ファクタリングは売掛債権の売買によって資金調達をするのが基本的な仕組みです。手続きの流れは取引方法によって違いがありますが、必要書類をファクタリング会社に提出して審査を受けた後、買取代金の提示を受けて契約するのが一般的です。ファクタリングの種類によってスピード感や手数料が変わる点に注意してサービスを選びましょう。

ファクタリングの仕組みや方法を紹介!種類ごとの手続きの流れも簡単に解説!

ファクタリングの仕組みや方法を紹介!種類ごとの手続きの流れも簡単に解説!

中小企業や個人事業主の資金調達方法としてファクタリングがよく話題になっています。

ファクタリングは融資とは違う資金調達方法とよく言われていますが、どのような仕組みなのかがわからない人も多いでしょう。

資金調達をするときに必要な手続きの流れもわからず、ファクタリングに手を出せずにいる人もいるかもしれません。

この記事ではファクタリングの仕組みと流れについてわかりやすく説明します。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングの一般的な仕組みと手続きの流れ

ファクタリングは一般的に売掛債権の売買による取引によって資金調達をする仕組みになっています。

詳細な仕組みはファクタリングの種類や取引方法によって違いますが、まずは基本的な仕組みと手続きの流れを見ておきましょう。

商品の販売代金はサービスの対価などは企業間の取引ではすぐにその場で支払われるわけではありません。

支払いサイトを設けて請求書払いをするのが一般的になっています。

そのため、現金が手に入るのは商品やサービスを提供してからしばらく経ってからになってしまい、現金が足りずに困ることがあります。

この際に活用できるのがファクタリングです。

売掛債権を買い取ってもらう手続きをするとすぐに現金を振り込んでもらえます。

売掛債権の早期現金化によって資金繰りを改善できる仕組みになっています。

なお、ファクタリングに必要な書類を用意して審査を受けた後、売買契約を締結して債権譲渡登記をするという流れで手続きをするのが一般的です。

2社間ファクタリングの仕組みと流れ

ファクタリングの仕組みと流れは取引方法によって異なります。

2社間ファクタリングの場合にはユーザーとファクタリング会社の2社ですべての取引が完結する仕組みになっています。

2社間ファクタリングの流れは単純で、契約をした時点でファクタリング会社から現金が振り込まれます。

そして、売掛金が売掛先企業から入金されたら、そのままファクタリング会社に渡すだけで取引は終了です。

2社間ファクタリングはユーザーと売掛先企業との間に影響を与えることなく、ユーザーとファクタリング会社の間での取引にできる仕組みが整えられています。

そのため、2社間ファクタリングではユーザーがファクタリングを利用したことが売掛先企業に伝わることはありません。

また、2社間ファクタリングでは契約を締結した時点で取引が終わりではなく、売掛金を引き渡すところまでが義務になるので注意が必要です。

3社間ファクタリングの仕組みと流れ

3社間ファクタリングの場合には売掛先企業も取引に深くかかわる仕組みになっています。

3社間ファクタリングでは売掛先企業に対して、売掛債権の所有者がファクタリング会社になったことを通知します。

そして、売掛金の支払先をファクタリング会社にしてもらうという手続きが必要になるのが特徴です。

3社間ファクタリングの契約をするときの流れは、申し込み後に審査を受けるところまでは一般的な流れと同じです。

しかし、契約を締結する前に売掛先企業に連絡をして承諾を得るというステップが入ります。

これによってユーザーは売掛金の回収をしてファクタリング会社に渡す手間がなくなります。

もし売掛金が支払われなかったとしても責任を負うことはありません。

3社間ファクタリングでは契約を締結して入金を確認した時点で取引が完了するため、最終的には手間が少なくて済むのが特徴です。

ファクタリングの仕組みと流れの違いによって変わること

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは仕組みに違いがあり、手続きの流れも異なっています。

仕組みと流れの違いによって大きく変わるポイントを確認しておきましょう。

上述のように売掛先企業が取引に関与するかどうかが両者の大きな違いです。

ファクタリングをしたことを売掛先企業に知られたくない場合には2社間ファクタリングを使う必要があります。

また、2社間ファクタリングは売掛先企業と連絡を取る必要がないので、契約や入金のスピードが早いのが特徴です。

その代わりに売掛金の回収をする手間がかかる点に注意が必要です。

3社間ファクタリングは審査を丁寧に実施して、リスクに応じた合理的な手数料を提示するのが一般的になっています。

二重譲渡のリスクもない仕組みなので、2社間ファクタリングに比べると手数料が安いのが魅力です。

契約までにかかる手間が多く、時間もかかる面はありますが、資金の無駄を最小限にできる点は優れています。

ファクタリング仕組みや流れについて質問Q&A

ファクタリングの仕組みを教えて欲しい
ファクタリングは売掛債権や保険といった「価値を持つ権利」を業者が買い取ることで現金を支払うシステムを総称した言葉となっています
ファクタリング利用の流れを知りたい
業者に申し込みをしたあと簡単なヒアリング調査が行われ、そこで利用金額や支払い期限日などを確認することになります
ファクタリング利用の流れで気をつけるべきポイントは?
本人確認書類の他に直近の出入金明細や決算書が必要になることがあります
ファクタリングの仕組みで意識しておいた方がいい部分は?
ファクタリングで得た現金はあくまで手持ちの権利を売った代金であり、そのあと手数料などを差し引かれることで仕組み上は必ずマイナス収支になります
ファクタリングの申し込みで躓いてしまった場合の対処法は?
そのファクタリング業者で手続きを進めたい場合は電話などで直接連絡を行いましょう。他の業者に変えたい時は相見積もりサイトを利用するのが便利です

ファクタリングで現金化できる仕組みと流れのまとめ

ファクタリングは売買によって売掛債権を現金化する仕組みになっています。

ファクタリング会社は売掛金の前払いをする形でサービスを提供する代わりに、手数料を取って利益を得ています。

最終的に売掛金が入金されればファクタリング会社は手数料分だけ利益を得ることが可能です。

ファクタリングの仕組みや流れは取引方法によって若干の差異がありますが、基本的には審査を受けて売掛債権の譲渡をする代わりに対価を受け取る仕組みには違いはありません。

3社間ファクタリングでは契約を締結して入金を受けた時点で取引が完了するのに対して、2社間ファクタリングではその後に債権回収が必要になるので注意しましょう。

スピード感や手数料などにも違いがあるので、ファクタリングで現金化するときにはサービスをよく比較して選ぶのがおすすめです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング 仕組み】手続きの流れによる取引方法のサービスなどの違い…でした。