バンキットカードの後払い現金化は何がそんなに魅力的なのか徹底解説!

バンキットカード現金化

クレジットカードは利用できないけれど現金化がしたいときに頼れるのがバンキットカードです。

バンキットカードはスマホアプリとして利用できるプリペイドカードですが、チャージ料金を後払いにできるため自由にできるお金が無くても後払い(ツケ払い)現金化を活用すれば現金が手に入ります。

今回はこの便利すぎるバンキットカードの特徴やメリット・デメリット、使い方について解説します。

バンキットカードの特徴

バンキットカードは信販会社アプラスが手掛ける新しいタイプのプリペイドカードです。

これまでのプリペイドカードは実際にカードを作成して、それにポイントをチャージすることで支払いに利用できる仕組みがほとんどでした。

バンキットカードはカード形式の代わりにスマートフォンアプリから利用します。

スマートフォンアプリにしたことでカードを持ち運ぶ必要が無くなり、紛失や盗難といったトラブルとは無縁になりました。

使い勝手はクレジットカードとさして変わりません。アプリから利用できるバーチャルカードですからネットでの支払いにはクレジットカード感覚で利用できます。

注目のサービスは「おたすけチャージ」と呼ばれる後払いシステムです。

お金を持っていなくても10,000円分以上をチャージして買い物の支払いに利用できます。

これまでもチャージした分を後払いできるバーチャルカードはありましたが、チャージできる最高額が20,000円まででした。

バンキットカードのおたすけチャージの最大額は30,000円です。10,000円の違いですが食費にも困るくらい切羽詰まっているときに受け取れる金額としては大きいでしょう。

バンキットカードで現金化するメリット

バンキットカードはアプリから利用できるプリペイドカードというだけでも十分なメリットですが、それに後払いによる現金化が加わることでメリットが一気に増えます。

最初に注目したいメリットは金融事故を過去に何度も起こしていても後払いサービスを使った現金化ができることです。

クレジットカードを使った現金化にはクレジットカードが必要です。しかし返済の延滞や債務整理のような金融事故を起こすとローン履歴に傷が付き、クレジットカードが利用停止になります。

バンキットカードはローンサービスでもクレジットカードでもないのでローン履歴に傷があっても利用可能です。

2つ目のメリットは支払いを1ヶ月遅らせることができることです。

後払いですから支払いの請求が来るのは1ヶ月後になります。後払いを利用した現金化を利用する場合は、お金に余裕がありませんから支払いを1ヶ月先送りできるのは助かるでしょう。

3つ目のメリットは後払いで最大3万円まで利用できる点です。

何の担保も無しに、いきなり3万円分の買い物ができるようになるサービスは他にありません。仮に換金率70%のセルフ現金化をした場合でも手元に21,000円残ります。これだけのお金がポンと出てくるわけですから驚きです。

バンキットカードで現金化するデメリット

魅力的なメリットが満載のバンキットカードの現金化ですが利用に際しては気を付けたいデメリットかあります。

デメリットは複数ありますが、そのなかでもとくに注意したいのは現金化に欠かせない、おたすけチャージがインストール後すぐには使えないことです。

おたすけチャージを行うには運営に本人確認に利用できる身分証明書の写しを提出する必要があります。

提出手続き自体は簡単ですが確認手続きに時間がかかるため、後払いチャージが利用できるまでに申し込んでから1日~3日かかります。

おたすけチャージができないと現金化もできませんから、バンキットカードを使った現金化ができるようになるのは申し込みから最短でも翌営業日からになります。

おたすけチャージができる金額が制限されているのも大きなデメリットです。

本人確認が済み、おたすけチャージが可能になっても最初にチャージできるのは10,000円までです。

30,000円おたすけチャージするには10,000円おたすけチャージして、その分を支払うことを3回繰り返す必要があります。

この他にも、おたすけチャージをするたびに手数料(10,000円なら500円、30,000円なら1,000円)支払う必要があるなど細かなデメリットがあります。

バンキットカード現金化のやり方

ここまで記事を読んでバンキットカードに興味を持った方に向けて、バンキットカードに申し込んで現金化するまでの手順を解説します。

●バンキットカードアプリをインストールする

AppStoreなどで「バンキットカード」と検索してアプリをインストールしてください。

②バンキットカードに登録する

バンキットカードアプリを起動して登録手続きを済ませます。
メアドと電話番号だけで登録できます。

③本人確認

運転免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカードから2つを選んで写真を撮り運営に送信します。

④おたすけチャージ(後払いチャージ)を実行する

アプリ下部のメニューにある「おたすけ」をタップしておたすけチャージしてください。

⑤KiigoでiTunesギフトを購入する

通販サイトKiigoでiTunesギフトを購入します。支払いにはバンキットカードを使います。

⑥iTunesギフトを売却する

金券買取サイトでiTunesを売却して現金化します。

バンキットカードは便利なアプリだけれど現金化は要注意

バンキットカードはクレジットカードやローン契約なしでも最大3万円の後払いチャージが可能で、それを使って現金化ができる魅力的なサービスでした。

残念ながら、記事を執筆中の2020年12月の時点においてバンキッドカードのおたすけチャージは利用できなくなっています。

従来の後払い現金化よりも10,000円も多く現金化できるため、過去に金融事故を起こしたことがある方には大変心強いサービスでしたが運営の方針のため現金化は難しくなりました。

クレジットカードか銀行口座を使ったチャージにしか対応していないため、バンキットカードだけで現金化することはできません。

しかし、おたすけチャージは一時停止となっているだけで今後復活する可能性があります。

大変便利なサービスですから利用可能になる日に備えて登録を済ませておいて損はないでしょう。

本気でお金がほしい人はコチラ

2021年クレカ現金化人気業者3選