個人間送金アプリがどんなものか、どういったメリットがあるのかについて詳しく解説しています。銀行振込や書留といった古くから利用される送金方法に比べて、トレンドになろうとしている個人間送金のどこが優れているのか、どんな恩恵を受けられるのかが分かります。利用する場合の注意点も取り上げるので、これから個人間送金を利用しようと考えている方は参考になります。

個人間送金アプリの流行る最新技術を確認!簡単に送金が可能な万能アプリ

個人間送金アプリとは銀行振込などの従来の個人間送金とは異なり、銀行を利用せずに相手にお金を送れるサービスです。

相手の本名や住所といった個人情報が分からなくてもスマートフォンのアプリを使って送金できるため、一般的な送金方法よりも手軽でプライバシーが守られるなど魅力的な特徴があります。

ネットで知り合った相手にカンパしたり、友人に立て替えてもらっていた飲み代などをスマホがあれば簡単に送金できるでしょう。

送金方法の仕組みによって、いくつかの種類があるので次の項目で詳しく確認しましょう。

気になるページ
  • ペイチェン
    詳細はコチラ
  • アイマーケット
    詳細はコチラ
  • 即日 アリア 後払い
    詳細はコチラ

個人間送金アプリには4つの種類がある!それぞれの特徴について

個人間送金アプリの種類は大きく分けて次の2つあります。

・実際のお金をやり取りするタイプ
・電子マネーをやり取りするタイプ

電子マネーをやり取りするタイプは利用する電子マネーの種類によって使えるサービスや手数料が変わります。

また、銀行口座から直接送金するタイプは送金先の銀行が限られる場合があるので利便性の面で電子マネー方式よりも不利になるケースもあります。

送金するお金を用意する方法も送金アプリの種類ごとに違いがあります。

多くはアプリを使って電子マネーにチャージをし、電子マネーを送金しますが、従来通り銀行口座からの引き落としを使うものもあります。

さらにアプリによってはコンビニの専用端末で支払伝票を発行し、それをレジに持っていき会計することで送金することも可能です。

登録手続きの違いにも注目しましょう。

電子マネーを利用するタイプには本人確認が不要なものもありますが、銀行口座を利用するものは本人確認が必須です。

アプリによってできることに大きな違いがあるので、利用の際は必要な機能をサービスが有しているか確認してください。

個人間送金アプリの押さえておきたいメリット!なぜ利用すべきか

個人間送金アプリのメリットはスピードと手数料の安さです。

スマホで送金手続きを行えば銀行振込に比べて圧倒的に短い時間で処理が完了します。

たとえば「LINE Pay」の送金処理は申し込みが完了した直後に、相手のアカウントに送金額が反映されます。

このスピード感を体験すれば、反映されるのが翌営業日になることもある銀行振込は使いたくなくなるでしょう。

しかも個人間送金は24時間365日いつでも同じ条件で送金が可能です。

基本的に15時でその日の送金処理ができなくなる銀行振込とは利便性でも大きな違いがあります。

手数料の安さは、さらに魅力的です。

LINE Payなどの大手が運営している個人間送金アプリは手数料が無料に設定されています。

数百の品物の代金を個人間送金アプリを使って支払えるでしょう。

キャンペーンやポイントバックイベントもあります。

手数料を取られるどころか、お得なので積極的に使っていけます。

相手が対応できるなら銀行振込よりも個人間送金アプリが断然早くてリーズナブルです。

初心者が個人間送金アプリを利用する際に確認もしくは注意すべきこと

個人間送金アプリは手数料を抑えて送金できる点が非常に魅力的ですが、チャージした分を出金する際に手数料を取られる場合もあるので注意してください。

出金手数料の金額はアプリによって異なり、無料~220円ほどが相場です。

出金額にかかわらず一律の手数料となっているケースがほとんどなので、手数料を減らすためにまとめて出金するほうがいいでしょう。

送金に利用する電子マネーが数多くの店舗で支払いに利用できるなら、出金せずにそのまま支払いに使ったほうがお得です。

その場合は出金手数料が高くても問題になりません。

出金方法が指定されている点にも気をつけてください。

銀行振込で出金するケースが一般的ですが、なかにはコンビニのATMからしか出金できないものもあります。

さらに入金できる銀行口座まで制限されている場合もあるので、利用の際は入出金の条件を入念に確認することをおすすめします。

おすすめの個人間送金アプリを紹介!迷ったらコレを使おう!

ここではおすすめの個人間送金アプリを紹介していきます。

PayPayやLINE Payをはじめとした10種類を超える個人間送金アプリがあるので、詳しくない方はどれを選べばいいか分かりにくい状況です。

すぐに利用でき、安全で便利な個人間送金アプリを取り上げるので、選ぶ参考にしてください。

最初に紹介するのは「PayPay」です。

電話番号やPayPayのID、もしくはQRコードで相手を指定して簡単に送金できます。

トップクラスの会員数がいるPayPayであれば利用している方も多いので、送金に利用できる機会は他の送金アプリに比べて多いでしょう。

次に紹介するのは「PayPal」 です。

海外企業が手掛ける決済サービスでネットショッピングの支払いに長く使われてきた歴史と実績のあるサービスです。

魅力は送金限度額で、1度に最大100万円まで送れます。

一般的な送金アプリの5倍~10倍の限度額です。

事業者が大口の送金をする場合にも活用できるでしょう。

最後に取り上げるのは「Pring」です。

月に1度だけですが無料で出金できます。

出金回数が少ない方におすすめです。

送金手数料も無料で、出金に対応している銀行も大手に引けを取りません。

2021年にGoogleの傘下に入ったため、Google Payとの連携も期待されるなど魅力の多いサービスです。

まとめ:個人間送金アプリは現金化にも使える

個人間送金アプリは友人や会社の同僚、さらにはネットの知り合いや個人間の売買にも使える利便性の高いサービスです。

送金手数料がかからず、チャージした電子マネーをそのまま支払いに利用することもできます。

同じ送金アプリをインストールした相手にしか送金できませんが、これから利用者が増えることが予想されるので、使う機会は多くなるでしょう。

今から慣れておけば、周囲が使い始めた時に戸惑わずに済みます。

個人間送金アプリを選ぶポイントは出金手数料と送金上限額です。

個人間送金アプリは送料がかかりませんが、出金手数料は請求されます。

多くは200円で銀行の振込手数料とそれほど変わりません。

何度も出金するような使い方が必要な場合は「J-Coin Pay」のような出金手数料がかからないものを選びましょう。

一般的な使い方ではありませんが、個人間送金アプリはクレジットカード現金化にも利用できます。

アプリで電子マネーをチャージして、それを出金するだけで簡単に現金を受け取れます。

手数料もわずかですし、ネットの現金化業者を利用するよりもお得です。

以上、個人間送金アプリは銀行を利用せずに相手にお金を送れる人気のサービス…でした。