マルチハビテーションとは都会と田舎に自宅を持って暮らすライフスタイルです。週末と平日で住み分けるのが一般的で、地方の過疎化への対策として推進されています。マルチハビテーションは生活を豊かにする方法として魅力がありますが、二重生活をすると住居費も生活費も上がるので現金の問題が発生しがちです。困ったときには現金化を使ってお金を工面して対策していきましょう。

マルチハビテーションで週末と平日で住み分ける都会と田舎の二重暮らしを満喫!

マルチハビテーションで週末と平日で住み分ける都会と田舎の二重暮らしを満喫!

マルチハビテーションとは複数の場所に住むことを一般的に指します。

ライフスタイルの多様化が進み、マルチハビテーションがよく話題に上るようになりました。

マルチハビテーションは魅力的だと聞いて興味を持っている人もいるでしょう。

ただ、現金問題が発生するのではないかと懸念している人もいるはずです。

ここではマルチハビテーションの詳しい内容と現金の問題や解決策としての現金化について紹介します。

マルチハビテーションの2つのライフスタイル

マルチハビテーションは日本では都会と田舎の2か所に家を持って行き来しながら二重生活をするスタイルを主に指します。

都会の生活しやすさや仕事しやすさと、田舎の落ち着いていてのんびりした自然に親しめる環境を両方生かすライフスタイルとして注目されています。

都会と都会、田舎と田舎といった組み合わせも広い意味ではマルチハビテーションに含まれます。

しかし、一般的にマルチハビテーションと言うときには都会と田舎の大きな違いを楽しむスタイルを指すため、都会同士などの組み合わせではマルチハビテーションと呼ばない傾向があります。

マルチハビテーションには大きく2つのライフスタイルがあります。

最も一般的なのは平日は都会に住んで仕事をして便利な生活を楽しみ、週末は都会の喧騒から離れて田舎で過ごすというスタイルです。

もう1つ住み方は逆のパターンで、平日は田舎で農業や漁業などをしながら自然の中で暮らし、週末は都会に出て消費社会でショッピングやサークル活動などを楽しむ方法です。

【ニューノーマル】現金化の新しい常態が生まれ変わろうとしている ニューノーマルとはいったい何?!新時代テレワーク社会を生き抜くために必要なこと

マルチハビテーションが広まってきた背景

マルチハビテーションが日本で広まってきた背景にはライフスタイルの多様化と地方の過疎化があります。

ライフスタイルが多様化し、さまざまな住み方を考慮して最も生活を豊かにできるようにしたいという人が増えています。

都会暮らしにも田舎暮らしにも興味があるという人も多くなりました!

都会で長く生活をしていると便利な暮らしから抜け出せないという気持ちもあるものの、田舎でのんびりしたい、都会のストレスから解放されたいという気持ちもあって悩んでしまうことがよくあります。

この際にマルチハビテーションによって両方に家を持ち、定期的に行き来して両方の暮らしを楽しむスタイルが選ばれています。

また、地方の過疎化が進んでいるのが地方経済を困難にしたり、介護や医療の問題を引き起こしたりする原因になっています。

マルチハビテーションによって地方に住む人を増やそうという意図もあって推進されています。

安心&安全のオススメ現金化
タイムリー現金化はコチラ

マルチハビテーションで生活するときの現金の問題

マルチハビテーションで生活をするにはどうしても現金の問題が付きまといます。

二つの家を離れた場所に構えるにはお金が必要です。

都会で持ち家生活をしている人が田舎に別荘を買ってマルチハビテーションをするのが典型的なスタイルで、別荘の購入時にローンを組む場合がほとんどです。

都会の持ち家のローンも残っている状態で合わせて借りるケースも多く、毎月の返済額が大きくなってしまいます。

さらに往復の交通費が毎週かかり、別荘で生活するために家具や家電も用意しなければなりません。

食材もそれぞれで準備するのが大変で、週末は外食で済ませるという場合もあります。

このように出費がかさむのがマルチハビテーションの注意点です。

特にローンの返済や新しい住居での水道光熱費、一部の交通費などは現金でしか払えません。

クレジットカードで払えれば手持ちがなくても大丈夫ですが、キャッシュレス決済に何でも対応しているわけではないので気を付けましょう。

地産地消で地元で完結する狭い経済圏を確立させ食料自給率をアップさせる 地産地消で地元で完結する狭い経済圏を確立させ食料自給率をアップさせる

マルチハビテーションではいざというときには現金化

マルチハビテーションで現金がなくて支払えないというときには現金化サービスで乗り越えましょう。

現金化サービスとは、キャッシュレス決済や不要品などを使って現金をすぐに手に入れられるサービスです。

例えば、クレジットカードのショッピング枠、キャリア決済、商品券などを使って取引をすると、簡単な手続きで銀行口座に現金を振り込んでもらえます。

クレジットカードやキャリア決済の利用料金の支払いをしたり、現金化に使用した商品券を業者に送付したりする必要はありますが、後払いする形で現金をすぐに手元に入れられるのが特徴です。

住宅ローンや水道光熱費の支払いなどに使える用途が自由の現金が手に入るので、いざというときには現金化をして対策しましょう。

地域の現金化は限定で発行されたクーポンや商品券は現金化可能?禁止事項? 地域の現金化は限定で発行されたクーポンや商品券は現金化可能?禁止事項?

マルチハビテーションで役に立つ現金化のまとめ

マルチハビテーションによって都会と田舎の両方で暮らすライフスタイルは両方の良いところをうまく取り入れて生活を豊かにできる魅力があります。

しかし、2つの家を持って管理しなければならないため、資金負担は大きくなる点には注意が必要です。

現金がなければ払えないという場合もあるので、いざというときの対処方法を知っておいた方が良いでしょう。

現金化サービスはすぐに現金を手に入れられる魅力的なサービスです。

マルチハビテーションをしていてローンを返済できないといった場合にも、クレジットカードやキャリア決済などを使って即日で現金を手に入れられます。

すぐに現金での支払いが必要になって困ることはあり得るので、マルチハビテーションを始めるときには現金化の活用によって解決できることを覚えておきましょう。

以上、【マルチハビテーション】都会と田舎を行き来しながら二重生活を楽しむ…でした。