人生100年時代は人の一生が100年に到達する時代になったことを指している言葉です。人生100年時代を生きるにはお金とスキルが必要な要素です。老後になっても暮らせる資金を獲得するにはスキルが重要ですが、結局は現金がなければ生きていくことはできません。困ったときの資金調達の方法として現金化を知っていると役に立ちます。

人生100年時代は老後が問題?それ以前からある資金の問題と対策を紹介!

https://no1credit.com/genkinka/topics/100years/

人生100年時代とはどのような時代なのでしょうか?

人生100年時代という言葉自体はLIFE SHIFTという本の中で紹介されましたが、日本では2017年からキーワードとしていろいろなシーンで登場するようになっています。

平たく言えば、人生100年時代は人の寿命が100年あるのが当然と捉える時代になっていることを示しています。

このような時代になったことで人はどのような点を考えながら生きていく必要があるのでしょうか。

人生100年時代構想会議とは

日本では人生100年時代を早い段階から迎えました。

長寿国として知られる日本は世界でもいち早く人生100年時代に入るのは明らかでしょう。

厚生労働省はこれを由々しき問題として捉えて、人生100年時代構想会議を設置しました。

人生100年時代構想会議は雇用や労働に関する政策を主に検討するための会議で、2017年から継続的に議論が交わされています。

日本では2007年に生まれた子供の半数が107歳よりも長く生きるという研究結果もあります。

そのため、子供の教育から考えて人生を豊かに過ごせるようにするにはどうすべきかを検討しているのが人生100年時代構想会議です。

具体的には幼児教育の無料対応や待機児童対策、介護に携わる労働者の確保や待遇の改善、高齢者の再雇用の推進などをおこなっています。

他にもリカレント教育の推進をして、年齢を問わずに人材開発を進める方針も立てて取り組みを進めています。

どんなときもクレジット現金化はコチラ

人生100年時代に必要な2つの要素

人生100年時代を生きていくうえでは重要な要素が2つあります。

1つは生きていくためのお金です。

若いうちは働いて稼げるかもしれませんが、会社や公的機関などで働いている場合には60歳で定年を迎えてしまい、収入が減ることは否めません。

老後になっても働けるように高齢者雇用が促進されるようになったとはいえ、定年前に比べると収入が減ることは避けられないでしょう。

人生100年時代になると20歳から働き始めて60歳までの40年間働いた後、100歳までの40年間を生きていく必要があります。

そのくらいの十分な資金を若いうちに手に入れなければならない時代になっています。

もう1つは働いて稼ぐためのスキルです。

スキルが高くて活躍している人ほど収入も高くなる傾向があります。

やりがいのある仕事を的確にこなせるスキルを開発することが効率的に稼ぐことにつながるでしょう。

人生100年時代ではスキルを重視して自分を開発する必要が生じています。

人生100年時代における老後資金の課題

人生100年時代には老後資金の課題があります。

老後に働けなくなる、収入が減るという問題に加えて、出費が増えることも否めません。

高齢者になると高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなります。

免疫による抵抗力も低下するため、風邪やインフルエンザなどの感染症に罹患しやすくなることは否めません。

医療費がかさんでしまい、生活が苦しくなるケースはしばしばあります。

また、心身の機能の低下によって介護が必要になることも多く、介護保険を適用してもかなりの出費を強いられることになるのが一般的です。

人生100年時代には高齢者になってから資金面が厳しくなりやすいのが注意点です。

特に年金が支払われるかどうかがわからないという議論もあるため、老後に向けて十分な資金準備をしておかなければならないでしょう。

老後に限らない人生100年時代の資金問題

人生100年時代の資金問題は実は老後に限ったことではありません。

若いうちにもお金が不足してしまって困ることは多々あります。

スキルがあって高い年収で働ける人ばかりではないからです。

日本では学歴や職歴によって収入が左右されることが多く、中卒や高卒の人などは大卒の人と比べると平均年収が低くなっています。
また、同じ大卒でもどの大学を出たか、どの学部で学んだかによって年収にも大きな差が生じます。

もちろん、その後の本人の努力や運によって年収を引き上げられるケースもありますが、日々の生活が苦しい状況に陥ることも稀ではありません。

そのような中で老後の資金対策もしなければならないことから、人生100年時代の資金問題はかなり厳しいと言わざるを得ないでしょう。

厚生労働省が人生100年時代構想会議でリカレント教育を重視しているのも、資金問題を解決する目的があります。

安心&安全のおすすめ現金化
スペシャルクレジット現金化はコチラ

人生100年時代では現金化が重要

人生100年時代で生きていくためには結局は現金が必要です。

資本主義社会が続いている限りは衣食住を整えるのにお金がなければならないからです。

人生100年時代になってもその点には違いがないので、いかにして現金を確保するかを考えて生きていくのが重要でしょう。

困ったときの現金調達の方法を知っているだけで人生を豊かにできます。

突然家族が病気になってお金が必要になったときに、どのような方法で現金を手に入れられるでしょうか。

カードローンなどを利用してお金を借りることもできますが、返済できなくなると自己破産をしなければならないかもしれません。

そのリスクを回避できる方法として現金化は効果的な方法です。

手数料などがかかることが多いですが、すぐに現金を手に入れることができるのが現金化の魅力です。

後払いで期日までに支払えば良いシステムになっているため、借金と違って気軽に利用できます。

人生100年時代を生きるのに役立つサービスなので検討してみましょう。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

以上、人生100年の時代を生きる構想会議から学んだ生きるのに役立つサービスとは…でした。