ファクタリングでは審査があるので、審査落ちをして資金を調達できないケースがあります。ファクタリングで審査落ちが起こるのは、売掛債権の信用性がないのが主な原因です。落ちる理由を理解した上で対策をすればファクタリングを利用できる可能性があります。信用のある取引先の売掛債権を使用してファクタリングを申し込むのが最も効果的です。

ファクタリングで審査落ちがあり得るの?落ちる理由を知っておこう!

ファクタリングで審査落ちがあり得るの?落ちる理由を知っておこう!

ファクタリングは中小企業でも比較的容易に資金を調達できる手段として有名になっています。

ただ、ファクタリングで資金調達をしようとしたのに審査落ちになるという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

ファクタリングではどの企業でも確実に利用できるわけではありません。

ファクタリング会社が損失を負わないように審査をしています。

この記事ではファクタリングの審査落ちの詳細と、落ちる理由や対策について紹介します。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングの審査落ちとは

ファクタリングの審査落ちとは、ファクタリング会社に申し込んで必要書類を提出した後、取引できないと断られてしまうことです。
ファクタリングを申し込んだときには一般的に取引に使用したい売掛債権に関する証拠書類と自社の銀行口座の通帳のコピーを提出します。

他にも必要書類があるファクタリング会社もありますが、提出を求められた書類による審査を受けてからファクタリングの可否についての通知を受けるのが一般的です。

ファクタリング会社ではリスクが高い取引になる場合には審査落ちにして取引を拒否しています。

ファクタリング会社は慈善事業をおこなっているわけではないので、取引を通じて利益を得られるようにしなければなりません。

審査をしているのは利益になる可能性が高いか、損失が出るリスクが低いかを確認するのが目的です。

損失になる懸念が大きい場合には審査落ちになって資金調達ができないことがあります。

ファクタリングの審査で落ちる理由

ファクタリングの審査で落ちる理由は売掛金の回収が難しいから、あるいは回収できない可能性が高いからというのがほとんどです。

ファクタリングでは売掛債権を譲渡する代わりに資金調達をする仕組みになっています。

100万円の売掛債権を持っていたときに、90万円で買い取り、売掛先から債権回収をしたら10万円の利益になります。

このような方法で売掛債権の額面から手数料を取った金額で買い取り、債権を行使して資金回収をすることで利益を得ているのがファクタリング会社の特徴です。

そのため、ファクタリングの審査では売掛先企業がきちんと支払えることが重要になります。

審査で落ちる理由は売掛先企業の売上に問題があって支払えないと考えられたから、あるいは今までに売掛金の支払いを期日通りにしたことがなかったからというのが典型的です。

このような際には審査に長い時間がかかることが多く、最終的に審査落ちになってしまいがちです。

ファクタリングの審査落ちを回避する方法

ファクタリングの審査落ちを回避するには、ファクタリング会社に提出する売掛債権を厳選するのが最も重要です。

売掛先企業が信用できるならすぐに審査が通ります。

例えば、東証一部上場企業との契約をしていて請求書を出したというときには、その請求書をファクタリングに使えば高い確率で審査が通ります。

しかし、零細企業でいつ倒産するかわからない企業や、実績がない個人事業主に対する売掛債権を出しても審査落ちになるでしょう。
ただ、取引先が零細企業や個人事業主だったとしても、今までに取引の実績があれば問題にならないこともあります。

長期の取引契約をしていて、毎月必ず期日までに支払いをしているという実績があれば信用できる取引先だと考えてもらうことが可能です。

ファクタリングの申し込みをするときには通帳のコピーを提出するように求められます。

この目的は支払いの状況を確認することなので、取引先からの支払い状況がわかる通帳をすべて用意しましょう。

ファクタリングで審査落ちしたときの対策

ファクタリングなら資金を調達できると思っていたのに、審査落ちになってしまうと途方に暮れてしまうかもしれません。

しかし、ファクタリングで審査落ちになったとしても、融資で審査落ちしたときのように信用情報機関に事実が記録されることはありません。

審査落ちしてしまったとしても、再度ファクタリングによる資金調達にチャレンジできます。

親切なファクタリング会社なら落ちた理由を説明してくれるので聞いてみましょう。

売掛先企業に問題があった場合には、他の売掛債権で申し込みたいと申し出てみるのも良い方法です。

また、他社では審査基準が異なる場合があります。

同じ売掛債権でも他のファクタリング会社に申し込んだら審査が通る可能性があるので試してみましょう。

2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかによって審査結果に違いが生じることもあります。

審査落ちしたときには違う仕組みのファクタリングを使うのがおすすめです。

ファクタリングの審査落ちや落ちる理由について質問Q&A

ファクタリングで審査落ちすることはありますか?落ちる理由は?
あります。売掛金の取引先がかなり危険な経営状態である場合は審査落ちします。
大手企業向けの売掛金があるのですが自社の経営が苦しいです。審査落ちの落ちる理由になりますか?
売掛金が信頼できるものであれば、基本的には理由になりません。
銀行融資と同じ落ちる理由でファクタリングの審査落ちすることもありますか?
まったく同じ理由でファクタリングの審査落ちになることはありません。
審査落ちの落ちる理由に融資を受けているというのはありますか?
売掛金がしっかりしていれば審査落ちの理由にはなりません。
新しい会社ですがファクタリングの審査落ちで落ちる理由に該当しますか?
売掛金の内容を中心に審査をしているので、そこまで問題はありません。

ファクタリングの審査で落ちる理由と対策のまとめ

ファクタリングの審査で落ちる理由は売掛先企業の支払い能力が問題になっているからです。

大手企業が売掛先になっている売掛債権であれば審査が通る場合がほとんどですが、零細企業や個人事業主の場合には審査落ちになることがあります。

中小企業でも業績が悪い場合には審査落ちになるリスクがあるので注意しましょう。

新規取引先の売掛債権の場合にも支払われるかどうかが不透明です。

そのため、一般的には長期的に取引をしていてずっと安定した支払いをしている企業の売掛債権が優遇されます。

ファクタリングでは審査落ちをしたとしても事実が他社に知られることはありません。

落ちたときには他のファクタリング会社に相談して資金調達を試みましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング 審査落ち】落ちる理由を理解して対策して申込する…でした。