Y世代とは1980年から1990年代初期に生まれた人々のことです。Y世代以前の人々と比べると新しい機器に抵抗がなく、インターネットが出てきた時にもすぐに飛びついて、便利に使用して来ました。またY世代は個人を大切にするので、他の人に合わせる協調性があまりない傾向があり、自分の考え方を大切にする人が多いです。

Y世代の人々が育って来た環境と考え方や価値観はそれ以前の世代と異なる

Y世代の人々が育って来た環境と考え方や価値観はそれ以前の世代と異なる

https://no1credit.com/genkinka/person/y-sedai/

  • マイクレジット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • スピードワン
    詳細はコチラ

社会人になると中年の人から、新卒の若者までが同じ会社で働くので、様々な年齢の人と接することになります。

ジェネレーションギャップという言葉もあるように、生まれた年代や環境によって、価値観や考え方が変わってきます。

様々な世代の中でY世代とは1980年から1990年代初期に生まれた人々のことです。

Y世代は新しい機器をすぐに試しインターネットにも抵抗がない

Y世代はインターネットが普及する前に生まれた人々ですが、小さな頃からファミコンで遊び、少し経つとスーパーファミコンが出て、もう少し経つとプレイステーションが出たように、子供の頃からデジタル機器の更新を目の当たりにし、新しい機械が出ると生活が良くなることを経験しています。

そのためY世代の前の人々と比べると新しい機器に抵抗がなく、インターネットが出てきた時にもすぐに飛びついて、便利に使用して来ました。

クレジットカードで現金化をする時には、都心であれば店舗を構えている現金化業者もありますが、多くの現金化業者はネットで営業しているので、業者のサイトのフォームに個人情報を入力して、本人確認できる資料の写真も添付して送信しなければなりません。

Y世代の前の世代は重要な書類や個人情報をインターネットで送ることに抵抗がありますが、Y世代以降の人々はあまり抵抗がありません。

おもちゃ玩具 愛好家へ意外に高く売れるネットオークションで現金化 おもちゃは愛好家に高く売れるものも!意外なものに意外な値が!

Y世代の育った時代と培った金銭感覚について

Y世代が生まれた時にはバブル期の真っただ中でした。

幼稚園や小学校低学年の時でも、5千円のお年玉をもらったり、クリスマスや誕生日には親にねだれば、テレビゲームや高価なおもちゃなどをすぐに買って貰えました。

ところがバブルがはじけてから、世の中の景気がおかしくなり貰えるお小遣いも減り、給料が少なくなってカツカツしている両親を見ながら育ってきました。

自分たちが社会人になる頃には、中高年のリストラ、就職氷河期が訪れて、就職先を見つけるのが大変でした。

やっとの思いで就職した会社はブラック企業でも、辞めて次の仕事を見つけるよりはこのまま働いていようと思いズルズルと会社を抜け出せません。

そのため世の中はこれから良くなるという、楽観的な見方はありませんし、会社への忠誠心という点でもY世代の前の人々とは考え方が異なります。

お金を乱費して遊びまわる人々というよりは、これからの時代の変化に備えて、しっかりと貯蓄して、余裕があれば投資をして資産を正しく運用するなど安定した生活を望んでいます。

お金を借りるより法人向けの現金化で事業資金を調達する 個人事業主やフリーランスの運転資金を現金化に役立てる取り組み

現在のY世代はどんな生活をしているか

就職氷河期の時期で仕事が見つからない時にやっとの思いで就職し、安い給料で残業しながら何とか頑張ってきて、仕事でもそれなりのプロジェクトを任されるようになりました。

結婚して子供も生まれて、家族を養っていく必要も感じています。

Y世代の女性であれば夫の給料をやりくりして、生活費や子供の学費などを工面しなければなりません。

管理職はY世代の少し上の世代なので、給料が安定している人は少なく、給料が増えるまでにはもう少し時間がかかります。

そのため毎月の家賃や光熱費、子供の学費、携帯の料金など1ヶ月にかかるお金を支払ったら、自分の手元に残る現金はほとんどありません。

そんな時に親族の結婚式に呼ばれたり、葬式に参加する時には、現金を用意しなければなりません。

安月給のY世代にとっては現金を工面するのは大変なことです。

消費者金融にお金を借りることもできますが、頻繁に借りたりすぐに返さなかったりすると記録が残るので、これから家のローンを組む時に銀行がお金を貸してくれか不安になります。

そのためより安全な仕方で現金を調達しなければなりません。

現金化使用は急ぎで至急お金がない時の裏ワザの突破口となるかも! お金を工面するクレジットカード現金化の裏ワザは必見!

Y世代は個人で動き会社への忠誠心は薄い

Y世代は小さな頃からテレビゲームをして育っているので、外に出てみんなと遊ぶことが少なく、他の人に合わせる協調性があまりない傾向があり、自分の考え方を大切にする人が多いです。

またインターネットが普及したことによって、何か分からないことがあった時には、他の人に聞くのではなく、自分でネットを調べて解決するという習慣もできています。

大人になった今でもサービス残業をして、会社のために人生を捧げるというよりは、一定の収入があり自分のプライベートを優先出来て、自分が満足できる生活が送れれば十分と考えている人は少なくありません。

Y世代の親の世代は、がむしゃらに働いて、どんどん出世して会社の中でより高い地位に上り詰めたい、自営業であればもっとたくさん稼いで会社を大きくしたいと言う野望がありますが、Y世代の人は自分の立場よりも安定した収入を望み、休みの日まで会社に出向くような忠誠心はあまりありません。

そのため会社から待遇をよくする代わりにもっと働いて欲しいと言われても、乗り気になれません。

むしろ自分がやりがいを感じる仕事のプロジェクトがある時に、会社のためにというよりは自分の信念のためにやり遂げるといった人が多いです。

現金化による開業届出や余裕資金から新規出店・開店準備するべきこと 開業は余裕資金を用意して現金化まで想定外出費に堪えないといけない!

Y世代が現金化をする方法

給料が安いY世代にとって急な出費があると、現金を用意するのは大変です。

クレジットカードのキャッシング枠を使うこともできますが、利用できる限度額が少ないのですぐに使い切ってしまいます。

緊急に現金が必要な時に便利なのがクレジットカードのショッピング枠を使って現金を手にする方法です。

ネット上の現金化業者を使えば24時間営業しているため、パソコンからでもスマホからでも簡単に取引ができます。

インターネットに抵抗がないY世代にとっては使いやすい方法です。

【24時間365日】夜中・休日でも便利に使えるクレジットカード現金化のランキング

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ

以上、【Y世代現金化】遊びまわる金銭感覚と就職氷河期でリストラを味わう苦労人…でした。