atone(アトネ)は後払いサービスの一種で、翌月にまとめてコンビニ払いか口座振替で支払いする仕組みになっています。現金の調達に使うためには商品を購入して買い取ってもらうことが必要です。上限額が低くて対応している店舗が少ないのがネックですが、少額の調達をしたいときには気軽に使えるメリットがあるサービスです。

atone(アトネ)現金化カードがいらないコンビニ後払い決済は人気!

atone(アトネ)現金化

atone(アトネ)は株式会社ネットプロテクションズが提供している後払いサービスです。

キャッシュレス化が進む中で後払いサービスがだんだんと登場してきました。

アトネは店舗やネットショップが決済サービスとして導入していれば利用できる後払いサービスで、利用する側はアプリをインストールすれば誰でも利用できます。

独自のポイントサービスもあるのが特徴で、利用価値が高い後払い(ツケ払い)現金化サービスとして注目されています。

  • バンドルペイ
    詳細はコチラ
  • あしすとPAY
    詳細はコチラ
  • ポンポン
    詳細はコチラ

atone(アトネ)の後払いサービスの特徴とは

アトネの後払いサービスにどのような特徴があるのかをまずは見ておきましょう。

後払いサービスとしてクレジットカードがよく知られていますが、アトネはクレジットカードが不要ですぐに利用を開始できます。

すぐに支払いをしたいときにも後払いが可能なのが特徴です。

また、まとめて翌月に一括払いで支払いをすることになりますが、支払い方法を自由に選択できます。

基本的にはコンビニ払いではあるものの、LoppiやFamiポート、電子バーコードや請求書に対応しているので使いやすいものを選べます。

Loppiお取扱いサービス一覧

口座振替にも対応しているため、クレジットカードと同じような感覚でキャッシュレス決済をすることも可能です。

アトネの独自のポイントサービスでは200円の利用につき1ポイントが付与されます。

ポイントは支払いの際に使用することが可能なので、以後のお買い物がお得になるのがメリットです。

atone(アトネ)
atone(アトネ)の特徴について
業者名atone(アトネ)
運営会社名株式会社ネットプロテクションズホールディングス
所在地東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル 5階
トータル評価 atone(アトネ) 星atone(アトネ)つ 高評価
詳細atone(アトネ)は後払いサービスの一種で、翌月にまとめてコンビニ払いか口座振替で支払いする仕組みになっています。現金の調達に使うためには商品を購入して買い取ってもらうことが必要です。上限額が低くて対応している店舗が少ないのがネックですが、少額の調達をしたいときには気軽に使えるメリットがあるサービスです。

atone(アトネ)を使って現金化をするときの基本

アトネを使って現金を手に入れるときには工夫が必要になります。

あくまでアトネは後払いサービスなので、直接現金を手に入れることはできません。

後払いで商品を購入し、その商品を売ることで現金にするという流れが基本になります。

アトネの導入はまだそれほど活発に進められていない状況がありますが、Qoo10のような総合ショッピングモールサイトでも利用できることから、売りやすい商品の調達をするのは難しいことではありません。

ブランドショップの実店舗でも利用できることから、その気になれば店頭で購入した商品をブランド中古買取店に持って行って買い取ってもらい、即日で現金を調達することが可能です。

ただ、通販を利用して商品を調達する場合には数日は期間が必要になるので注意しなければなりません。

さらに買い取ってもらいにリサイクルショップなどに行く手間暇を考えると現金を調達するまでに一週間以上かかることもあります。

リサイクル品は全般的に現金化が難しいのがポイント

atone(アトネ)を利用するときの注意点

アトネをうまく使えば比較的短期間で現金化ができますが、を利用するときには注意点もあります。

atone(アトネ)では会員登録を求められることになります。

会員登録料や月額利用料などは支払う必要がありませんが、アトネを使って後払いをしたときには一律で99円の負担をしなければなりません。

たくさん使っても、一回だけ使っても99円の負担だということを念頭に置いて、まとめてたくさん買うべきかどうかを考えるのが大切です。

ただ、アトネは利用上限額が低いので注意しましょう。

利用上限額が審査によって決まる仕組みになっていて、高かったとしても5万円です。

低い場合には1万円になるため、仮に購入金額の7割で商品を買い取ってもらえたとしても7,000円~3万5,000円にしかなりません。

このくらいの金額で現金が足りるのであればアトネを使う魅力がありますが、全然足りない場合には他の方法も検討した方が良いでしょう。

atone よくある質問Q&A

どんなお店で使うことができるのですか?
多くのネットショップで使うことができます。Qoo100、アットスタイル、めちゃコミックなど有名店も多くあります。「atone」のマークがあれば利用できるので、決済前に確認するようにしてください。
貯まったポイントは何に使えますか?
200円で1ポイントになり、貯まったポイントは支払い時に使うことができます。また、ショップサイトにて商品と交換することも可能です。
支払いはいつすることになるのですか?
請求書払いだと翌月の20日です。1回ごとに支払うのではなく、月ごとの金額をまとめて20日に支払うことになります。
いくらまで使うことができますか?
金額の上限は基本的に5万円までとなっています。ただし、利用状況で上限金額も変わってくるので、全員が5万円までに設定されているわけではありません。

atone(アトネ)で現金化するときのコツ

アトネを利用して現金化をするときにはコツがあります。

商品数の多さでは総合ショッピングモールサイトが魅力的ですが、しばしば決済が受け付けられずにキャンセルが起こることが報告されています。

確実性を重視するならブランドショップやコミックショップのように換金率が高くて直接取引を行えるところを使うのが得策です。

また、購入前に売却相場を調べておくことも重要になります。

アトネを利用できるショップはかなり数が少ないので、ショップで何を買ったら最も換金率が高いのかを計算しておくのが賢い方法です。

上限額が決まっているので、買える範囲で付加価値が大きいものを調達しましょう。

時間的に余裕があるのならフリマアプリなどで売った方が中間マージンを取られないので金額的には大きくなります。

このような形で状況に応じた工夫も重ねることで、アトネの後払いサービスのメリットを生かせるようになるでしょう。

【フリマアプリ ラクマ現金化】人に役立つ出品でお金が手に入るサービス

atone(アトネ)で現金化する方法のまとめ

アトネで現金を手に入れるためには後払いサービスで調達した商品を売ることが必要です。

商品の換金価値が高いものを選ばないとなかなか現金を獲得できないのが問題点で、口コミでも「5万円しか払えないから必要な金額が手に入らなかった」「2万円しか使えなかったのであきらめた」という評価があります。

ただ、「数千円欲しいときならアトネで全然問題なし」といった口コミもあるため、アトネを有効活用する道もあります。

使い方次第で善し悪しが決まるサービスだと考えることができるでしょう。

基本的に手数料が請求時の99円しかかからず、審査なしで利用を開始できるのはメリットなので、現金が手元になくて困ったときには活用してみると良いでしょう。

緊急でお金が必要になったらコチラ

  • バンドルペイ
    詳細はコチラ
  • あしすとPAY
    詳細はコチラ
  • ポンポン
    詳細はコチラ

以上、【アトネ】ネット実店舗で使えるコンビニ後払い決済の現金化は使える…でした。