借地権は引っ越しなどで移動する時には、特に地主に変換するよりも現金化することを考えましょう。もちろん自分で売却をということも可能ですが、手間も労力も半端なくかかります。特に地主に、借地権売却許可をもらうのはなかなか難しいものです。売却を考えた時には、専門業者に依頼してみて下さい。

借地権は現金化は可能!自力では難しいので専門業者に依頼したい

借地権は現金化は可能!自力では難しいので専門業者に依頼したい

借地権という言葉、不動産サイトなど見ていると散見されることがあります。

借地権付き建物、などと表現されているものもその1つです。

普通家の売買などの場合、土地も一緒に売買されることが多いのですね。
文字通り、土地自体も買い取るという意味です。

しかし借地権というのは、土地は買い取るのではなく所有者から借りる形になります。

借地権付き建物の売買の場合は、つまり土地は持ち主から借りる、建物は買い取るという意味になります。

簡単に言うと、借りた土地に家を建てて済む権利、これが借地権なのです。

借地権の現金化は可能?

借地権付きの建物で暮らしている場合、土地は借りているのですからその持ち主にレンタル料を支払うことになります。

家の方は買い取っているもしくは自分で建てた場合、自分の持ち物ですからそちらには何の支払いも生じません。

しかし何かの都合で引っ越す場合、自分のものである家を売買することはもちろん簡単にできます。

普通に不動産会社などに依頼すれば、買い主を見つけることが可能です。

では土地の方はどうなるのでしょう。

家は売ったとして、土地は地主に変換しなくてはならないものでしょうか。

実際そう考える人も多いのですが、そうとばかりは限らないのです。
この借地権は売って現金化することができるのです。

また親からの相続で家を手に入れた場合も、土地が借地権での相続だったとしても、これも現金化は可能です。

インパクト現金化はコチラ

借地権の現金化は手早くやりたいけど

引っ越しにしてもそうですが、特に親からの相続の場合相続税の問題もありますから、できるだけ早く現金に変えたいと思うのは当然のことです。

家の売買はともかく、借地権の売買に関しては基本を知っておかないと損することもありますし、実際に現金化できるまでに時間がかかってしまうこともあります。

しかし単に大急ぎで、というとこれまた買い叩かれる可能性もあるのです。

失敗をしてトラブルに発展してしまうこともあります。

まず第一にやらなくてはいけないこと、これを憶えておかなくては先に進めません。

最も大事なことなので、これだけは憶えておいて下さい。

それは、地主に借地権の売却に関する許可をもらうことです。

許可なしに売ったりすると、契約破棄されることもあるので注意して下さい。

借地権の売却を承諾されたということを書面にして残すと、後々の無用なトラブルを引き起こさずに済みますので、かならず一筆買いてもらうようにしましょう。

ただ承諾がもらえなくても、裁判所に依頼すると売却許可が取れることもあります。

いささか手間もかかりますし、持節との関係も悪化する可能性がありますので、できるだけ地主との話し合いで解決することをオススメします。

借地権現金化にはどんな方法があるのか?

地主からの承諾をもらえたら、売却に入ります。

一体どんな形での売却方法があるのでしょう。

まず最初に最も面倒なくできるのが、地主当人に対しての売却です。

余計な交渉などもなく、効率的に売却できますし、割と高く売れる可能性があります。

地主としても、見ず知らずの他人に借地権が渡るよりも、自分に戻ってきた借地権で他の借地人を探すほうが、面倒もありません。

特に完全所有に戻ることを希望する地主の場合、買取に関して協力的になってくれます。

最も穏便に手早く解決できる現金化です。

また地主と相談協力して、第三者に売却する方法もあります。
ただ取り分などで揉めるケースもあるのがデメリットです。

借地人が単独で誰かに売却することも可能ですが、これは正直結構困難です。
土地売買の経験のない人の場合、まずうまく行かないと言っていいでしょう。

まあ手数料もかからずに売却できるというのは、大きなメリットではあります。

でも最も効率的に売却、現金化できるのはやはり専門の業者に依頼することですね。

借地権の現金化は専門業者に依頼する

実際地主の承諾を得るという一点でも、普通の人の場合つまずくことが多いのです。

互いの取り分などで揉めることもあります。

なので地主の売却許可から全て任せられる専門の業者を利用することが、最も借地権の売却を効率的に行える方法になります。

業者が地主に借地権売却の承諾を得て、売る相手を手早く見つけてくれるのです。

実は借地権を売る場合、時に上に建っている建物の解体を条件とされることもあるのです。

しかし業者に依頼した場合、そうした面倒もありません。

最も手早く、効率的で面倒のない方法ということです。

実績のある、評判のいい業者を選択して、見積もりから取ってみて下さい。

実は地主との交渉というのが、借地権の売却の時に最も大きな関門になるのです。

それをやってくれるという一点でも、業者に依頼する価値があると言えますね。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードワン現金化はコチラ

借地権現金化のまとめ

何事もそうですが、専門の業者への依頼というのは、最も効率がよく手早く物事を進める方法なのです。

しかも土地という大きな物件、その借地権に関してのことです。
素人が下手に手を出すと、こじれにこじれてしまうことだってあります。

こうした時にはやはり、専門家に任せて物事を進めてもらうのが最もオススメになります。

もちろん業者への依頼は無料でとは行きません。
ある程度の手数料はかかってきます。

しかし時間や手間、労力など考えたら逆に安いものですよね。

元地主との関係が悪化したりすることもなく、手早く借地権を現金化するには、やはり専門の業者を使うことが最もオススメの方法なのです。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • アイラス
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • エージェント
    詳細はコチラ