アップルが提供している新しい決済方法がApple Payです。このApple Payを利用するとこれまで以上にスマートに決済を行うことができるのです。この記事ではまだまだ利用者が少ないApple Payについて詳しく解説しています。設定方法やよく寄せられる質問についても答えていますから、興味がある人はぜひ読んでおくことをオススメしています。

Apple Pay(アップルペイ)アップルが提供する新しい非接触型決済手段はスマートで清潔

Apple Pay

Apple Pay(アップルペイ)とは、iPhoneやMacなどで有名なAppleが提供している決済プラットフォームやAppleのCPUを使用しているデバイスにのみ搭載されているモバイルウォレットのことです。

さらに簡単に説明するとiPhoneやApple WatchなどのApple製のデバイスで使えるキャッシュレス決済といえばわかりやすいでしょうか?

これ単体では決済することができず、walletアプリを利用し設定を行うことで初めて使用可能になるのです。

Apple Payに設定できる支払方法としてはクレジットカードが一般的ですが、最近ではそれ以外の支払い方法も選択できるようになりました。

例えば..

・交通系電子マネー
・ポイントカード
・Payアプリ

などが挙げられます。

  • ギフトジェシー
    詳細はコチラ
  • 買取タイガー
    詳細はコチラ
  • 買取レオン
    詳細はコチラ

Apple Pay 3つの特徴

・ スムーズに利用することができる
・ クレジットカードのように簡単に情報が漏洩しないのでセキュリティー的に安心感がある
・ 対応しているお店がどんどん増えているので注目を集めている

Apple Pay 利用方法 使い方は?

Apple Payを利用するためには事前に設定をしておかなければなりません。

Apple Payの決済に利用することができるのは三井住友カードの「Vpassアプリ」、もしくはiPhoneに標準搭載されている「Walletアプリ」です。

Walletアプリであれば 最初からiPhoneにインストールされていますし、 三井住友カードを持っている人であればきっとVpassアプリも使い慣れていることでしょう。

Apple Payを利用して買い物を行うときの方法は以下の通りです。

・店頭でApple Payを使用する場合、店員さんにApple Payで支払うか伝える。
・ロックを解除する(認証をする)
・ロックを解除した apple Watchなどのデバイスをレジのリーダー機にかざす。
・決済は、Walletアプリに登録されたメインカードで完了する

つまりあなたは買い物をするときに設定された端末をレジのリーダーにかざすだけです。

財布から クレジットカードを取り出す必要もないので、まるで手をかざしただけで買い物が出来るような錯覚に陥ることでしょう。

Apple Pay 利用までの流れメリットなど

Apple Payは「NFC」という非接触型ICの技術によって、リーダー機に触れなくても瞬時に情報を読み取ることができます。

まさに近未来の決済方法を具現化したような流れなので、周囲の人から羨望の眼差しで見られるかもしれませんね。

最近はリーダーにクレジットカードや携帯端末を置くだけで決済できるようになってきましたが、リーダーに「自分の持ち物を置く」と言う行為に抵抗を感じる人も増えてきたようです。

特にコロナウィルスの流行によりその傾向は顕著になりましたね。

確かにリーダーは誰が触っているか分からないので、清潔とは言えないかもしれません。

しかしApple Payの端末であれば、リーダーに触れる必要はありません。

数センチ離してかざすだけで決済が完了するので、本当に清潔に済ますことができるのです。

QUICPay(クイックペイ)カード QUICPay(クイックペイ)非接触型決済サービスで買取や現金化は可能なのか?

Apple Pay 注意点 安全性など

あまりに簡単すぎてセキュリティーが心配と思う人も多いかもしれません。

そんな時は端末にFace IDを設定しておきましょう。

これなら万が一落としてしまった時も他人がそのまま利用することができません。

最近Apple Payを利用して決済できるスポットも増えてきましたが、まだまだ広く普及しているとは言い切れないのが現状です。

そのためあなたが使いたいと思っているお店で利用することができるかどうか、事前にチェックしておくことをオススメしています。

さらに端末の充電が切れてしまうと決済することができなくなってしまうので、常に端末が充電されているかどうかは意識しておかなければいけないと言うデメリットもありますね。

当面の間はApple Payだけの決済方法に頼るのではなく、念のために他の決済方法も利用できるように持っておくのが良いでしょう。

Amazon Pay(アマゾンペイ)はQRコードを利用して支払いが即座に終了 Amazon Pay(アマゾンペイ)はQRコードを利用して支払いが即座に終了

Apple Pay よくある質問

Apple Payってネットショッピングで利用することもできるの?
はい、利用することができます。ネットショップやアプリの課金などの決済にも対応しています。
apple Payを利用した端末にはカードの情報が残ってしまうの?
Apple Payは買物の際にデバイス固有番号と独自の取引コードを使用するためiPhone内にもカード情報が残りません。さらにサーバーにもカードの情報が残る事はありません。
万が一端末を紛失してしまったらどうなるの?
遠隔操作でiPhone機能の一時停止、登録したクレジットカード情報の削除ができるので、万が一 落としたり盗まれてしまっても不正利用される心配がありません。この点では現金やクレジットカードよりも安心して利用できると言えるでしょう。
アップル製の端末なら全てがApple Payに対応しているの?
いいえ、残念ながら全ての端末がApple Payに対応しているわけではありません。
apple Payを利用して公共交通機関に乗ることができる?
カードが紐づいたApple Payは、実店舗での決済だけでなくSuicaやPASMOにチャージもできるので 公共交通機関の利用も可能です。

Apple Pay 口コミ

「Apple Watchを買ったので一緒にApple Payの設定もしてみました。すっとかざすだけで決済が終了するのでめちゃくちゃ便利です」

「Apple Payを使うようになったんですけど、まだまだApple Pay決済ができるお店がそれほど多くないのがデメリットですね。今後の普及に期待しています」

「他の決済方法を用意していなくて端末の電池が突然切れたのでびっくりした。結局買い物ができなかったので恥ずかしい思いをしちゃいました!!」

Apple Pay 現金化まとめ

Apple Payを利用すればスマートに買い物をすることができます。

Apple Payを利用して現金化したいと思っているなら、例えばApple Payで購入した換金率が高そうな商品を買取ショップで買い取ってもらえば簡単に実行することができますね。

まだまだ決済方法としてはこれからの段階ですが、非常に便利なのできっとこれから普及していくのは間違いないでしょう。

Google Pay Google Pay(グーグルペイ)Androidスマホ向け非接触決済サービスで一括管理

以上、【Apple Pay】非接触型決済で清潔なスマート決済の買物ができる…でした。