会社を経営していて資金繰りに困ってしまったときにはファクタリングを利用するとピンチをチャンスに変えることができるかもしれません。しかしファクタリングと一言で言ってもいろいろなやり方があり、その中の1つに買取型のファクタリングがあります。そこでこの記事では買取型ファクタリングについて解説していきます。

買取型ファクタリングはどんなスキーム?利用して会社の資金繰りを改善させよう!

買取型ファクタリングはどんなスキーム?利用して会社の資金繰りを改善させよう!

資金調達の手段として多くの人が利用しているファクタリングには、「買取型」と「保証型」があります。

ファクタリングと一言でいっても、保証型は買取型とはまったく異なるサービスであり、この両者の違いを正確に理解している人は少ないと思われます。

そこでこの記事では 買取型のファクタリングの仕組みとそれを利用するメリットなどについて解説したいと思います。

この仕組みをしっかりと理解することで、もっと楽に資金調達ができるようになるかもしれません。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

買取ファクタリングで会社の信用が伸びていく

そもそもファクタリングとはどういう手法なのでしょうか?

ファクタリングとは、事業者が持つ売掛債権を支払期日前にファクタリング会社が買い取りをしたり、取引先による代金の支払いをファクタリング会社が保証するサービスのことです。

今回紹介する「買取型ファクタリング」とは先ほどの説明では前者の方、つまり売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい、支払期日より前に売掛債権を現金化できるサービスのことです。

この買取型の ファクタリングサービスを利用すれば、突然現金が必要になってしまった時でも取引先からの支払いを待たずに現金を手に入れることができるのです。

買取型ファクタリングは二つの方法があります。

・利用者とファクタリング会社の2社で契約を行う2社間ファクタリング
・ここに取引先も含めて3社で契約を行う3社間ファクタリング

・2社間ファクタリング

ファクタリング会社に債権を譲渡し、債権の額面から手数料を引いた金額を現金として振り込んでもらう方法です。

取引先からの売掛金債権の代金の支払が終了したのち、回収した代金をファクタリング会社返済するのです。

2社間ファクタリングのメリットとして、取引先への通知を行わなくても良いというメリットがあります。

ファクタリング業社を利用することに対して悪いイメージを持っていたりする場合にはこのメリットが大きな意味を持ちます。

また「経営が危ないかもしれない」と痛くもない腹を探られることがありません。

ただし手数料が高くなるというデメリットもあります。

・3社間ファクタリング

自社とファクタリング会社から取引先に債権譲渡の通知を行い、取引先の承諾をもらった上で売掛債権の譲渡を行うやり方です。

売掛債権金の代金は取引先から直接ファクタリング会社に支払われるので、ファクタリング業社に返済を行う必要がありません。

デメリットとして手続きが煩雑で時間がかかること、取引先にファクタリング業社を利用したことがバレてしまうことがあります。

こっそりとファクタリング業社を利用したい場合には不向きと言えるでしょう。

手数料は2社間ファクタリングと比べてリーズナブルです。

買取ファクタリングを利用するメリットとは?

買取型ファクタリングを利用するメリットについて解説します。

買取型のファクタリングを利用するメリットは、

・支払期日より早く現金を入手できる
・資金調達を行う上で取引先の信用力を使える
・借入金に計上されない

などがあります。

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡すれば、支払い期日よりも早いタイミングで現金を入手することができます。

資金繰りが苦しくなることもあると思いますが、そんな時に利用すればピンチをチャンスに変えることができるかもしれません。

また買取型ファクタリングを利用する際にはファクタリング会社による審査をクリアする必要があります。

この審査の内容には取引先の信用力も含まれます。

もし自社が取引している会社の信用力が高い場合、審査において有利になる場合があるのです。

自社の信頼だけではなく、取引先の信頼も利用できるというのは、中小企業にとって助けになることもあるでしょう。

さらにファクタリングは借入にはなりません。

借入金に計上されてしまった場合それが今後の事業に対して良くない影響を与えてしまう可能性がありますが、借入金にならないのであればそういった心配も不要です。

買取ファクタリングを利用するときの注意点は?

メリットがたくさんある買取型のファクタリングですが、利用するにあたって注意しなければいけないポイントもあります。

そこで最後に、買取ファクタリングを利用する注意点についても紹介します。

・手数料が必要

買取型ファクタリングだけに限った話ではありませんが、ファクタリングを利用する場合には手数料が必要になります。

早いタイミングで売掛金を現金として入手できる代わりに、手数料が発生してしまうことは覚えておきましょう。

・売掛債権以上に現金化することはできない
買取型ファクタリングを利用した場合には、売掛債権の金額を超える現金化は不可能です。

もしそれ以上の現金が必要になった場合にはファクタリングではなく他の方法を選ぶ必要があるでしょう。

・2社間ファクタリング、3社間ファクタリングにはそれぞれデメリットがある。

2社間ファクタリングはシンプルであるにも関わらず3社間ファクタリングに比べて手数料が高めになります。

一方、3社間ファクタリングは取引先の承諾が必要なため、時間がかかることが多いでしょう。

買取ファクタリング よくある質問Q&A

買取ファクタリングとは何ですか?
売掛債権(売上金の請求書)を買取に出して現金化する、もっとも基本的なファクタリングサービスです
買取ファクタリングに使えるのは売掛債権だけですか?
基本的には売掛債権のみ取り扱いとなります。資材などを買取現金化するにはまた別の買取専門業者を利用しましょう
買取ファクタリングのメリットを知りたい
売掛債権という将来の入金が確実視される対象を元に現金化を行うため、買取金額が計算しやすく比較的低リスクで運用可能です
買取ファクタリングのデメリットは?
普通に売上金を受け取る場合と比べて、手数料のマイナスが発生します
買取ファクタリングはどんな時に便利?
会社の運転資金を先取りしてマネーフローを改善したり、急なトラブルや先行投資に活用することができます

買取ファクタリング現金化まとめ

ファクタリングを利用すると早いタイミングで現金を入手することができ、会社の資金繰りを改善することができます。

ただしファクタリングにはいろいろなやり方があるので、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で自分に最もあった方法を選ぶ必要があるのです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【買取ファクタリング】支払期日より手早く現金入手で取引先の信用もアップ!…でした。