「さとり世代」というワードを耳にする機会が増えたかと思いますが、実際にさとり世代の特徴についてはあまり語られていません。さとり世代は理解しがたいと世代格差に悩まれる人も居ますが、特徴や生き方を知ってみると意外と納得の生き方をしていることが分かります。

さとり世代の現金化は未だ知られていない!考え方の利用動向について解説

さとり世代の現金化は未だ知られていない!考え方の利用動向について解説

そもそもさとり世代という言葉はネットスラングから派生的に誕生した言葉で、今までの価値観とは違う行動をする若者世代という認識でした。

2013年には流行語大賞を受賞することによって一般的な認知も進んできましたが、実際にさとり世代はどの年齢層なのか疑問に感じる方も多いでしょう。

さとり世代の年齢層は1987年~2004年生まれ人たちのことを指しており、ゆとり世代とも被っているので一纏めにさとり世代とすることがあります。

物心ついた段階でインターネットが普及していたデジタルを使いこなす世代ともいわれていますが、実際にはどのような価値観を持っているのでしょうか。

  • プライムウォレット
    詳細はコチラ
  • タイムリー
    詳細はコチラ
  • どんなときも。クレジット
    詳細はコチラ
話題のページ

さとり世代は現実的で夢や希望を持たない傾向がある

さとり世代の価値観で最も特徴的なのは「現実的で夢や希望を持たない傾向が強い」ということが挙げられています。

これには社会情勢が深く関係しているとされており、さとり世代が生まれた1987年~2004年までの出来事を振り返ると分かり安かもしれません。

経済的にはバブルが崩壊して右肩上がりの成長がストップし、阪神淡路大震災やオウム真理教などの社会情勢の不安定さが増していました。

このような時期に生まれ育ったさとり世代は、旧世代が経験したような右肩上がりの経済や夢のあるような社会を想像できにくいとされています。

少し上の世代はバブルを経験して「ジャパンアズナンバーワン」という本が流行するなど希望にあふれた世代でした。

しかしながらさとり世代の時代というのは明るいニュースが少なく、将来に希望が生まれるという社会情勢ではなかったのです。

それ故にさとり世代は大きな夢よりも「現実」を重視するようになり、将来就きたい仕事ランキングでは「公務員」が上位にくるようになりました。

これは夢の見れる社会情勢ではないという世相を反映した結果ともされており、さとり世代は夢よりも現実的な行動傾向を有するようになったのです。

【バブル崩壊現金化】好景気からどん底へ落ちたのを機に急成長する バブルが崩壊してから日本が不況になり現金化業者のニーズが増えた?

さとり世代たちは現実主義的価値観で購買意欲のある

さとり世代の現実主義的価値観は購買傾向にも現れており、ブランド品よりも実用的な商品を好む傾向にあるのです。

もっと詳しく解説していくとさとり世代は「コストパフォーマンス世代」とも言い換えることができ、より現実的な購買意欲を持つようになりました。

さとり世代にとってみればブランド品に高い金を投入することに何ら価値を見出すことができず、より安い商品を好むようになりました。

機能が同じならばわざわざ高い商品を買う必要はなく「より安く使いやすい」というコスパ意識が彼らの頭の中にはあるのです。

さとり世代がコストパフォーマンスを意識するようになったのは景気が長く低迷していることに起因しているのではないかと言われています。

無駄なお金を使わないというのは一見すると無機質で夢がないと上の世代の方は思うかもしれませんが、そうではありません。

「無駄なお金を持っていない」「高い商品を買う金が無い」のがさとり世代であり、それ故に現実的なコスパ意識へと傾いていってしまったのです。

さとり世代は倹約的なコスパ意識のある人々である

コスパ意識が強く現実的なさとり世代の人たちは、一体どのような楽しみを持って生きているのか気になる所です。

さとり世代の大きな特徴はデジタル世代ということで、生まれた当初よりネットが普及しており使いこなすのがさとり世代の特徴です。

今までの流行というものはテレビから発生していましたが、さとり世代はテレビを観ずにYouTubeやニコニコ動画などを楽しむのです。

故に流行もデジタル発信ということが多く、テレビから発生する流行というものはさとり世代にとってみれば古臭いものなのです。

デジタル発信で流行を探す時代になって、米津玄師やAdoなどのボカロ世代というものが流行となってくるようになりました。

米津玄師などはニコニコ動画でボカロ曲を作っていたように、デジタル発信の流行こそさとり世代の特徴なのです。

昨今では芸能人よりもユーチューバーの方が知名度が高いですが、さとり世代はデジタル世代なので当然と言えば当然なのです。

ユーチューバーは動画コンテンツと広告挿入数で得られる現金が最大に! YouTube収益化 ニコニコは動画コンテンツ収益収入と広告挿入数で得られる現金が最大に!

さとり世代は無駄をかなり嫌う独自性がある

さとり世代は確かに現実的ですが働き方は一体どういったものなのか上の世代からは気になると思います。

基本的にさとり世代は自分のプライベートを重視する傾向にあり、残業やブラック労働に対しては非常な嫌悪感を覚えています。

何故ならばさとり世代は現実的であるが故に、今までの「夜遅くまで残業」「必死になって働く」という感覚が分からないのです。

無駄な事を嫌うさとり世代ですから、残業などはせずに早く帰って自分の趣味や好きなことに打ち込んだ方が合理的と考えています。

飲み会なども無駄な事だと思っていますし「なぜお金を払って上司の機嫌を取るのか」と不思議に思うのがさとり世代なのです。

無駄なことを嫌い現実的に考えるというのはさとり世代の働き方にも現れているのです。

さとり世代は無駄がない現金化を利用する

ではさとり世代はクレジットカード現金化を利用しないのかという疑問が湧きますが、実は意外と利用する人も多いのです。

何故かというと、さとり世代の無駄嫌いやコスパ意識というのは「お金が無い」という所から発生しているからです。

逆に言えば「お金があれば少しぐらい贅沢してもいい」という考え方も少なくないので、現金化を利用するさとり世代も少なくありません。

さとり世代が現金化を利用する際には、自分の趣味や好きなことに対して現金が足りないというパターンが比較的多いのです。

さとり世代は無駄な事やコスパが悪いものにはお金を出しませんが、自分の納得したことや好きなことに対してはお金を出すのです。

しかもさとり世代は合理的な行動傾向にありますから、換金率が高い場合などは現金化を利用することにも抵抗が少ないのです。

さとり世代は「自分が納得したものにはお金を出す」ので、その手助けとして現金化を利用することがあるのが特徴です。

X世代の特徴や考え方を踏まえた上で時代に合った現金化を行う方法とは X世代の特徴や考え方を踏まえた上で時代に合った現金化を行う方法とは

\2022年クレカ現金化人気業者3選/

  • スピードワン
    詳細はコチラ
  • らくらくマネー
    詳細はコチラ
  • スピードペイ
    詳細はコチラ

以上、【さとり世代】独自の価値観を持つデジタルが得意な人たちが利用する現金化…でした。