現金化コラム

【財布は要らない!】PayPay(ペイペイ)連携でお金がない時は銀行から借りれます!

投稿日:

ペイペイとは

ソフトバンクとヤフーが業務提携を行なっている電子マネーで2018年に設立されました。スマホのアプリでPayPayをインストールしてチャージすればその日から使うことができます。

PayPay(ペイペイ)はお金がない時に支払いできる

2020年現在の連携サービスは「PayPayフリマ」「PayPayモール」「PayPay ピックアップ」「モバイルTカード」がミニアプリとして組み込まれているので、ペイペイを使って独自の決済ができます。

使える加盟店が毎週増えており飲食店やコンビニなどで電子決済として使えるようになってきました。

※こちらの現金化コラムでお金を作る方法をはじめに読んでおくといいでしょう。

ペイペイ使い方

ペイペイはスマホでアプリをインストールして使います。

バーコード決済とQR決済がありコンビニや飲食店などで電子マネーとして使えます。

加盟店が増えているので最近はいろんなお店で使えるようになってきました。

店の入り口にPayPayのラベルが貼られていたら使えます。

使うときはバーコードまたはQRコードの部分を表示させて、カウンターで「ペイペイでお願いします」と店員にいえばバーコード読み取り機をかざしますからピッと音がすれば支払い完了です。

コンビニならどこでも対応しているので便利です。

セルフレジでも対応しているのでバーコードを表示させて読み込ませるだけで支払いできます。

ネット決済で支払うことも可能で、最近ではウーバーイーツの決済を簡単に行なえるようになってきました。

アプリ以外にもスマホのブラウザからもネット決済は行なえるので、ブラウザにペイペイのサイトを表示させてログインすることができます。

そのとき2段階認証となっているのでSMSで4桁の認証コードが届きます。

残高を確認して支払いを選択すればその場ですぐに支払えます。

パソコンサイトでも支払いは可能で、画面にQRコードが表示されるのでPayPayのアプリを起動してスキャンすると支払いが完了します。

ブラウザだと少し面倒な部分もあるので、アプリをインストールして使った方が便利です。

ペイペイチャージと出金方法

ペイペイのチャージは全部で6種類のやり方があります。

主なチャージはセブン銀行のATMから行なうのと、ジャパンネット銀行から引き落とすやり方が簡単です。

店の中で電子決済するときは銀行引き落としのチャージなら即反映されるので、現金が足りないとき片手でチャージできるので便利です。

手数料は取られないのでチャージした金額はそのまま使えます。

ヤフーとソフトバンクがつながっているため「Yahoo!JAPANカード」「ヤフオク売上金」「ソフトバンク・ワイモバイル」のキャリア決済などでもチャージができます。

気をつけなければならないのが4種類ある残高のうち3つが出金できません。

それは何かというと「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」「PayPayマネーライト」です。

出金できるのは「PayPayマネー」と呼ばれている種類だけです。

ポイント還元などは出金できないのがデメリットですが、自分の口座からチャージしたのは戻せるので、使い方によっては便利な電子決済です。

加盟店が毎週のように誕生しているので、街中でも使える機会が店が増えてきました。

複雑のように思えますが使ってみると簡単です。

ペイペイをYahoo! JAPANカードと連携しておくと便利です

口座に現金がないときはYahoo! JAPANカードがあると便利です。

Yahoo! JAPANカードはクレジットカードなので持っていないときは作っておくと役に立ちます。

審査は甘めなので無職でも個人事情主にしておけば作れます。

カードが届いたらペイペイアプリと紐付けするだけなので完了すれば即チャージができます。

紐付けのやり方はYahoo! JAPANカードをスマホで撮影するだけです。

読み取れないときは手入力でカード番号や有効期限を入れれば登録できます。

利用上限金額を変えることもできるので、カードの残高が不足しているときは身分証を提示して本人確認を行なえば審査してくれます。

遅延なく支払いができていれば上限を多少アップさせることができるので、残高不足のときは利用上限アップの申請をしてみましょう。

ジャパンネット銀行でチャージするのとクレジットカードでチャージするのは、同じくらいのスピードであっという間に反映されます。

支払いをするときクレジットカードを提示するより簡単なので連携しておいた方が便利です。

ペイペイでお金を借りる方法

ペイペイはジャパンネット銀行とも提携しているのでお金を借りることができます。

ジャパンネット銀行の口座を持っていないと出来ないので口座をお持ちでない場合は、申し込みする前に開設しておきましょう。

口座を持っている人は申し込みをすると仮審査が行なわれます。

与信を調べるので信用情報機関に照会されます。

ほとんどの場合は問題なく審査が通るので本審査をしてもらう手続きをしていきます。

必要なのは免許証と収入証明書などです。顔写真付きの身分証をアップロードするだけなので簡単です。

収入証明は課税証明書や直近の給料明細などです。

この辺は一般の消費者金融やクレジットカードを申し込むのと同じです。

個人事業主などの自営業でも審査はできます。

すべてジャパンネット銀行経由なので審査が通ればペイペイの方にチャージできるようになります。

審査はすぐ行なわれるので早ければその日のうちに借りられます。

遅くても翌営業日には審査結果が届くのでいくら借りられるかわかります。

ペイペイ現金化

ネットショッピングでアマギフなどのギフト券をペイペイで決済しようとすると「支払いが出来ません」と出てしまいます。

換金目的で利用するのを防ぐための対策で、ペイペイだとギフト券は買えないようになっています。

コンビニに置いてあるApple PayやGoogle Payなども同じでペイペイでは支払いが出来ません。

ではどうしたら現金化できるかというとゲーム機本体を買うのが一番手っ取り早いです。残高が少なければゲームソフトでも大丈夫です。

現金化できるのはTSUTAYAまたはゲオが高値で買い取ってくれます。

ブックオフは品物にもよりますが多少買取価格が下がるので、ネットで調べて相場を確認しておくようにしましょう。

人気のあるゲーム機本体なら換金率70から80%ほどで買い取ってくれます。

買う場所はネットの大手通販かリアル店舗の大手家電品店に行くとペイペイ支払いで手に入ります。

買取価格は随時変わるので、最新出た機種やソフトに対象を絞ると高価買取を探しやすいです。

-現金化コラム

Copyright© クレジットカード現金化 , 2021 AllRights Reserved.