新電力会社間の競争は激しく、大手電力会社とのシェアの奪い合いも存在します。そのため契約乗り換えの特典としてキャッシュバックやギフト券を用意するケースが増えていて、現金化手段として密かに注目を集めつつあります。場合によっては全くデメリットが発生しないのも特徴です。ただし、現金化が可能といっても内容に特徴があるため、事前の確認が大切になっているのです。

新電力会社の各種キャンペーンを利用すればお得に現金化を目指せるケース

新電力会社は大手電力会社の送電網を利用し、電力の小売りを行う電力会社になります。

電力事業への参入障壁をなくし、電力価格の自由化を目指すために法改正がおこなわれ、様々な業者が新電力会社として参入しています。

ガス事業でエネルギー産業の基盤を築いていた企業や、メガソーラーなどの設備投資を行っていた企業も珍しくなく、価格やサービスの競争が発生しているのです。

また、電力会社の乗り換えによってキャッシュバックやギフト券が貰えるなど、特典を設けるケースも増えています。

新電力会社の乗り換えで現金化が可能になる

大手電力会社と新電力会社はそれぞれサービスや電力価格を競う関係にあり、シェアの奪い合いが生じています。

一般的には新電力会社の方が電力価格が安くなるケースが多いものの、契約の変更などの手続きが面倒だからと放置している人も多いのが現実です。

メリットなども良く分からないため、そもそも調べていないような人も珍しくありません。

そのため一部新電力会社は電力料金以外で、わかりやすく乗り換えの魅力をアピールするキャンペーンなどを開催するようになっています。

最もわかりやすいのがキャッシュバックの発生です。

導入している新電力会社は少ないものの、現金が返ってくるというわかりやすさは大きな魅力です。

また、ギフト券などをプレゼントするキャンペーンを開催するケースもあります。

ギフト券も利便性が高く、ものによっては金券ショップで高額で買取を目指せるというメリットがあります。

新電力会社の乗り換えキャンペーンを使えば、現金化ができる時代がやってきたのです。

スピードワン現金化はコチラ

新電力会社を使った現金化のメリットはすぐにお金が必要にならないこと

新電力会社への乗り換えを使った現金化のメリットは、すぐにお金が必要とされないことです。

多くの現金化手段はクレジットカードでものを購入し、どこかに買い取ってもらうなどクレジットカードがあることが前提になります。

かつては携帯電話の乗り換えも現金化の手段になっていましたが、キャッシュバックなどの過熱などが問題視されて現在は非常に効率が悪くなっています。

新電力会社はまだキャッシュバックなどの規制があまりされていない分野であり、ギフト券のプレゼントなどでバランスをとることも簡単です。

電力契約の切り替えに伴ってすぐにお金が発生することはほとんどなく、手続き開始時の経済的な負担がほとんどないのが魅力となっています。

また、電力会社の電気料金が安ければ、そのまま電気代の節約にもつながるのも魅力です。

お金の負担が少ないどころか、メリットしかない現金化手段になりえます。

そのため、新しい現金化手段として注目されていく可能性もあります。

新電力会社を使った現金化のデメリットは換金が遅いこと

新電力会社を使った現金化は新しいジャンルであり、場合によってはメリットしか生まない場合もあります。

ただし、しっかりとしたデメリットも存在します。

それは現金化までに時間がかかることです。

キャッシュバックが発生して振り込みがおこなわれる、ギフト券が送られてくるのは契約がすんでからになります。

既存電力会社からの変更手続き自体手間がかかるケースも存在し、すぐに切り替えが行われない場合もあります。

書類の準備も必要になるため、今すぐ現金が欲しい人には向かない現金化手段になっているのです。

また、キャッシュバックを受け取ってすぐに別の電力会社に乗り換えができないように、キャッシュバックが受け取れるのは数ヶ月先などに設定されているケースもあります。

現金化が可能でもいつキャッシュバックを受け取れるか、ギフト券を現金に換えられるかはしっかりチェックしたいポイントです。

換金が遅くなるケースが多いことには注意が必要です。

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

新電力会社の乗り換えは契約期間の縛りなどもチェックしたいポイント

現金化目的で新電力会社への乗り換えを行う場合は、他にもチェックしたいポイントがあります。

すでに新電力会社に乗り換えを済ませている場合は、契約期間の縛りなどがないかをチェックした方が良いのです。

かつて携帯電話の2年縛りなどが問題視されたように、割引や特典とセットで長期契約が前提になっていないかは確認する必要があります。

契約に違反がある場合は解約時に手数料が発生することや、用意されていた特典が受け取れなくなることがあり得ます。

〇ヶ月の継続契約で特典が貰えるという電力会社も存在するため、乗り換えのタイミングはしっかりと確認するべきです。

独自のポイントがたまる新電力会社も珍しくないため、契約を変えるのであればポイントを使い切ってからなど契約状況と相談することも大切なのです。

見落としがあると解約時の負担が重くなってしまったり、受け取れるサービスが受け取れなくなる可能性に注意が必要です。

新電力会社を利用した現金化は慎重に考えた方が良い

新電力会社を使った現金化は今後注目されるかもしれないジャンルと言えますが、注意点も多くあります。

新電力乗り換えで現金化に成功しても受け取りには時間がかかることが多く、電気料金が上がっては損になる可能性もあります。

新電力会社間の乗り換えであればなおさらで、目先のキャッシュバックなどのキャンペーンよりも電気料金をチェックするのがおすすめです。

現金化はあくまでおまけ程度に考えた方が良く、スピードを重視するのであれば他の現金化を視野にいれた方が現実的です。

書類の手続きや確認に時間がかかるケースもあるため、乗り換え自体が簡単にできる新電力会社になっているかもチェックしたいポイントになります。

Webでほとんどの手続きを終わらせられるケースもあるため、事前に確認するのがおすすめです。

また、キャッシュバックやギフト券目当てで次々と契約を変えると損になるように、事前に対策を行っている新電力会社も存在します。

確認漏れで損をしないように、他の現金化手段や、純粋な電力料金を比較する姿勢も重要と言えます。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、新電力会社の契約乗り換えで純粋な電力料金を比較しながらお得になる謎とは?…でした。