ファクタリングは企業限定のサービスではないですが、個人では事業を営んでいないと利用できません。個人事業主なら利用可能ではあるものの、対応していないファクタリング会社もあるので注意が必要です。個人では給料ファクタリングができると言われていましたが、貸金業として認識されるようになりました。個人事業主にならない限りはファクタリングを使えないと考えた方が良いでしょう。

ファクタリングは個人でも利用できる?利用できる条件を知っておこう!

ファクタリングは個人でも利用できる?利用できる条件を知っておこう!

ファクタリングは中小企業の資金調達手段としてよく注目されていますが、仕組みがわかると個人でも利用できるのではないかと思った人もいるでしょう。

ファクタリングは売掛債権を買い取ってもらうサービスなので、売掛債権を持っている個人は理論的には利用できるはずだと考えられます。

この記事では個人がファクタリングをしたいと思ったときに、できるのかどうかを詳しく解説するので参考にしてください。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングは個人事業主なら利用可能

結論としては、ファクタリングは個人の中でも事業を営んでいる人だけ利用できる可能性があります。

ファクタリングは売掛債権が必要なので、基本的にはビジネスをしていなければファクタリングによる資金調達はできません。

個人事業主として仕事をしていて、売掛債権を手に入れている人なら利用可能です。

ただ、企業に比べると個人事業主は信用が低いため、ファクタリング会社によっては企業しか取引をしていないケースがあります。

企業に比べると不利な立場になり、審査に時間がかかったり、手数料が高くなったりする場合もないわけではありません。

しかし、個人事業主として取引をしていて売掛債権を持っているなら、ファクタリングによって資金調達をすること自体は可能です。
一般的には売掛先の信用が重視されるため、大手企業を売掛先とする債権があればファクタリングで比較的簡単に資金調達ができるでしょう。

ファクタリングは個人では利用が困難

個人事業主になっていない人の場合にはファクタリングを利用するのは困難です。

個人事業主になっていなかったとしても売掛債権を持っている場合もあるでしょう。

典型的なのは副業をしたときに取引に先に出す請求書です。

近年では会社員や公務員の人が副業として仕事をしていることもあります。

専業主婦や学生が個人事業主としての届出をせずに、クラウドソーシングなどで働いていることもあるでしょう。

しかし、このようなときにファクタリングを利用できる可能性はあまりありません。

安定して事業をおこなっているわけではないため、ファクタリング会社としては取引先から見限られて入金されないのではないかと懸念されてしまうからです。

副業の経歴が長くて継続的に取引をしている場合には認めてもらえる可能性がありますが、一般的にはファクタリングをすることはできません。

ファクタリングをしたいときには個人事業主になるか、会社を設立することが必要です。

個人ができる給料ファクタリングの問題点

個人には給料ファクタリングと呼ばれる特殊なファクタリングサービスなら利用可能でした。

現在ではほとんど提供されていないサービスになっています。

給料ファクタリングとは会社員や公務員などが受け取っている給料を前借りする形にできるサービスです。

給料を受け取る権利をファクタリング会社に提供し、まだ給料日になっていない時点で現金を受け取るという仕組みになっています。
きちんと勤め先で仕事をしていれば給料は支払われるので、ファクタリング会社としては確実性が高い取引として歓迎できます。

ただ、給料は労働の対価として従業員本人に支払わなければならないと法律で定められています。

ファクタリング会社が直接受け取ると違法になるので、給料ファクタリングをするケースが少なくなりました。

また、個人への融資とも解釈できるという問題があるため、現在では給料ファクタリングはほとんどおこなわれなくなっています。

個人事業主がファクタリングをするときのコツ

個人がファクタリングを利用したいときには個人事業主になって、うまくファクタリング会社と交渉しながら資金調達をするのがおすすめです。

個人事業主になってファクタリングをするときのコツは、できるだけ信頼性のある売掛債権を作っていくことです。

個人事業主であることはややマイナスになるのは確かですが、基本的にファクタリングは売掛先の企業の信用が高ければ利用することができます。

大手企業から案件を獲得したり、継続的な契約をする取引先を見つけたりすることでファクタリングを利用しやすくなります。

売上や利益の大きさよりも、取引先の企業の信用や取引そのものの継続性を明確にするのがコツです。

ファクタリングで資金調達をしたいと思ったときにすぐに使えるように、できるだけ早い段階から取引先について熟慮して事業を進めていきましょう。

ファクタリングの個人に関する質問Q&A

ファクタリングの個人利用は可能ですか?
法人以外でファクタリングを使えるのは個人事業主とフリーランスです。正社員・パート・アルバイトといった雇用形態ではファクタリングは使えません
個人事業主のファクタリングについて教えて
個人事業主のファクタリングを受けつけている業者はかなり少ないので、まずは業者探しを入念に行う必要があります
個人フリーランスでファクタリングを使うメリットは?
フリーランスは売上金が入ってくるまでの待ち時間を有効活用できるので、ファクタリングのメリットを最大限に活かすことができます
個人の給与明細をファクタリングしたいのですが?
個人の給与明細を対象とした給料ファクタリングは明確な違法行為とされているため、給与明細を現金化することはできません
個人だと審査に通らないのではないかと心配
IT技術者など特定のフリーランス職に特化したファクタリング業者なら、条件に合っていれば高確率で審査を通過することができます

ファクタリングで個人が現金化する方法のまとめ

ファクタリングで個人が売掛債権を現金化するには原則として個人事業主になることが必要です。

副業で売掛債権を持っているときにもまったく利用できないわけではありませんが、個人事業主に比べて信用が低いので断られてしまいがちです。

以前は給料ファクタリングによって会社員や公務員の給料をファクタリングに使うことができましたが、法的な問題やトラブルがあったことによって今ではほとんどできなくなっています。

個人がファクタリングで現金を手に入れるためには、個人事業主にならなければならないと考えた方が良いでしょう。

ただ、個人事業主になってもファクタリング会社によっては対応してくれないこともあります。

ファクタリング会社との交渉が必要になる場合もあるので、信用できる取引先を確保してファクタリング会社と交渉できる基盤を作り上げるのが大切です。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング 個人】個人事業主が資金調達するには?コツと問題点を解説…でした。