難しいイメージを持たれている個人輸入ですが、海外旅行でお土産を買うのも個人輸入です。メリットは円高時に安く外国の製品を買えることなどがあり、デメリットは外国語が分からないと詐欺に遭うリスクがあることです。世界中に様々な個人輸入サイトがありますが、特に中国のサイトがオススメで会員数も出品数も圧倒的です。

個人輸入で現金化はできるの?サイトを使えば海外の商品を安く買えるの?

個人輸入で現金化はできるの?サイトを使えば海外の商品を安く買えるの?

輸入と聞くと、会社が外国から部品や製品を日本国内に仕入れることを想像します。

その一方で、個人輸入という言葉もあり文字通り会社ではなく個人が外国から商品を購入する言葉です。

仮にあなたが海外旅行をして気になったお土産がありそれを購入して日本国内に持ち帰った場合にも、個人輸入になります。

人々は意識することなく個人輸入を行っているわけです。

よく見られている記事

個人輸入するなら円高のタイミングが好条件

個人輸入にはメリットがあるため、近年注目されています。

例えば海外の商品を安く買えることです。

これはいつでも安いわけではなく、円高になっているのが条件です。

例えばアメリカの製品を買う場合、1ドル100円だったものが1ドル80円になれば今まで1ドルのものを買うのに100円必要だったのに20円も安くなるので数を仕入れる際に特に向いています。

ただ為替は日々変動しますので、常に動向を注視する必要があります。

また、個人での輸入になるので購入後はすぐに食べたり使用できるのもメリットです。

そもそも個人輸入では自分で消費するために行うわけですから、仕入れ後は自分の好きなように扱えます。

その他のメリットですが、海外でしか手に入らない製品を手に入れられる点も挙げられるでしょう。

円安の時にクレジットカード現金化をすると損なの?それとも得になるの? クレジットカードによる現金化と円安や円高など為替市場に関係があるのか?

個人輸入でお金を無駄にする可能性もある

個人輸入にはメリットがある一方でデメリットもあります。

それは、輸入の際に外国語が分からなければ詐欺に遭う可能性があることです。

外国語が理解できれば、商品サイトでスムーズに買い物ができるでしょうがあまり詳しくないにもかかわらずサイトを訪問してしまうと、怪しげな商品をつかまされるだけでなくお金を支払ったのに商品が届かないことも考えられます。

実際、こういったケースに遭遇してお金を無駄にしたと後悔する日本人も少なくなくいかに外国語を理解するのが大切か、個人輸入の場面で痛感させられるのです。

日本に比べて世界中には怪しげなサイトや製品が多くまぎれているとも言われていますので、それらを見極めるだけの力がないと個人輸入は上手くいかないのかもしれません。

【現金デポジット】海外など信用問題で万が一の備えに保証金を必ず確保しておく 現金デポジットの海外など信用問題で万が一の備えに保証金を必ず確保しておく

世界的に人気のオススメ個人輸入サイト

上述の通り、危険なサイトが世界中には存在しますが何もすべてが怪しいわけではありません。

中には世界的に人気の個人輸入サイトもあるため紹介しましょう。

まずは淘宝(タオバオ)です。

ここは中国のECサイトで、個人同士で取引することになります。

会員数も5億人以上で8億点以上のアイテムが出品されています。

ただし注意点があります。

それは、輸入代行業者を利用しなければ日本国内に購入商品を持ち込めないことです。

輸入代行業者には日本人スタッフがいることも多いので、不安な人は日本人スタッフのいる業者を利用するようにしましょう。

また、アリババ1688.comもオススメです。

ここも中国のサイトですが品揃えや安さはピカイチです。

基本的に小売業者向けに作られたサイトなので個別購入はできませんが、数多く買いたいものがあればここの利用をオススメします。

このように、個人輸入をする際には中国のサイトがかなり人気なので基本的な中国語くらいは理解しておくと良いです。

個人輸入はライバルが少ないので比較的効率よくお金を作れる

今更ながら、個人輸入の特徴を解説します。

いくつかありますが、ライバルが多くはない点が挙げられます。

個人輸入はどうしても難しいと思われているため、そこまで取り組んでいる人がいないのが実情です。

今後増える可能性もありますが、比較的ニッチな取り組みなので上手くいけば大きく利益を出せるかもしれません。

また、購入した商品が手元に届くまで時間がかかるのも個人輸入の特徴です。

当たり前ですが外国のものを買えば日本に運ぶのに飛行機や船を使うことになります。

スムーズにいっても時間がかかるので、天候などが影響すれば1ヶ月近くかかることもあるでしょう。

急ぎで外国の製品が必要だ、という場合にはそう思った瞬間に購入手続きをとった方が良いです。

ただ、日本よりも価格が安いことは多いため上手く販売できれば大きな利益を出せるという特徴も覚えておきましょう。

現金化海外 安全?移住や旅行中でお金がない時でも利用できるの? クレジットカード現金化は海外移住や旅行滞在中でお金がない場合でも利用可能?

個人輸入で現金化はできるのか?

個人輸入した商品を使ってダイエットしたり、趣味に使ったりとその使い道は人それぞれです。

しかし、中には転売して現金化する人も多くなっています。

個人輸入の現金化は難しいものではなく、誰でもできます。

例えばある海外サイトで、世界的にも需要のある商品をクレジットカードで購入します。

それが手元に届いたら価格を好きなようにつけて販売すれば良いのです。

個人輸入と言いましたが、これは日本のサイトを使っても行われていることなので販売するサイトが日本か海外かの違いしか異なる点はありません。

もちろん海外のサイトなので、その国の言語を少しだけマスターしなければなりませんが、買い手が日本だけでなく世界に存在しますので場合によっては、かなりの額で売れる可能性もあります。

ただし、選んだ商品次第では輸入関税がかかることもあるので事前に確認しておかなければなりません。

関税を知らないと予定の金額が入金されないこともありますので、個人輸入の現金化では非常に大切なポイントです。

さらに、上でも触れましたが為替の影響も考える必要があります。

円高で購入し販売は円安の時に..を意識すれば利益を出せるかもしれません。

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • GENKINKA ITORI
    詳細はコチラ
  • アーク
    詳細はコチラ

以上、【個人輸入】安く手に入れて利益や為替の影響を考えながら現金化する取り組み…でした。