現金化はお金がないときに厳禁を調達できる便利な方法ですが、中には支払いをせずに踏み倒そうとする人もいます。ですが踏み倒しをすると様々な措置が取られてしまい、日常生活にも大きな影響が出てしまいます。現金化をした際にクレジットカードの支払を踏み倒した場合のリスクについて詳しく紹介していきます。

現金化の踏み倒しは厳禁!踏み倒しのリスクや踏み倒しを避けるために意識すべき点とは?

【現金化踏み倒し】支払いせずにお金を払わず逃げた強制措置とは

なんでお金を踏み倒すの?クレジットカードの現金化を踏み倒す人の理由は?

クレジットカードの現金化ではクレジットカードのショッピング枠で現金化業者に対して支払いをし、その後利用者がカード会社に支払いをする仕組みとなっています。

そのため現金化をするならばきちんと支払いをするのが当然のことです。

ですが踏み倒してしまう人は次のような理由で踏み倒しをしています。

支払いのことを考えずに高額な現金化をしてしまった

現金化をする人の中には「今お金が必要だから」と後の支払いのことを考えずに利用してしまう人もいます。

そのような人は、翌月以降のカードの支払日までにお金が入らないのに利用していることも多いです。

結果支払日までにお金が用意できずに踏み倒してしまうのです。

踏み倒しても大丈夫だと思っている

現金化をして支払いを踏み倒す人の中には、催促状などが届くだけで大丈夫だろうと思っている人もいます。

このような人の場合、踏み倒すことを前提で現金化業者を利用している可能性もあります。

  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

現金化で踏み倒しをするとカードの強制退会の可能性もある

現金化をして支払いを踏み倒すということは、カード会社への支払いを踏み倒すことになります。

そのため踏み倒しをしてしまうと、カード会社の利用規約違反になりカードの強制退会といった思い措置が取られる可能性があります。

強制退会になるとそれ以降はカードが使えなくなるのはもちろんのこと、分割で支払いをしていた金額などがすべて一括で請求されることになります。

多くのカード会社では支払日に支払いができなかったからといってすぐに強制退会担ってしまうわけではありません。

ですが支払いが確認できるまでカードは使えませんし、3ヶ月程度支払いがないと強制退会になってしまうので覚えておきましょう。

現金化で踏み倒しをすると金融ブラックになってしまう

クレジットカードなどを作る際には信用情報を参照していると聞いたことがある人もいることでしょう。

この信用情報はクレジットやローンの契約や申し込みに関係する情報のことで、クレジットカードの支払に滞納がないかなども記載されています。

そのため現金化をする際にカード会社への支払いを踏み倒してしまうと、信用情報に傷がついてしまい金融ブラックと言われる状態になってしまいます。

金融ブラックになるとクレジットカード会社やカードローンなどの審査に落ちてしまい、ローンなども組めなくなります。

また携帯電話などを分割で購入したりすることもできなくなります。

信用情報に傷がついてしまうと数年間はその情報が残ってしまうため、長期的に影響が出てしまうので覚えておきましょう。

金融ブラックリストについて知っておくべきこと緊急時を現金化で乗り切る方法 金融ブラックリストについて知っておくべきこと緊急時を現金化で乗り切る方法

現金化で踏み倒しをすると職場にバレる可能性もある

クレジットカード現金化業者ではカードローンや消費者金融のように職場への在籍確認が行われません。

そのため家族や職場にバレずに現金を調達したいという人が現金化業者を利用していることも多いです。

ですが支払日になっても支払いができずに踏み倒してしまうと、自宅や職場に連絡が行ってしまう可能性があります。

すぐにカード会社からの連絡に対応すれば職場などに連絡が行くことはありませんが、連絡を無視しているとなんとしても連絡を取るために会社などを通して問い合わせが来ることもあります。

結果現金化をしたことだけではなく支払いを滞納したことや踏み倒そうとしたこともバレてしまい、大きな影響が出てしまいます。

最悪の場合は法的措置を取られる可能性も

クレジットカードの現金化をして支払いをせずに踏み倒そうとした場合、何度もカード会社から連絡が来ます。

その連絡を無視し続けると、カード会社は法的措置を取ることもあります。

法的措置を取る場合はクレジットカード会社や保証会社が裁判所に申し立てを行い、支払督促や訴状が届きます。

またそれらも無視してしまうと財産の差し押さえなどに発展してしまう恐れもあります。

法的措置を取られてしまうと職場や家族にもまずバレてしまいますし、家なども差し押さえられてしまう可能性があります。

結果、今までのような生活が送れなくなってしまう可能性も十分にあるので注意してください。

個人間融資は現金が足りない時に便利でも危険が伴うので避けるのが無難だぞ! 個人間融資は現金が足りない時に便利でも危険が伴うので避けるのが無難だぞ!

クレジットカードで踏み倒しをしないためにはどうすればいいの?

今回紹介してきたようにクレジットカード現金化業者を利用してカード会社への支払いを踏み倒してしまうと、様々な措置が取られてしまいます。

クレジットカードを使って現金化業者に支払いをしているのですからカード会社に対して支払いをするのは当然のことです。

万が一にも踏み倒さなければいけないような状態にならないために、現金化をするときには次のことを意識しましょう。

確実に支払いができる金額を現金化する

クレジットカードなどを利用した現金化では、支払いは翌月などに遅れてきます。

そのため支払日に確実に支払いができる金額だけを現金化するようにしなければいけません。

「今現金が必要だから」と安易に高額な現金化をしてしまうと、後ほど支払いができずに踏み倒さなければいけなくなってしまうので、先のことも考えて利用するようにしましょう。

分割払いなどでの支払いも考慮する

クレジットカード現金化業者では、一括払いだけではなく分割払いに対応している業者も増えています。

そのため高額な現金化をする際には、分割払いにして1月当たりの負担を減らすという方法もあります。

もちろん分割払いにしたらどれだけでも現金化していいというわけではありません。

ですが支払いが厳しいならば、確実に支払えるように分割払いの利用も考えましょう。

分割払い一括払い 現金化で強制退会・解約から長所と短所を知る クレジットカード現金化の分割払いと一括払いの支払いや利用限度額からの強制退会・解約の違い

現金化踏み倒しまとめ

残念ながら現金化業者を利用して、その支払いを踏み倒そうとする人はいます。

ですが現金化業者やカード会社側も踏み倒しを懸念しているため、支払いが遅れると最速の連絡やカードなどの停止、法的措置などを行います。

結果それまでと同じような生活を送れなくなったり、職や家族を失ってしまう可能性もあります。

現金化業者を利用したら後ほど支払いをするのは当然のことです。

支払えない高額な現金化をしては絶対にいけません!

現金化をする際には、その後の支払いのことなどもしっかりと考えた上で、無理なく支払いができる金額を利用するようにしてください。

現金化踏み倒し
最近クレジットカードの現金化を行う人が増えてきたのに伴って、現金化業者に踏み倒しされたと言う被害の声もたくさんあります。クレジットカード現金化業者に申し込みをして業者が指定する商品をカード決済したにもかかわらず、商品が送られて来なかったり、お金が振り込まれないまま業者と音信不通になってしまうと言うものです。
【借金返済】危険?現金化の罠は借金地獄と疑うことで幸せになる可能性 クレジットカード現金化の罠は借金の申し込みで紹介されたら最初に借金地獄と疑うべし!

2022年クレカ現金化人気業者3選

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

以上、【現金化踏み倒し】支払いせずにお金を払わず逃げた強制措置とは…でした。