務の効率化だけでなく安全性確保や現金化にも役立つ…でした。