後払い決済は商品を受け取った後にコンビニなどで支払いを済ませるという、新しい決済方法です。後払い決済サービスを使うとクレカを持てない人でも簡単にネット通販が利用可能になります。ただし後払い決済が借金と同じ仕組みである点や支払い遅延を起こしやすい点には注意しましょう。

後払い決済ならクレカなしでもコンビニ払いネット通販が劇的に便利になる

後払い決済ならクレカなしでもコンビニ払いネット通販が劇的に便利になる

ECサイトで買い物をするなら知っておきたい後払い決済とは?

後払い決済とは、商品を受け取った後に指定の方法で支払いを行う形の決済手段です。

クレジットカード決済やローン支払いに似ていますが、クレジットカードやローンが厳しい審査を経た人にしか使えないのに対して後払い決済は学生や主婦などでも気軽に使えるというメリットがあります。

特にネット通販と後払い決済は相性が非常に良いため、上手く使いこなすことができればクレジットカードを持っているのに近い感覚でネット通販を利用することが可能となるでしょう。

  • ペイチェン
    詳細はコチラ
  • アイマーケット
    詳細はコチラ
  • 即日 アリア 後払い
    詳細はコチラ
一緒に読みたい

後払い決済の基本的な利用方法を紹介

後払い決済を利用するには、商品を販売するお店側が特定の後払い決済サービスに対応している必要があります。

ネット上のECサイトであれば「お支払い方法」の選択肢の中にクレジットカード決済や代引き決済などと並んで後払い決済が表示されていないと利用することはできません。

また後払い決済はECサイトとは別の代行業者によるサービスなので、そちらの利用会員登録も別途行っておく必要があります。

とはいえ会員登録には難しい審査はなく、必要事項を記入すれば基本的には誰でもすぐに利用可能になります。

登録作業自体も簡略化されている場合が多く、たとえば大手後払い決済サービスの一つ「ペイディ」はメールアドレスと携帯電話番号を登録後スマートフォンに送られてくる4桁の認証コードを入力するだけで後払い決済を利用することができます。

商品が手元に届いた後は、メールで送られてきた支払い手順に従ってコンビニなどで料金支払いを済ませれば決済完了です。

後払い決済サービスを提供している企業とは?

現在、日本国内には様々な後払い決済サービスが存在しています。

大きく分けると「ペイディ」「後払いドットコム」のような独立系のサービスと、ソフトバンク・クロネコヤマト・佐川急便などの大手企業が手掛けるサービスとに分類可能です。

特に最近勢力を増しているのが日本のAmazonで公式に取り入れられたペイディで、現在はビックカメラドットコムやDMMドットコムなどでも広く使用できるようになっています。

ECサイトでのネットショッピングで後払い決済を使う場合、ユーザー側に選択肢はほとんどありません。

そのECサイトが提携している後払い決済サービスを必然的に使うことになるため、様々なECサイトで同じように利用できるサービスを一度使って慣れておくと便利です。

ちなみに後払い決済は代行企業が消費者を相手に取引をするBtoCのサービスで、企業が企業相手に取引するBtoBでの後払いは「掛け払い」と呼ばれて区別されています。

後払い決済でコンビニ支払いをする際の方法

後払い決済を行なった後の料金支払いにはコンビニを使うのが一般的です。

具体的な支払い方法はコンビニの種類によって若干異なりますが、基本的な流れは同じなので落ち着いて作業しましょう。

セブンイレブンであればマルチコピー機、ローソンならロッピーといったようにコンビニ内に置かれている端末を操作して受付票を発行した後レジで精算するのが主な手続きとなります。

端末にはメールで送られてきた暗証番号を入力することになるので、必ずメール内容を確認できるスマホやメモを用意しておくようにしましょう。

またセイコーマートなど一部のコンビニでは端末操作ではなくレジの店員に直接ネットの支払いをすることを伝えて精算をする場合もあります。

端末の操作画面で戸惑ってしまうこともあるため、使用するコンビニごとのヘルプは事前に確認しておくと安心です。

他にも後払い決済サービスの中には専用アプリに対応しているものもあります。

専用アプリを使うと暗証番号の入力や受付票の発行を飛ばして店員に直接バーコードを提示することで精算ができるようになります。

後払い決済を使う上での注意点

後払い決済はあくまで支払いを一時的に先延ばしにしているだけで、理論的には借金をしているのと変わらない状態になります。

支払いが滞ってしまうと相応のペナルティを受けることになるため、使い過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

意図的に支払いを遅延するつもりがなくても、うっかり支払い期限を過ぎてしまうということもあるので特に注意が必要です。

サービスによっては支払い期限が数日しかないこともあるので、病気などで数日間コンビニに行けない状態が続いてしまうとそれだけで支払い遅延を起こす可能性があります。

それと後払い決済に似た名前のサービスに「後払い現金化」「ツケ払い現金化」がありますが、これらは規制対象となったファクタリングという金融サービスに近いもので、後払い決済とは根本的に異なります。

詳しい知識を持たないまま2つのサービスを混合して利用してしまうと大変な失敗に繋がる恐れもあります。

そのため後払い決済と後払い現金化については、しっかり調べてから利用することが推奨されます。

後払い決済についてのまとめ

後払い決済とはクレジットカードの審査に通らない人でも簡単に利用することができる料金後払いサービスです。

特にネットで買い物をしたいのにクレジットカードがない、代引きは面倒といった人におすすめの決済方法となっています。

ただし支払いのためには後日コンビニに出向いて手続きをする必要があるので、忘れっぽい人は支払い遅延のトラブルを起こさないように気をつけましょう。

最近はAmazonなど大手のECサイトも次々に後払い決済の導入を始めているため、使い方を知っておくとお得になるケースも増えてきています。

キャンペーンでポイント還元などがある時はクレジットカードを持っていても積極的に後払い決済を試してみるようにしましょう。

ただし大きな注意点として、後払い決済は良く似た名前の後払い現金化サービスと混合しやすいという問題があります。

両者は内容も仕組みもまったく異なる別のサービスなので、後払い決済と同じ感覚で後払い現金化を使うことがないようにしてください。

以上、【後払い決済】新しい決済方法でお札や小銭いらずの買い物がもっと便利になる…でした。