インターネット上にもたくさんの現金化業者がいますが、中には悪徳業者もいて現金を振り込まなかったり、個人情報を抜き取ったり、脅迫してくる業者もいるため注意が必要です。取り引きをする前に細かく確認をしておけば後から不明な費用が請求されずに済みます。さらにこれまでの利用者の口コミなども参考にして、換金率が大幅に下がっていないか、現金は振り込まれているかなどを確認しておくと良いでしょう。

現金化の悪徳業者に騙されないためにどんな手口を使うのか違いを見極める

現金化の悪徳業者に騙されないためにどんな手口を使うのか違いを見極める

街中の看板やインターネットの広告で、クレジットカードで現金化できますという文を見たことがあるかもしれません。

カードの現金化では利用者がショッピング枠を使って物を購入してから、現金化業者がキャッシュバックをして現金を振り込みます。

インターネット上にもたくさんの現金化業者がいますが、中には悪徳業者もいて現金を振り込まなかったり、個人情報を抜き取ったり、脅迫してくる業者もいるため注意が必要です。

悪徳業者がどんな手口を使うのか、優良の現金化業者の違いなどについて説明します。

2022年クレカ現金化人気業者3選

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

悪徳業者は換金率が記載と異なる

現金化業者のサイトには換金率が90%以上などと書かれていて、他の業者よりも換金率が高いので申し込んでみると、実際に振り込まれた金額は60%くらいというケースもあります。

彼らは事務手数料や利用者の審査の時に別の費用が掛かったので、記載よりも安くなったなどと言い訳をしますが、他の業者と比べてもかなり低い金額です。

それで初期費用や審査の費用など他の業者には無い費用を請求された時には、合意せずにすぐに取り引きをキャンセルしましょう。

ところが悪徳業者の中にはキャンセルに応じない所もあり、すぐに払わないと追加料金がかかるとか、電話番号を知っているのでどこの誰かはわっているなどと脅しをかけてくる場合があります。

追い込まれてキャンセルできずに、取引に応じてしまうということがないように、最初の段階で悪徳業者だと気づいた時にすぐに断ることが大切です。

現金を振り込まない悪徳業者もいる

クレジットカードの現金化を行うときには、カードのショッピング枠で現金化業者の商品を買って、業者からのキャッシュバックという形で現金を振り込んでもらいます。

しかし何日待っても指定した銀行口座に現金が振り込まれず、不安になって業者に連絡しても業者が音信不通になってしまうこともあります。

また利用者のクレジットカードから金額が振り込まれた時に業者のサイトが閉鎖されてしまい、以後アクセスできないということもあるようです。

そのためインターネットを使って現金化する時には、業者のホームページに注意して、あまりにも安っぽい急ごしらえで作った感じの外観であれば、その業者には注意しましょう。

また連絡先が固定電話ではなく携帯電話だったりすると、鴨を捕まえてすぐに携帯の番号を破棄して連絡を取れなくする可能性もあるため、利用前には注意が必要です。

クレジットカード現金化業者と怖い暴力団とは関係があったりするの? クレジットカード現金化業者と怖い暴力団とは関係があったりするの?

悪徳業者は個人情報を漏洩する

クレジットカードで現金化する時には身分証を提示して、自分の名前や電話番号、メールアドレスを業者に知らせなければなりません。

国の法律ではこうした個人情報は保護されることになっていますが、悪徳業者は利用者の個人情報を漏洩することがあります。

例えば最初にやり取りをした時点で怪しいと思い、その業者との取り引きはキャンセルしたものの、次の日から消費者金融や闇金から頻繁に電話やメールが来るようになったという人もいます。

これは悪徳業者が現金を必要としている人の個人情報を他社に売った可能性があります。

また稀なことですが、悪徳業者にクレジットカードの情報を知られてしまい、自分の知らないうちに勝手に物を買われて決済されてしまったという人もいます。

悪徳業者はこうした犯罪も平気で行うため注意が必要です!

優良の現金化業者であれば国の法律に従って、利用者の個人情報は慎重に扱います。

知らないと怖い闇金の手口!恐怖の取り立ての実態を暴露と現金化の違いに密着! 知らないと怖い闇金の手口!恐怖の取り立ての実態を暴露と現金化の違いに密着!

悪徳業者は手続きが簡単

クレジットカードの現金化を考える人はカードのキャッシング枠を使い果たしてしまったり、何らかの理由で消費者金融からお金が借りれなくなっている場合があるので、カードの現金化は現金が手に入る最後の頼みの綱です。

すぐに現金を手にしたいと焦っていると、悪徳業者に騙されてしまうことがあります。

優良の現金化業者であれば、他人がクレジットカードの利用者になりすましていないかを確認するために、オペレーターが電話でやり取りをして本人確認したり、個人情報を細かく入力したりと、現金化するまでに少々時間と手間がかかります。

すぐに現金が欲しい人にとってこうした手続きが面倒に感じて、手続きが簡単な業者を選んでしまい悪徳業者に引っかかってしまうこともあります。

実際に審査が簡単で最短で5分で振り込みできます!という文句につられて取り引きしてしまい、現金が支払われなかったというケースもあるので注意が必要です。

悪質業者の現金化を利用した口コミをご覧ください

悪質業者の現金化を利用した口コミをご覧ください

悪質現金化業者の口コミをチェックしてみましょう!

どうやら自分が利用した業者が悪徳だったみたいで・・。クレジットカード現金化って現金を受け取った以上に、後から請求される金額の方がはるかに多いのは知っていたのですが、実際利用した金額の半分以下しか振り込まれていなかったので本当に最悪でした。もう二度と利用しません!

どうやらクレジットカードの現金化をするときに提出した個人情報が漏洩したみたいです。クレジットカード現金化業者を利用してからというもの、ヤミ金業者からの電話がしょっちゅうかかってきて本当に気が滅入っています…

違法ギリギリのところでやっている業者がまともなわけありませんよね。実は先日クレジットカードの現金化をしたのがカード会社にばれてしまいました。カードの規約違反ですからカードが停止され、その後作れなくなる可能性が高いみたいです。もう最悪・・・

マネフレのクレジットカード現金化口コミランキング 【口コミ評判】クレジットカード現金化ユーザー利用の評価によるランキング

悪徳業者に騙されないためにできること

悪徳業者の中には換金率90%以上などと書かれていても、実際に手にする現金はごくわずかという場合もあります。

彼らが言うには手数料や余分の費用がかかった、費用のことは利用規約の中に書いてあるなどと主張します。

すぐに現金が欲しい人にとって、利用規約を全て読むのは難しいですが、騙されないためには規約の中で怪しいと思う記載を覚えておき、取り引きをする前に業者と確認しましょう。

また取引をする前に手数料がどれほどかかるのか、換金率90%ならばもらう現金に手数料は含まれているのか、それとも後から手数料を請求されるのかなど、細かいところまで確認しておくようにしましょう。

こうして確認をしておけば後から不明な費用が請求されずに済みます。

さらにこれまでの利用者の口コミなども参考にして、換金率が大幅に下がっていないか、現金は振り込まれているかなどを確認しておくと良いでしょう。

現金化で騙された詐欺被害は国民生活センターや消費者庁に相談する クレジットカード現金化でトラブル相談は国民生活センターや警察(警視庁)へ
  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

以上、【悪徳業者】クレジットカードの現金化をする時には騙されないように注意不可欠…でした。