急にお金が必要になったとき、給料前借りという方法があります。働いた分の給料をもらう権利ですので、誰でもすることはできますが、会社との条件も守る必要があります。会社にはお金に困っているという印象を持たれることになりますので、自分のイメージを気にする場合、注意したほうが良いです。会社に申請の流れができてない場合、すぐには難しいこともあります。

給料前借りできる理由と会社へ個人の書類があれば違法にならないのですか?

給料前借り

給料前借りとは、自分の働いた分の給料を給料日前にもらうことです。

次の給料日に入ってくる予定の金額がそのままもらえるわけではありませんので注意が必要です。

あくまで自分の働いた分のみの給料になりますので、日給×働いた日数の金額がもらえることになります。

お金に困っているとき、自分の働いた分の給料をもらうだけですので、何ら違法なことでもありません。

コチラも読んでください

給料前借りは認められた権利

給料前借りは労働基準法で認められた権利です。

労働基準法で、労働者と雇用者のそれぞれの権利が守られるようになっていて、給料もその一部になります。

会社はこの法律を守る必要があり、安易に突っぱねることもできません。

断られることを危惧して申請しないより、給料前借りをしたいときはまずは相談という形でしてみてもよいです。

ただ、労働基準法で認められた給料前借りの条件は、結婚、出産、病気、災害、死亡、親が病気になったときなどの帰省と決められています。

認められているのはこの条件のみなので、自分の娯楽のためのお金が欲しいときなどは適用はできません。

しかしながら、お金がどうしても必要な時これらの条件に必ずしも当てはまるわけではありません。

子どもの学校関係や上記の理由でお金がなくなったため公共料金が払えないなど事情があるとき、会社側が事情を汲み取り、給料前借りを許可してくれる場合もあります。

シングルマザーや頼る身内も近くにいないとき、会社がその事情を知っていて、給料前借りの申請が通ることもあります。

【主婦現金化】パート専業主婦シンママの家計を助けるカード使い過ぎは要注意 家計の足しにシングルマザーやパート主婦など女性たちの頼み綱は現金化

給料前借りを申請しても時間がかかることがある

給料前借りという方法はお金に困っている人でないと、利用することはあまりありません。

そのため会社に前例がないと、申請しても実際にお金が手元に届くまで時間がかかることがあります。

中小企業なら社長と直属の上司、経理まで一つの事務所の中にいつもいて、申請すればすぐに動いてくれることもありますが、大企業になるとそれが難しくなってきます。

前例がなければ社長に話しを通すのに時間がかかり、部長の許可を得て、直属の上司の指示を受け、経理の実務を待ってからの入金になったり時間を有します。

また書類が発生するようになるとさらに時間がかかることもあり、実印をもらったり書類を作成する手間がかかったり、実際にお金が手元にくるまで実務処理の時間もかかります。

そのため、給料前借りは何か事情があって繰り返しおこなっていない場合、現実的でない部分もあります。

お金が欲しいと思ってから、お金が実際に手に入るまでタイムロスがあるためです。

【給料日前で大ピンチ!】今すぐ現金が必要な時に役立つ現金化を活用する 給料日前で大ピンチ!今すぐ現金が欲しい必要な時に役立つ方法を伝授!

給料前借りをすると会社からお金に困っていることが伝わる

給料前借りは働いた分の給料を先にもらうだけですが、通常ながら給料日にまとめてもらうことが普通です。

そのため会社にお金に困っているという印象を持たれることになり、会社でのイメージが変わってくることもあります。

会社には当然守秘義務もありますので、他の人に簡単に漏れたりもしないですが、申請を通すまでにたくさんの人がかかわってくるようになると、バレるような環境になりやすいです。

普段から家計が苦しい事情が周囲にも理解されていて、どうしても仕方ない環境があるのなら、寛容に認められることもありますが、そうでないとき普段とのギャップで態度を変えてくる人もいます。

また、厳しい出世争いなどしている人や噂はなしが好きな人のネタになってしまったり、思ったようにうまくいかないこともあります。

自分のいるポジションや環境を守りたい人は、安易に手段として選ばないほうが無難です。

給料前借りは確実にお金を手に入れられる

お金が必要になったとき、働いた結果としてお金をもらうのは、当然のことです。

しかしながら急に良い条件の日払いのバイトが見つかるとも限りませんし、今現在勤めている会社がダブルワークを禁止しているようなら、そもそも働くことができません。

誰かにお金を借りたり金融会社にお金を借りることは、借りた人との信頼関係が変化したりトラブルになったときに怖いですので、できる限り避けたい部分もあります。

ですから、今働いているところでお金をもらうことは、仕方のないことでもあります。

給料前借りは、会社に許可をもらう必要があり、申請の手間もありますが、今働いている人にとっては確実にお金をもらうことができる方法です。

自分が働いた分のお金を先にもらうだけですので当然の権利であり、誰にも借りてはいませんので利子なども発生しません。

急にお金が欲しいとき、頭に入れておきたい方法の一つです。

給料を現金化したい時には給料ファクタリングを使うとすぐに現金が手に入る 給料を現金化したい時には給料ファクタリングを使うとすぐに現金が手に入る

給料前借りは急にお金が必要になったときに使う方法の一つ

給料前借りは、自分の働いた分の給料を本来の給料日より先にもらう方法です。

会社に申請して許可をもらう必要がありますが、働いた分のお金は確実に手に入ることもあり、誰にも借りてはいませんので利子も発生しません。

但し、給料前借りをするためには条件が必要だったり、法律では認められている権利ですが、自分の買い物やギャンブルなど娯楽のためでは通りません。

お金が必要で困っている人で、今現在働いているところがある人は相談してみるのがよいですが、今すぐお金をもらうことは難しかったり、会社でのイメージが変わることもあります。

  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • 現金化堂
    詳細はコチラ

以上、【給料前借り】認められている権利だけど会社による基準を守ることが必要…でした。