ネット上での取引や、ちょっとしたネットならではの特徴を使った現金化は、使い方によっては便利に利用ができます。また24時間眠ることのないネットでの取引など、現金化が手軽にできそうですね。いい事ずくめのネット上での現金化や取引のように見えるがその真意とは!?

ネット上の現金化できる取引で本当に現金が簡単に入手できるか検証

ネット上の現金化できる取引で本当に現金が簡単に入手できるか検証

昔の取引といえば、普通の買い物から何から現実での取引でした。

でも今では、オンライン上での取引で済むケースも多くなっています。

と言うよりも、買い物も取引もネット上で売り買いが可能になっているのです。

そのネット上での売り買い、持っているものの現金化ということについて解説していきましょう。

ネット証券での現金化

株式の売買も、今ではオンラインでできるようになっています。

ネット専門の証券会社も本当に数が多くなりました。

もちろん株の売り買いには、お金が必須ですから、証券会社の口座に入金して株などの売買を行うわけです。

証券会社の口座には、自分で入金したお金だけでなく、株の配当金なども入ってきます。

これを出金する方法についての知識、一応掴んでおきたいですね。

配当金自体は株の発行会社から直接という手段もありますが、証券会社の口座への振り込みが面倒ありません。

貯めておいて別の株を購入する資金にしたりもできます。

でも現金にしたい場合、これを出金して現金にするためには、直接というわけには行きません。

ネット専業証券会社の場合は、契約銀行への振り込みの形を取ることになります。

証券会社に入金するために使う銀行口座へ、出金してもらうことになるのです。

少し手間と時間がかかりますが、長期で取引予定の人には便利に利用できる方法です。

ネット銀行での現金化

銀行も今では、別途専業の銀行も増えてきました。

もちろん普通の昔からある銀行も、ネットでの取引を行っています。

しかしネット専業銀行の場合、ネットでの取引の多い人は非常に便利に使えますね。

すべてオンラインで処理ができるので、本当に手軽に使えます。

もちろん給料の振込先にしている人も、少なくないでしょう。

特に買い物はキャッシュレスなどという人には、その点でも使い勝手がいいネット銀行です。

でも時には、手元に現金が必要なことだってあります。

普通の銀行なら考えるまでもなく、店舗に行って現金を引き出したりします。

でもネット銀行でそうなった場合、ネット銀行からの出金の仕方も知っておかないと、手数料などで損することもあるので注意しましょう。

殆どのネット専業銀行の場合、提携している銀行のATMとかコンビニのATMでの入出金ができます。

ただネット銀行によって使用できるATMが違ったり、出金する時の手数料なども変わってきますので、口座を作る時に最も便利に使える銀行を選んで下さい。

特に現金を下ろす予定が結構あると言う人の場合、出金手数料の金額や無料で出金できる回数なども調べておきましょう。

ネット決済での現金化

ネット決済というもの、これ色々ありますが特にクレジットカードの場合決済を利用しても現金入手が可能です。

クレジットカードの現金化という業者がいますが、これはネット決済を利用して利用者に現金を提供する業者なのです。

ネット上で品物の取引をして、購入した品物のキャッシュバックを渡すという形で、現金化をするのですね。

全てがネット上で行われるので、実際に買い物をする必要もなく、クレジットカード決済をオンラインで利用して、キャッシュバックとしての現金を受け取るわけです。

ネット上での取引だからこそ、こうした現金化が可能なのです。

顔を合わすこともなく、オンライン上での取引のみで現金化ができるという、ネット社会の落とし子のようなシステムと言っていいでしょう。

ネット通販で現金化

買い物もネット通販で、と言う人は増えてきました。

普通に買い物できる例えば普段の食料品なども、ネット通販で買うという人も、かなり今では多いのです。

ネット通販の魅力は何よりも商品が豊富だということと、自分で持ち帰ることなしに購入した商品を届けてもらうことができる、という点です。

またネット通販の場合、支払いも魅力的なのですね。

商品が届いてから振り込みとか、クレジットカードの利用でとか、手元に現金がなくても買い物ができるのです。

このクレジットカードでのネット通販での買い物、これが現金化が可能な手段にもなります。

ブランド品などをクレジットカードでネット通販上で購入してリアル店舗で転売、現金を手に入れる方法です。

カードの支払は後日なので、現金が急に必要になったけど手元にないなどの時に利用できる方法です。

ネット通販だと特に、顔を合わせずに商品が購入できますので、何気に安心感もあるわけです。

安心&安全のおすすめ現金化
スピードペイ現金化はコチラ

ネットで株の現金化

ネット証券で株を購入して、その株が運よく値上がればそれを売って、少し儲けが出たとニンマリすることもあります。

反対に、どうも値下がりしそうだからと、早めに売ってしまって現金に戻したほうが、と思うことだってあります。

単にお金が必要になったからと、株を売りたくなるときだってあります。

ネット専業の証券会社の場合、こうした株を現金にする方法とはどんなものでしょう。

もちろん他の人に売れば、現金となって証券会社の口座に入金されます。

ネットでの株の売買は、証券会社の中で行われます。

指値をつけるとか、成り行きでとか条件をつけて売りに出すわけです。

ネット上ですので、24時間売買は行われます。

買い手が決まって取引が約定すれば、取引値通りの金額が証券会社の口座に入ってくるわけです。

後はそれを、証券会社の入金に使っている銀行への振り込み手続き作業をするだけです。

銀行への入金は、場合によって多少時間がかかるので、急いで現金化したい時にはその点には注意をして下さい。

スペシャルクレジット現金化はコチラ

ネットでの現金化まとめ

ネット世界というのは、いわゆるリアルではありません。

オンラインという、顔も見えない場所での交流や交渉、取引になるわけです。

なのでそれが便利に働いて、普通なら現金になるようなことが不可能なはずのものが、現金化可能になったりもするのです。

それとは逆に、オンライン上での取引は素早く便利にできたとしても、実際に現金が手元に来るまでには多少の時間と手間がかかることも、無いではないのです。

また顔を合わせての取引、いわゆる担当者などが不在なので、その点が不安という人もいるでしょう。

そうしたメリットやデメリットが、ネット上での現金化や取引にはついて回ります。

ネットで24時間365日、取引や交渉事や現金化が可能なことは本当に便利です。
ネット社会というのは、便利の一言に付きます。

ただそこに、デメリットや不便さも見え隠れしているのも、見逃さないで下さいね。

2021年クレカ現金化人気業者3選

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ