Z世代の特徴と現金化について解説します。まずZ世代の大まかな定義が1995年以降から2010年代までに生まれた人であることと、どのような特徴があるのかをそれぞれ解説します。Z世代はインターネットが当たり前の環境で育っていて、日常生活の中にネットサービスやSNSが浸透しており、スマホアプリを使った現金化にも詳しい世代です。

Z世代は現金化に詳しい新しいサービスをいち早く取り入れるフレキシブルな考え方を持つ

Z世代は現金化に詳しい新しいサービスをいち早く取り入れるフレキシブルな考え方を持つ

元号が令和になってからよく聞く言葉の1つに、Z世代がありますよね。

Z世代は、主に1995年以降から2010年代までに生まれた人を指す言葉です。

ですので、年齢にすると25歳以下のかなり若い世代が該当します。

昭和生まれとは明らかに異なった特徴があるため、Z世代のように分けてくくられることが珍しくありません。

Z世代独自の価値観を持っているのが特徴です。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ

Z世代はインターネットが当たり前の環境で育っている

Z世代にはさまざまな特徴がありますが、特に顕著な特徴といえるのがインターネットが当たり前の環境で育っているということです。

たとえば、まだ小さい子どもの頃からパソコンでネットをしたりスマホを持っていたりなどです。

子どもの時からインターネットを自由自在に使っているのが、Z世代の大きな特徴だといえるでしょう。

たとえば、昭和の時代は情報収集の手段がテレビ・ラジオ・雑誌・書籍などでしたが、Z世代はそうではありません。

まず一番手に挙がるのが、もちろんインターネットによる情報収集です。

何かを調べたい時にインターネットを使うことが、Z世代は子どもの頃から染みついていますよね。

インターネットで何かをするのが当たり前で、インターネットのない生活は考えられません。

昭和生まれとは、価値観や考え方がかなり違います。

インターネットバンキングは預金者が多く特典が多いから争奪戦になりやすい インターネットバンキングは預金者が多く特典が多いから争奪戦になりやすい

Z世代はSNSを日常的に使っている

Z世代はインターネットが当たり前の環境で育っている影響で、ネットサービスやSNSを日常的に使っていることも特徴です。

Z世代がよく使うネットサービスやSNSといえば、YouTube・Twitter・Instagram・TikTok・LINEなどが挙げられます。

たとえば、最近の小学生のなりたい職業の中にユーチューバーが含まれていたり、誰かと連絡を取り合うのにSNSのダイレクトメッセージを使ったりなどです。

Z世代は、ネットサービスやSNSを自由自在に使いこなしています。

日常生活の中にネットサービスやSNSが、自然と浸透している世代です。

その一方で、昭和生まれの世代にとっては当たり前だったテレビや新聞や雑誌などからは、離れている傾向が強いです。

テレビを視聴するよりもYouTubeを視聴したり、新聞や雑誌を読むよりも電子書籍アプリでマンガを読んだりしています。

インスタグラムは主要なSNSに?お金を稼ぐポイントサイトで現金化 インスタグラムは主要なSNSに?お金を稼ぐポイントサイトで現金化

収集する情報量が圧倒的に多い

昭和生まれの世代とは異なり、Z世代は収集する情報量が圧倒的に多いです。

なぜならスマホのインターネット検索を利用すれば、わからないことや気になることをどんどん調べられるからです。

昔のように決まった時間にテレビのニュース番組を視聴したり、専門書を買う必要はありません。

スマホ1台あればニュースサイトからいくらでもニュースを見聞きできますし、専門サイトにアクセスすれば必要な情報を入手できます。

また、多くのネット広告に触れるので、新しいサービスをいち早く知っているのもZ世代の特徴です。

それは、お金に関するサービスも同様で、ネットから新しい決済サービスを知ることも珍しくありません。

保護者から使用を制限されていなければ、スマホを使ってネットでさまざまな情報を収集できます。

情報量が圧倒的に多いので、Z世代は若くてもいろいろなことを知っているケースが多いです。

古くからある固定観念にはとらわれない

Z世代はブランドに対するこだわりが薄かったりなど、古くからある固定観念にはとらわれない傾向があります。

たとえば、最初から一流大学や一流企業を目指さず自分に合った学校や企業を選んだり、学生のうちから起業したりなどです。

他にも物を所有しないでレンタルサービスを有効活用したり、プチプラなど安くて良い商品を愛用したりなどです。

さらに、環境問題や性的マイノリティなどへの関心が高いなど、今までの固定観念にはとらわれません。

それはお金のやり繰りも同様で、アプリなどから利用できる後払いの決済サービスもすんなりと受け入れる、フレキシブルな考え方を持ち合わせています。

昭和生まれの世代だと物を買ったらその場で現金払いが当たり前で、クレジットカードすら抵抗を覚える人が多いです。

ですが、Z世代の場合は必ずしもそうではなく、いろいろある決済方法の中から自由に選択しています。

Z世代は現金化の方法に詳しい

Z世代のすべての人に当てはまるわけではありませんが、人によっては現金化の方法に詳しい場合があります。

たとえば、スマホのアプリサービスを有効活用した後払いがそうです。

とりあえず後払いにして商品やサービスを購入し、実際には1ヶ月後など後で支払うサービスがあります。

これらのサービスはスマホのアプリになっているので、アプリをよく使うZ世代向けのサービスです。

Z世代だけが後払いサービスを使うわけではないものの、昭和生まれの世代と比べあまり抵抗なく使えるのは間違いありません。

一時的に現金化して商品やサービスを購入し、後から決められた支払い日まで支払う方法を、Z世代の一部は熟知しています。

「後払いで大丈夫なのか」と昭和生まれは不安を抱いてしまいますが、Z世代は根拠なく不安がったりはしません。

運営会社やサービスの概要をインターネットで調べ、納得の上で使っています。

スマホアプリの後払いサービスは、Z世代ならではの現金化の方法だといえるでしょう。

Y世代の人々が育って来た環境と考え方や価値観はそれ以前の世代と異なる Y世代の人々が育って来た環境と考え方や価値観はそれ以前の世代と異なる

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

以上、【Z世代現金化】情報量が圧倒的に多い決済サービス操作を難なく使いこなす…でした。