フリマアプリ(ラクマ)は日本で最大級のラクマで、商品を出品して購入者が見つかれば売り上げが出ます。取引と出金には手数料がかかるので、その分も加味して必要な現金を手に入れられるように使うのが大切です。購入者の支払い手続きや出金の手続きに時間がかかるため、一週間くらいは余裕があるときに有効な現金化方法です。

フリマアプリ(ラクマ)による現金化を考えるときに知っておきたいポイント

ラクマのフリマアプリ

フリマアプリ(ラクマ)とはどのようなサービスか

ラクマは楽天株式会社が運営している国内最大級のラクマです。

個人が自由に商品を出品できるシステムになっていて、別のユーザーが欲しいと思ったら買ってくれます。

現金が必要で困ったときにも使えるサービスですが、どのようにして使うと良いのでしょうか。

ラクマで商品を売るときの基本的な流れや手数料の状況、現金調達で使うときのコツを網羅的に解説します。

  • バンドルペイ
    詳細はコチラ
  • あしすとPAY
    詳細はコチラ
  • ポンポン
    詳細はコチラ

※コチラの後払い(ツケ払い)現金化も理解しておきましょう。

ラクマで商品を売るときの基本の流れ

ラクマで商品を売るときには楽天の会員になった後で、商品を出品します。

商品の詳細やカテゴリ、ブランドなどの指定や、配送料の負担方法、配送方法や配送日の目安などを入力していくと簡単に商品を登録可能です。

ラクマでは売れなければお金にならないので、いかにして売れるように商品情報を充実させるかが重要になります。

そのために欠かせないのが写真を載せることで、ラクマでは四枚まで写真を掲載できます。

ラクマでは購入申請の有無も設定することが可能です。

購入申請をなしに設定すると、購入者はすぐに支払い対応をしてくれます。

購入申請をありに設定した場合には、複数の候補者が出てきたときに出品した人が購入者を選ぶことができます。

出品を終えて購入者が出たら承認を行い、支払いが行われたのを確認したら商品を発送するという流れで商品を売れます。

ラクマで商品を売った後の出金方法

ラクマで商品を売るのに成功したら、自分で出金をしないと現金を手に入れることはできません。

ラクマでは出品者と購入者の間で直接現金のやり取りをすることを禁止しています。

楽天スーパーポイントとして使える楽天キャッシュポイントという形で売り上げが貯まっていくので、現金にしたい場合には振込申請をすることが必要です。

振込申請をするためには二つの条件を満たさなければなりません。

一つは振込先の銀行口座を用意することです。

楽天銀行に限定されるわけではないので、口座を持っているならどれを使っても構いません。

もう一つは楽天キャッシュポイントを1,000ポイント以上現金にすることです。

1ポイント1円なので、1,000円以上の売り上げがないと現金を調達できません。

上限額も50万円と定められていますが、複数回申請すれば何百万円でも振り込んでもらうことが可能です。

ラクマを使うときにかかる手数料

ラクマを利用するときには手数料がかかるのかが気になる人もいるでしょう。

ラクマを利用するための楽天への会員登録は無料で、月額料金も一切かかりません。

また、ラクマでは出品手数料もかからないので、売れなかったときには商品情報の書き方や価格を変えて出品しなおすことも簡単です。

ただ、売れたときには販売手数料を負担しなければなりません。

売れた金額の3.5%が販売手数料となるので、1万円で売れたとしたら350円の手数料がかかります。

また、ラクマでは現金にするときに手数料がかかる場合があります。

1万円以上を楽天銀行の口座に振り込むように申請した場合には手数料が無料です。

しかし、9999円以下の場合や楽天銀行以外に振り込みを依頼した場合には210円の振込手数料を負担することになります。

少額で繰り返し振り込んでもらうと無駄に費用が掛かるので注意が必要です。

💴金融に強いベテランスタッフが対応する現金化サイト→スピードペイ

ラクマで現金化するときのコツ

ラクマを使って現金化をしたいときには売れる可能性が高いものを出品するのが大切です。

不要なものを売るのであれば問題はありませんが、買ったものをすぐに売ってお金にしたい場合には注意しなければなりません。

また、チケットを定価以上の価格で売ることはできないので気を付けましょう。

コンサートやスポーツなどのチケットを転売して稼ぐ方法は昔からよく注目されていますが、ラクマを使って行うことはできないのです。

ラクマでは金券の販売は禁止しているので、換金性を重視する場合には慎重に商品を選ぶ必要があります。

ゲームソフトやDVDなどの新作を狙ったり、高級ブランドのレアものを出品したりすると高値でも買ってくれる人が見つかりやすいでしょう。

他にも骨董品や中古のブランド品を買い付けて売ることもできますが、ブランド品はまがい物を販売してしまうと禁止行為に相当するので注意が必要です。

【おもちゃ現金化】愛好家へ意外に高く売れるネットオークションもアリ

ラクマで現金化する方法のまとめ

ラクマで現金化をする方法は多くの購入者候補がいるので魅力があります。

ただ、急に現金が必要になったときに売れるかというとそうとは限りません。

口コミでも「結局売れるのに三日もかかってしまった。」「売れたまではよかったけれど入金が遅くて一週間近くお金が入りませんでした。」といった内容が散見されます。

買ってくれる人が見つかりやすいラクマとしての魅力はありますが、即日で現金を手に入れるのは容易ではありません。

今週中に現金が欲しいといった形で数日の猶予があるときにはラクマを使うと良いでしょう。

調達を含めて一週間の余裕があれば高い確率で現金を手に入れられる方法です。

借金じゃない!新しいお金の作り方

  • バンドルペイ
    詳細はコチラ
  • あしすとPAY
    詳細はコチラ
  • ポンポン
    詳細はコチラ

以上、【フリマアプリ ラクマ】現金化は人に役立つ出品でお金が手に入るサービス…でした。