給料ファクタリングは将来もらえる給与を債権としてファクタリング業者に渡し、業者から手数料を差し引いた現金を受け取るというサービスです。これは借り入れには当たらないため、消費者金融からお金が借りられない人でも利用できます。さらにサラリーマン、フリーターや専業主婦の方など幅広い層の人が利用できるサービスです。

給料を現金化したい時には給料ファクタリングを使うとすぐに現金が手に入る

給料を現金化したい時には給料ファクタリングを使うとすぐに現金が手に入る

給料を現金化したい人には給料ファクタリングがオススメ

新型コロナの影響により各地域で経済が停滞しています。

自分の勤めている会社も経営が厳しくなり、以前よりも給料が減ってしまった方も多いと思います。

毎月の家賃と光熱費、携帯料金などを口座から引き落とされ、残りの金額を見てもなんとかやっていけると思った時に、急に親戚の葬式ができたり、家族が病気になったなど、今すぐに現金を用意しなければならない時もあります。

そんな時にはキャッシングやローンでお金を借り入れる方法もありますが、これまで何度も借り入れをしていると、キャッシング業者の審査に通らないこともあります。

そんな時に役に立つのが、給料ファクタリングという方法です。

この方法を使えば給料日まで待たなくても、すぐに現金が手に入ります。

給料ファクタリングは将来もらえる給与を債権としてファクタリング業者に渡し、業者から手数料を差し引いた現金を受け取るというサービスです。

給料ファクタリングを使うことにはどんなメリットがあるのか

給料ファクタリングのメリットは、急に現金が必要になった時に短時間で現金が手に入ることです。

申し込みはとても簡単で、身分証と保険証と給与明細があれば、ネットで約30分から1時間で手続きが終わり現金を手にできます。

もう一つのメリットは、現金化しても借金としてカウントされないことです。

キャッシングやローンは借り入れをした時に情報が個人信用情報機関に登録されるので、同時にいくつもの業者から借り入れをしたり、返済が遅れたりするとブラックリストに載って、新しく借りられないことがあります。

しかし、給料ファクタリングでは給料債権という資産を売るので売買契約に当たり、負債とはみなされません。

これは本当に助かります!

私も将来的には家のローンや車のローンを組む時が来ると思いますが、あまりにも借金が多いと審査に通らないかもしれず不安なので、記録に残らないなら今から安心して利用できます。

ファクタリングで資金管理がスムーズに!ただし売掛債権にも注意 ファクタリングで資金管理がスムーズに!ただし売掛債権にも注意

公務員やサラリーマンだけではなくフリーターでも給料を現金化できる

キャッシングやカードローンでは個人の返済能力を見るため、この人は期限までに返せるのかを審査されますが、給料ファクタリングならば給料という債権を売るので、個人よりも勤め先が重視されます。

簡単に言うと勤め先が毎月の給料日に給料を支払ってくれる会社であれば問題なく現金化できます。

すでにブラックリストに載ってしまい消費者金融から融資を断られる方でも給料ファクタリングなら直ぐに現金を手にできます。

また基本的には給料明細があれば、フリーターの方も利用できますし、専業主婦の方でもご主人の給料明細を見せれば問題ありません。

このように幅広い人が利用できるのは利用者にとってありがたいです。

ちょっと心配なのがファクタリング業者を利用したことが会社にバレないかですが、基本的にはファクタリング業者が自分の勤め先に請求することはなく、あくまで利用者と業者間での取引になります。

給料ファクタリングをしておけば給料が支払われない時でも現金が手に入る

コロナの影響もあり現在多くの会社の経営が厳しくなっています。

先が見えない世の中なので、あまり考えたくはありませんが、勤め先が急に倒産して給料を支払ってくれないことがあるかもしれません。

前もって給料ファクタリングを申請しておけば、給料という債権を売り渡すことになるので、たとえ勤め先が給料を支払ってくれなくても、ファクタリング業者を通して先に現金を手にできます。

この方法を使えば、後は勤め先とファクタリング業者で問題を解決してくだいという形で自分のリスクを減らすことができます。

ただし、ファクタリング業者も元が取れるかどうかわからない給料債権を易々と買ってはくれないので、勤め先が経営難に陥っている会社だと分かれば、買い取りを断られるかもしれません。

また勤め先がすぐに倒産はしないけれど経営が悪化している会社などは、ファクタリング業者から保証も含めて高い手数料を取られることもあるので注意が必要です。

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

給料ファクタリングは良いことばかりではないリスクも当然ある

給料を債権としてファクタリング業者に売り渡すため自分が手にできる現金は、給料の範囲内に制限されてしまいます。

そのため、まとめてたくさんのお金が欲しい時には助けになりません!

せいぜい20万円から30万円の給料を先に貰える程度であることを覚えておくべきです。

また簡単に現金化できることと引き換えに高い手数料を支払うことも忘れないようにしましょう。

必要な金額があまり高くない時には給料ファクタリングではなく別の方法を用いた方が手数料を安く抑えられます。

さらに返済する時にはクレジットカードのように分割払いで返済ができずに、基本的には一括払いで支払うことになります。

そのため家賃や光熱費、携帯料金、学費など毎月銀行口座から引き落とされる金額を前もって取り分けておき、口座の中に残しておかないと引き落とせなくなります。

そして個人へのファクタリング事業は最近始まったサービスなので、現在は法律で取り締まられずにグレーゾーンで営業しています。

ファクタリング業者の中には悪質な者もいて、利用者から高い手数料を取ることもあり、法律で裁けずに利用者が泣き寝入りすることになりかねないため、利用する前にはよく注意する必要があります。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、【給料現金化】給料ファクタリングの使い方を覚えておけば安心な日々を過ごせる…でした。