ファクタリングを利用していてトラブルに巻き込まれてしまった場合、弁護士に相談すべきであることを説明しています。どんな場合に弁護士に相談したら良いのかが一目でわかるようになっています。またファクタリングのトラブルに強い弁護士の探し方についても解説しています。トラブルに巻き込まれてしまう前に、解決策を知っておくのは大切なことです。

ファクタリングに強い弁護士の見つけ方でトラブルや危険に巻き込まれない

ファクタリングに強い弁護士の見つけ方でトラブルや危険に巻き込まれない

ファクタリングとは、法人や個人事業主が売掛債権をファクタリング会社に売却し、支払期日よりも前に現金化するという資金の調達方法です。

最近では融資ではなくこのファクタリングを利用して資金調達をする人たちも増えています。

融資を受けるよりも圧倒的に早いスピードで現金を手に入れることができるだけではなく、借金にならないので会社の信用に傷がつくこともありません。

しかしファクタリングが浸透するにつれて、ファクタリングに関連したトラブルも増えています。

トラブルといえば弁護士に相談して解決してもらうのが一般的であるものの、ファクタリングに強い弁護士はそれほど多くないのです。

そこで、この記事では弁護士に依頼する場合に知っておくべき知識や ファクタリングに強い弁護士の選び方などについて解説します。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングに強い弁護士に相談するトラブルとは

ファクタリングに伴って起こるトラブルにはどんなものがあるでしょうか?

よくあるトラブルについてざっくりと相談します。

もしこんなシチュエーションになってしまったら、迷わずファクタリングに強い弁護士に相談しましょう。

・ファクタリングの返済ができない
・ファクタリングを利用するときの手数料が高く支払ができない
・期日までに返済できない
・ファクタリング業者が「債権譲渡通知」を取引先に誤送信してしまった
・ファクタリング業者が取り立ててくる
・ファクタリングを利用していることがバレ、売掛先から取引を解消されそう
・架空債権でファクタリングを利用した
・売掛先からの入金遅延
・その他、ファクタリング業者から訴えられそうになっている

ここに該当する以外のことでも困ったことがあったらファクタリングに強い弁護士に相談するのが良いですし、「もしかしたら利用中のファクタリング会社が悪徳業者かもしれない」という嫌な予感でも大丈夫です。

ファクタリングに強い弁護士②

中でも、「これは絶対にファクタリングに強い弁護士に相談しなければいけない」トラブルついて紹介します。

・手数料が法外なほど高額

ファクタリング会社ほほとんどは、良心的な手数料で手続きをおこなってくれます。

しかし、ファクタリング業者を隠れ蓑にした悪徳業者が少なからず存在し、「利息制限法の総量規制に抵触しないから」という理由で超高額な手数料を請求してくることがあるのです。

これは極端な例ですが、利息制限法では「マックス年利20%」と定められているのにもかかわらず、堂々と公式サイトに「手数料:買取額の30%」と掲載しているケースもあるのです。

これは年利に直すと、100%を余裕で超える金利であり、明らかに法外です。

もしあなたが利用しているファクタリング業者がこのような悪徳業者であれば、すぐに弁護士に相談すべきです。

・ファクタリングを毎月定期的に利用している

ファクタリングは将来の利益を前借りする資金調達の方法であり、 常に利用して良いものではありません。

しかし資金繰りに苦労しているからといってコンスタントにファクタリング業者を利用していると、その沼から抜け出せなくなってしまうのです。

毎月、安くない手数料を支払いながらファクタリングを利用しているのは、長い目で見れば絶対に業績を圧迫します。

ファクタリングに関わる手数料というのは、利息制限法の類推適用ができます。

そのため、早い段階でファクタリングに強い弁護士にキチンと相談し、ファクタリングループから抜け出しましょう。

ファクタリングに強い弁護士③

ファクタリングでトラブルを抱えたときには、ファクタリングに強い弁護士を選ぶ必要がありますが、どうやってその事実を見分ければいいのでしょうか?
まず最初に、法律事務所のホームページの取扱業務をチェックします。

そしてそこに「ファクタリング」と記載されている弁護士に依頼をしましょう。

もし 過去の実績がホームページに掲載されていれば、それは非常に良い印となるでしょう。

弁護士にも色々なタイプがいて、ファクタリングに強い弁護士とそうでない弁護士がいます。

もしファクタリングに関してあまり知識がない弁護士に依頼してしまうと、最善の結果が得られない可能性が多いのです。

もしファクタリングについてホームページに掲載がないようであれば、ヤミ金に関わる案件を扱った経験がある弁護士がお勧めです。

ヤミ金を専門としている 弁護士はファクタリングに関してもしっかりとした知識を持っていることが多く、過去に取り扱った経験があるかもしれません。

ファクタリングに強い弁護士に関する質問Q&A

ファクタリングに強い弁護士ってどんな人でしょうか?
二社間ファクタリングなどで発生するトラブルに対応している弁護士です。
ファクタリングに強い弁護士を利用する注意点は?
費用です。無料ではないので、それなりの費用が必要です。
ファクタリングに強い弁護士以外の解決方法は?
認定司法書士であれば、140万円未満のファクタリングトラブルに対応できます。
手数料が高く感じますが、ファクタリングに強い弁護士に依頼すべき?
まずは相談が良いでしょう。ファクタリングの相場やトラブルに詳しいので、相談してみるのもおすすめです。
個人保証が必要といわれました。ファクタリングに強い弁護士に依頼すべき?
依頼すべきです。個人保証があると、もはや貸金扱いになります。違法なファクタリングの可能性が高いので依頼しましょう。

ファクタリングに強い弁護士まとめ

ファクタリングは借金をすることなく会社の 財務状態を改善できる方法として今とても注目を集めている方法です。

きっとこの記事を読んでいる人の中にもファクタリング業者の利用を検討していたり、実際に利用したことがある人も少なくないはずです。

しかし残念なことに、ファクタリングに関わるトラブルは年々増加しています。

もしファクタリングのトラブルに巻き込まれてしまったときに慌てることがないように、 トラブルが自分の身に降りかかってしまったときにファクタリングに強い弁護士に相談することなどを覚えておきましょう。

しっかりとした備えをしておけば、万が一トラブルに見舞われてしまった時にも慌てずに対処することができるでしょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリングに強い弁護士】利用してトラブルに巻き込まれたら相談する…でした。