日本で発行されるクレジットカードのほとんどを占めるプラスチックカードの特徴やメリット・デメリットについて解説しています。最近増えてきているデジタルタイプのクレジットカードと比べてどちらが現金化に向いているのか確認できる内容です。プラスチックカードを選んだほうが満足できる人のタイプについても詳しく解説します。

プラスチックカードは情報漏洩リスクが少なく幅広い商材を扱うセルフ現金化が可能

プラスチックカードは情報漏洩リスクが少なく幅広い商材を扱うセルフ現金化が可能

プラスチックカードはクレジットカードの種類のひとつです。

プラスチックでできたカードで、内部にICチップが搭載されているものがほとんどです。

以前のクレジットカードは磁気ストライプに重要なセキュリティ情報を保存していたため、スキミングに対して脆弱なところがありましたが、ICチップを利用することで情報漏洩のリスクは極めて低くなっています。

プラスチックカードに用いられる材質は硬質塩化ビニールです。

水にぬれても平気なため雨天時に外で利用できます。

プラスチック以外にはチタンが使われた金属製のクレジットカードもあります。

金属製のため独特の高級感あるテクスチャとなっています。

材質が違っても基本的な機能はプラスチックカードと同じです。

材質によってクレジットカード現金化がしにくくなることはありません!

プラスチックカードはサービスを利用できる店舗が多い

プラスチックカードを利用するメリットはあらゆる店舗やネットショッピングで支払いに使えることです。

昔から使われている形式なので、全国各地で利用できるでしょう。

クレジットカードを使ったセルフ現金化をしている人は幅広い商材を扱ったほうが換金率を高く維持できる可能性が高くなります。

その時々で需要の高い商材を見つけ、現金化に利用するなら、利用できる店舗やサービスが多いプラスチックカードは活躍してくれます。

プラチナカードのメリットは他にもあります。

現金化業者を利用する場合、クレジットカードの提示を求められることがあり、この際にプラスチックカードならスムーズに手続きができます。

安心&安全のオススメ現金化
タイムリー現金化はコチラ

プラスチックカードは知らぬ間に悪用される可能性がある

プラスチックカードのデメリットは悪用される可能性があることです。

カードにクレジットカード番号やセキュリティ番号が記載されているために、それを悪意ある者に記録されてネットショッピングで悪用されるリスクがあります。

他にもスキミングされてカードを複製され、そのカードで買い物やキャッシングされる被害が考えられます。

ICチップはスキミングに対して強いですが、それでも完璧ではありません!

スキミングの他にもカードを盗まれて使われてしまう危険性もあります。

最近はカードにクレジットカード番号やセキュリティ番号が記載されていないタイプのプラスチックカードもありますが、現金化では本人のカードか確認できないために使えないケースもあるようです。

スキミング被害 スキマーを防ぐためにも絶対に泣き寝入りをしない! クレジットカードのスキミング被害でスキマーを防ぐため絶対に泣き寝入りはしない!

プラスチックカードとデジタルカードどちらが現金化に有利か?

スマートホンが普及して、従来のプラスチックカードの代わりにデジタルカード型のクレジットカードを使う人が増えています。

デジタルカードはスマホアプリから利用するタイプのクレジットカードで、利便性が上がっているため好んで使っている人もいます。

このデジタルカードとプラスチックカードではどちらが現金化に向いているのか気になる人も多いでしょう。

原則的にプラスチックカードが使えるお店ではデジタルカードも利用できるため、現金化には違いが無いように思えます。

しかし、業者を使って現金化する場合はデジタルカードに慣れていないところもあるので、利用を断られることもあるでしょう。

現時点においてはデジタルカードよりもプラスチックカードで現金化するのがオススメです。

プラスチックカードで可能な現金化の手法はあるのでしょうか?

プラスチックカードなら現時点で考えられるほぼ全ての現金化手法を利用できます。

初心者でも手軽にできて、申し込んだその日に現金が手に入るネットのクレジットカード現金化業者を使った方法はもちろん、換金率の高いAmazonギフト券を使った手法も利用できます。

この2つの手法が使えればクレジットカード現金化で困ることはほぼ無いでしょう。

換金率が不満ならセルフ現金化に挑戦することもできます。

プラスチックカードは全国各地の店舗で支払いに使えるため、商材の選択肢は圧倒的です。

あらゆる商材を使って現金化できるようになれば、特定の手法にこだわるよりも低いリスクでクレジットカードを使った資金調達ができるでしょう。

amazonギフト券現金化 買取店舗おすすめランキングの口コミ評判 amazonギフト券現金化おすすめ人気店舗の即日換金方法やり方や仕組み流れ

プラスチックカード使用でセルフ現金化をする人がオススメ

プラスチックカードを使ったクレジットカード現金化がオススメなのはセルフ現金化をする人です。

扱う商材が増える傾向があるセルフ現金化は、利用できる店舗が多いプラスチックカードのほうが便利です。

デジタルカードだと、実際は使えるのに店員が扱い方を知らないケースもあるため手間取ります。

スマートフォンの使い方がよく分からない方にもプラスチックカードはオススメです。

デジタルカードは申し込んだらすぐに使えるようになりますが、スマートフォンのアプリに慣れていないと使いこなせない危険性があります。

会計で店員に使い方の説明を受けても分からない人が少なくありません。

デジタルデバイスに詳しくないならプラスチックカードが一番です!

プラスチックカードの現金化はどんどん広まっていく

一般的なクレジットカードはプラスチックカードなので、ほとんどの人は自分がプラスチックカードを使っていると意識することはありません。

しかし、最近はデジタルカードも増えてきたので、現金化するうえで、それぞれのメリットとデメリットは把握しておくべきでしょう。

プラスチックカードは国内外の幅広いショップで利用できるので、セルフ現金化に強いです。

より高い次元でクレジットカード現金化をしたいならプラスチックカードは1枚持っておきましょう!

使い方が簡単なところも魅力です。

デジタルカードは紛失や盗難の心配が無いところが大きな利点です。

スマートフォンさえあれば使えるので、極端な話、人によっては財布が要らなくなります。

スキミングなどクレジットカード絡みのトラブルを未然に防ぎながら現金化するならデジタルカードもいいでしょう。

番号のないナンバーレスカードが安全セキュリティ面でも優れている 番号のないナンバーレスカードが安全セキュリティ面でも優れている

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

以上、【プラスチックカード】財布代わりに使える利便性があるセルフ現金化もできる…でした。