金融リテラシーと言う言葉を聞いたことがある人もいるはずです。果たして金融リテラシーとはどういうことなのでしょうか。金融リテラシーの意味について解説しています。また金融リテラシーを身に付けるとどんなメリットがあるのかと言う事についても具体例を挙げて紹介しています。

金融リテラシーを学びお金に関する知識を身につけ現金に不自由しない生活を目指そう!

金融リテラシーを学びお金に関する知識を身につけ現金に不自由しない生活を目指そう!

最近は株式投資などに興味を持つ人が増えていることから、様々な投資の情報を耳にすることでしょう。

そんな中で金融リテラシーと言うワードを聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし金融リテラシーと言われても、これまでお金について考えたことがないのであれば、一体何のことなのか全く見当もつかないのではないでしょうか。

そもそもリテラシーには「適切に理解・解釈・活用する力」という意味があります。

正しい情報を入手して、その情報をもとに正確な判断を行うことを指しています。

金融リテラシーとは、日々の家計管理や資産形成、金融取引や保険、金利やローンの知識などを身につけ、お金と上手に付き合うために必要な知識や判断力のことです。

お金や経済などの正しい知識を身に付けておけばいざと言う時に正しい選択をすることができますし、お金に困らない生活を目指しているのであれば金融リテラシーは絶対に必要です。

金融リテラシーでお金に関する知識を向上させる

とは言え、お金の勉強なんてなんだか難しそうだし面倒くさいと思う人も多いはずです。

確かにお金に関する知識をそれほど持っていなくても、毎日生活していく上では全く困らないですよね。

それでも金融リテラシーを持っておく事はとても大切です。

金融リテラシーがあるとどんなメリットがあるのでしょうか。

金融リテラシーが高い人ほど金融トラブルに遭いにくい事がわかっています。

1つ例を紹介しましょう。

サラリーマンとして働いている人は、定年退職するときに退職金と言う名目でまとまったお金をもらうことができますね。

そのまとまったお金を目指して、たくさんの金融業者があなたのもとに集まってきます。

銀行にお金を預けていても利子はほとんどつかないため「投資で運用しませんか?」と持ちかけてくる業者も少なくないことでしょう。

もしその時に金融リテラシーがなければ、騙されてどうしようもない投資を行ってしまうかもしれません。

投資を持ちかけてくる業者の多くはあなたの利益を考えているのではなく、自分の営業成績や利益を追求しています。

つまりそういった人たちの言うがままにしてしまうと、大きく損をしてしまう可能性が非常に高いと言うことです。

もし正しい金融リテラシーを身に付けていれば、そういった情報の中から正しいものだけをピックアップして選択することができます。

大切な退職金を失う可能性を少しでも少なくするためにも、金融リテラシーをしっかりと身に付けておく事はとても大切なのです。

積立nisa(ニーサ)で投資信託や積立投信をはじめて現金を手に入れよう! 初心者でも簡単積立nisa(ニーサ)で投信投資方法で現金化方法を教えちゃいます!

金融リテラシーを学び今後の生活に役立たせる

さらに金融リテラシーを持っているメリットについて説明しましょう。

正しい知識を持っていれば若い頃から資産運用を行って資産を増やすことができます。

現役世代であれば働いてお金を得ることができますが、歳をとって働けなくなってしまうと、年金やそれまでの貯金を切り崩して生活することになります。

高齢化社会が進むことにより年金はどんどん少なくなっていて、今若い人が年金をもらえるかどうかは非常に微妙なところです。

今でも年金だけで生活していく事はほぼ不可能であるため、将来のためにしっかりと蓄えておく必要があるのです。

将来の蓄えと言うと貯蓄を思いつくかもしれませんが、貯蓄は非効率的であり、インフレに弱いと言われています。

将来の蓄えを効率的にするためには貯蓄だけではなく積極的に投資を行い、お金を運用して育てていく必要があるのです。

金融リテラシーを身に付けていれば、若い頃から資産を運用して余裕のある老後を迎えることができるでしょう。

老後のお金 不安が消えないなら役立つ年金・公的な貸付制度で解消 老後のお金の不安を解消してくれる役立つ年金や公的な貸付制度のお話

金融リテラシーはキャリア形成にも役立つ事がある

金融リテラシーがあると、あなたのキャリア形成にも大きく役立つことがあるかもしれません。

金融リテラシーを高めるためには政治や経済、お金の勉強をしなければいけませんが、そういった勉強をしていると会社の経営者などとの人脈ができてくることもあるでしょう。

しっかりとした知識をもとに作った人脈であれば、将来何かの助けになるかもしれませんし、それだけで良い思いをすることもあるでしょう。

経済や世の中の仕組みを知っておけば、社会人として世の中を渡っていくのに絶対にプラスに働くはずです。

このように、金融リテラシーを身に付ける事はメリットがたくさんあります。

金融リテラシーは勉強しなければ身につけられない

金融リテラシーはただ何もしないでいるうちは身に付きません!

積極的に勉強をして身に付ける必要があるのです。

仕事が忙しくてそんな時間はないと思うかもしれませんが、ちょっとした時間に調べたり本を読むだけでも大きく変わってきます。

1日数分でいいので、金融リテラシーを身に付ける勉強をしてみてはいかがでしょうか?

インターネットで検索するのも良いですし、本屋に行けば金融リテラシーについて書かれた本がたくさんあります。

自分で株式投資をしてお金の動きについて把握するのも良い方法です。

自分の大切なお金を減らさないために一生懸命勉強するはずですから、投資をするだけでも金融リテラシーを身に付ける大きな助けになるでしょう。

金融緩和により景気浮上効果を期待で消費拡大に繋がる 金融緩和により景気浮上効果を期待で消費拡大に繋がる

金融リテラシーと現金化について

金融リテラシーについて勉強すれば、クレジットカードの現金化と言うスキームについても理解することができます。

ここでクレジットカード現金化が良いことかどうかは紹介しませんが、自分でしっかりとした金融リテラシーを身に付けることで正しい判断をすることができるでしょう。

またクレジットカード現金化業者を利用するにせよ、どういった業者を選べばいいのかと言うこともしっかり自分で結論を出すことができます。

  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

以上、【金融リテラシー】お金と上手に付き合いながら生活の在り方を身につける…でした。