ファクタリングは企業などが利用する資金調達法の一つで、売掛金と呼ばれる売上金を受け取る権利を売却して資金調達を試みる際に用いられる手法です。そして、ファクタリングといっても様々な種類のものがあり、今回はそのうちの一つである医療ファクタリングについて解説していきます。

医療ファクタリングの概要を解説!サービスを利用するうえで注意すべき点とは?

医療ファクタリングの概要を解説!サービスを利用するうえで注意すべき点とは?

医療ファクタリングとは、医療機関や介護施設などが利用する健康保険や介護保険の報酬を受け取る権利を買い取ってもらい、資金調達する方法です。

医療や介護は、保険組合や介護保険を運営する行政に報酬の請求を行います。

そして数ヶ月後にその報酬が支払われることで運営されているのが特徴です。

医療ファクタリングとは、その数ヶ月後に入ってくる報酬を早い段階で買取り、ファクタリング会社が買い取った医療機関や介護施設に代わって報酬を受け取る仕組みです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

医療ファクタリングのメリット

医療ファクタリングのメリットは、速やかに現金が調達できる、運営に借金として計上されない、安定しているため査定が優しいといった特徴が挙げられます。

まず、数ヶ月後に入ってくる報酬が迅速に支給されるので、速やかな資金調達が可能になります。

運営が厳しくすぐにでも現金が欲しいという施設にとってキャッシュフローを速やかに改善させてくれるでしょう。

これが医療ファクタリング最大のメリットです。

ファクタリング以外の資金調達を追加で検討する場合、金融機関からの融資などが挙げられます。

しかし、この融資は他の手段で融資を受けていた場合、審査に落ちやすくなってしまうのも事実です。

一方、医療ファクタリングを利用すれば、会計帳簿上は融資などの借金として計上されないため、融資の審査を受ける場合も有利に進めることができます。

最後が売掛金の先になっている組織が安定しているため、ファクタリングの審査も優しいことが挙げられます。

一般の企業だと、ファクタリングを利用する取引先が倒産のリスクを抱えていますが、医療ファクタリングの相手はほとんどが行政なので、とても安定しています。

その分ファクタリングの審査も通りやすく、利用しやすい手段です。

医療ファクタリングのデメリット

医療ファクタリングのデメリットは、三社間ファクタリングがしにくい、利用後は一時的に経営が苦しくなる恐れがある点が挙げられます。

まず、行政が相手なので取引先を巻き込んだ三社間ファクタリングが利用できません。

保険組合など民間の組織であれば、利用できる可能性があるものの、保険組合は一部の費用分だけなのが高額なファクタリングによる資金調達ができません。

こういった点からファクタリング会社との二社間取引になってしまうのがデメリットと言えます。

二社間になると、その分手数料が割増しになってしまうからです。

利用後に一時的な資金面での問題が起こるリスクがあります。

医療機関や介護施設は、保険収入が主なものとなっています。

そのため、保険収入をファクタリングしてしまうと、最大9割近い売り上げが一時的に入らなくなります。

工夫することによってある程度回避できますが、安易にすべての報酬をファクタリングしてしまうことができないのはデメリットです。

医療ファクタリングを利用する流れ

医療ファクタリングを利用する流れとして、ファクタリング会社に申し込む、審査を受ける、買取金を受け取る、後日報酬をファクタリング会社が受け取るといった流れです。

まず、ファクタリング会社に連絡を入れましょう。

そのうえでファクタリング会社は直接訪問して売り上げなどの資料をみたり、郵送で売り上げの資料を送ってもらうように連絡を入れてきます。

そして、利用する報酬額を証明する書類も確認しましょう。

ここでファクタリングしても問題ないか審査を行いますが、一般的なファクタリングに比べると取引先がとても安定しているため、比較的短期間で審査が完了します。

また、ファクタリングの査定落ちといった自体も一般のファクタリングよりも低く、確実なファクタリングが期待できます。

審査に通ったら買取金が指定した口座へ振り込まれる仕組みです。

その後、ファクタリング会社に保険の報酬を支払い、これによって医療ファクタリングの一連の手続きが完了します。

医療ファクタリングの注意点

医療ファクタリングの注意点として、大きな資金調達が期待できないことがある、返戻があった場合に追加の支払いが発生するリスクがあるといった点が挙げられます。

医療ファクタリングは、数ヶ月後に入ってくる報酬を買い取るのが主なサービスになります。

この報酬は、介護施設や医療機関の売り上げの大半を占めており、一度に利用すると経営が困難になることが危惧されるケースも少なくありません。

そういったトラブルを回避するために少額の利用になってしまうことも多く、融資のように大きな資金調達を一度に行うことが難しい場合があるので注意するようにしましょう。

次に報酬は全額そのまま入ってくる可能性は100%ではありません。

実は医療機関の報酬は、審査を受けて支払われます。

その際提出した書類に不備があった場合、返戻といって請求書の書き直しを求められることがあるのです。

そうなると返戻分の報酬金が少なくなってしまうので、ファクタリング会社が受け取る収入が減ってしまいます。

返戻が発生した場合、ファクタリング会社は損失を取り戻すために追加の支払いを求めてくる可能性があるので注意しましょう。

医療ファクタリングについて質問Q&A

医療ファクタリングとは何ですか?
医療機関が「診療報酬債権」を買取に出して現金化するタイプのファクタリングです
医療ファクタリングで使われる診療報酬債権とは?
医療機関は診察医療費のうち、社保や国保が負担する部分を後払いで受け取る契約になっています。この後払いぶんの医療費を受け取る権利が診察報酬債権です
医療ファクタリングのメリットはなんですか?
町医者などの小規模な医療機関にとって、後払いとなってしまう報酬を先取りできるのは経営上大きな意味があります
診療報酬債権の他に医療ファクタリングで現金化できるものはある?
診療報酬の他に介護報酬や調剤報酬も医療ファクタリングの対象となります
医療ファクタリングの利用は患者や保健機関にバレませんか?
医療ファクタリング利用が外部に知られる恐れはほとんどありません

医療ファクタリング現金化まとめ

医療ファクタリングは、医療機関や介護施設を対象に行われるファクタリングです。

医療や介護で行われる医療保険や介護保険の請求による報酬を買い取る形で医療機関や介護施設の資金調達をしてくれるサービスでもあります。

メリットとしては、とても多く、迅速な資金調達や一般のファクタリングに比べて審査が優しいといった点が主なものとして挙げられます。

ただし、デメリットもあり、行政が相手になるため、手数料が安い三社間ファクタリングが行いにくいといったものが大きな点となっています。

また、医療ファクタリングは、一度に大きな資金調達を行うことが難しく、少額な運転資金の確保にとどまりやすいといったことも注目といえるでしょう。

また、返戻があった場合は、追加で料金の支払いを求められることもあるので注意しておく必要があります。

それでも迅速な資金調達ができることや追加で融資を受ける際に借金として記録に残らないなど医療や介護の経営を支える魅力的な手段であることは確かです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【医療ファクタリング】医療や介護保険組合など報酬買取で今後の経営を支える…でした。