ギグワーカーはウーバーイーツのように、会社と直接雇用契約を結ぶことなく単発の仕事を請け負う人のことを言います。雇用不安やデリバリー業界の隆盛などを背景に注目されるようになりました。時間に縛られずに働ける店や副収入を見込めるなどのメリットがある一方で、収入が不安定、すべて自己責任などのデメリットもあります。

ギグワーカーが急増中!好きな時間に好きな仕事をしてお金を稼ぐ生活とは

ギグワーカーが急増中!好きな時間に好きな仕事をしてお金を稼ぐ生活とは

働いてお金を稼ぐには、これまでは会社に行くのが当たり前と言われていました。

しかし近年、インターネットで何でもできるようになると働き方も変化してオンライン上で仕事をしてお金を稼げるようになったのです。

そこで注目されるようになったのが、ギグワーカーです。

ギグワーカーとはインターネット上で単発の仕事を請け負う人のことで、独立業務請負人とも呼ばれます。

ギグワーカーはどういう仕事を請け負えるのか?

オンライン上で単発の仕事を請け負うのがギグワーカーですが、実際には働ける仕事はある程度決まっています。

会社に行かなくても良いので結構幅広いものがありますが、最近ではウーバーイーツが代表的でしょう。

配達員として働くことになりますが、ウーバーイーツ側が直接的に配達員を雇うわけではなく1回仕事をこなすごとに報酬をもらうことができます。

その他には記事のライティングた家事代行、オンラインレッスンや翻訳の仕事もギグワーカーと言えるでしょう。

どれも単発で自宅などオンライン環境が整っている場所であればできる仕事なのです。

ちなみに報酬はそれぞれの仕事で決まってはいるのですが、翻訳やオンラインレッスンなど専門的な能力や知識を必要とするものの方が高くなると言われています。

ある人の話では、パソコンでする簡単な作業よりもライティングの方が報酬が良いためそちらを専門に請け負うようになったというケースもあります。

スポットワーカーなら短い時間を有効活用して現金収入を得る新しい仕事スタイル スポットワーカーなら短い時間を有効活用して現金収入を得る新しい仕事スタイル

正社員でもないギグワーカーがなぜ注目されているのか?

そもそもこういった働き方が注目されるようになったのはなぜなのでしょうか。

それにはいくつかの背景があります。

まずは雇用への不安が大きくなったことです。

特に新型コロナウイルスの影響で仕事を失うかもしれない、正社員として採用されるか分からないなどの不安が人々の間に生まれたことでそれならば専門知識を活かしたギグワーカーとしてお金を稼ごう、となるわけです。

また、ウーバーイーツのようなデリバリー業界が拡大しているのも背景の一つです。

ウーバーイーツの他にも出前館やウォルトなども人気で、実際に配達員として生計を立てている人も少なくありません。

わずかな時間外出をするだけでも配達員の姿を見かけるようになっていますので、今後より一層フードデリバリー業界が活況を呈するようになるのではないかと思います。

デリバリー会社と配達希望者とのマッチング環境も整備されつつありますので、誰でも気軽に登録できるのも時間の問題でしょう。

【ウーバーイーツ現金化】興味を持った配達員の仕事でお金がザクザク入る ウーバーイーツ現金化は配達員の最も稼げるマネースタイルだった!

ギグワーカーは柔軟に働ける自分好みの労働時間を作ることができる

ギグワーカーには次のようなメリットがあります。

例えば柔軟に働けるという点です。

好きな時に仕事を請け負えば良いので、早朝から深夜まで時間を選ばずに働くことができます。

しかも自身の専門知識を活かせますので、報酬からどの仕事を選ぼうか柔軟に立ち回ることもできるのです。

副業として収入を見込めるのもメリットでしょう。

本業をする傍ら、土日祝日にも働きたいという人はギグワーカーとして働いています。

報酬こそそこまで期待できないかもしれませんが、何もしないよりは明らかに稼げますので副収入を得られるのです。

こうすることで自分の新たな才能や興味に気が付き、ギグワーカーとしての幅を広げ様々な仕事を請け負うようになった人も多くいます。

ギグワーカーは雇用契約がないので働かないと報酬ゼロになる

ギグワーカーにはデメリットもありますので確認しましょう。

例えば収入が安定しないことです。

確かに副収入が見込めるなどのメリットもありますが、その反面ギグワーカーとして生計を立てている人にとっては請け負う仕事がないと収入が安定しなくなります。

基本的には働いた分だけ報酬をもらえるのがギグワーカーですので、仕事がないだけでなく病気などを理由に働けなくなると、収入ゼロの可能性も出てくるのです。

また、仕事に関するすべての責任を自身が背負わなければならないのもデメリットです。

会社と雇用契約を結べば問題ないのですが、ギグワーカーは雇用契約を結ぶわけではありません。

ウーバーイーツを例にすると、仮に配達中に事故などに遭っても会社は責任を取ってくれないのです。

何があっても自分自身で解決することを求められますので、報酬以上の費用がかかることもあります。

ノマドワーカーの自由な放牧な感じで組織に属さずに仕事を請け負う金稼ぎ ノマドワーカーの自由な放牧な感じで組織に属さずに仕事を請け負う金稼ぎ

ギグワーカー報酬をすぐに現金化は可能なのか?

きちんと働けば仕事によって違うものの報酬をもらうことができます。

しかし振込まで時間がかかるため、お金が必要な時にお金を手にできなくて不便だと感じる人もいるでしょう。

そこでおすすめなのが、ナゲットペイです。

これはギグワーカー向けの即日先払いサービスのことで、報酬をすぐに現金化できるものです。

サービス運用が始まったばかりなのでまだまだ評価は固まっていませんが、ギグワーカーにはかなり注目されているプラットフォームです。

公式サイトにアクセスして新規会員登録をするだけで使えるようになるので、ギグワーカーをやろうか迷っている人は、ナゲットペイのような即日振込サービスを使うことをおすすめします。

ただ、これには良い点ばかりではなく手数料として換金額の10%差し引かれてしまうというデメリットもあります。

すぐにでもお金が欲しいという人は利用するべきでしょうが、そうでない人は報酬振込日まで待った方が損をしないので良いかもしれません。

  • スピードペイ
    詳細はコチラ
  • 現金化堂
    詳細はコチラ
  • ラストチェンジ
    詳細はコチラ

以上、【ギグワーカー】自分好みのワークスタイルを確立する理由を徹底解明!…でした。