建設業の会社が資金調達したいときに役立つファクタリングについて解説します。建設業は全体的に支払いサイトが長くて資金繰りの問題を抱えがちですが、その問題を解決できるのがファクタリングです。そこで、ファクタリングの利用方法、メリット、一人親方の利用、注意点などに注目し、それぞれについて詳しく解説します。

建設業の会社や一人親方が迅速に資金調達したい時に役立つファクタリングとは

建設業の会社や一人親方が迅速に資金調達したい時に役立つファクタリングとは

建設業は全体的に支払いサイトが長い傾向にあるため、常に資金調達の問題を抱えています。

資金調達はそう簡単にはできませんが、そんなときに注目したいのがファクタリングです。

ファクタリングとは売掛金買取サービスのことで、有効活用すれば建設業の資金調達で役立ちます。

そこで、建設業がファクタリングを利用する方法、メリット、注意点などをそれぞれ解説します。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ
  • ファクターズ
    詳細はコチラ

ファクタリングを建設業の会社が利用する方法について

ファクタリングにそれほど馴染みがないと利用する方法が難しいのではないかと考えてしまいがちですが、実際はさほど難しくありません。

ネットなどで実績のあるファクタリング業者を探し、メール・電話・LINEなどを経由して申し込みます。

ファクタリングにも金融機関から融資を受けるときのように審査がありますので、審査に必要な情報を漏れなく提供してください。

ファクタリング業者が提供された情報をもとに迅速に審査をおこないます。

ただ、融資を申し込むときと比べると審査はそれほど厳しくありません。

審査に通過したらさっそくファクタリングの契約手続きへと移行します。

契約が完了したら、指定した銀行口座に売掛金の買取金額が速やかに振り込まれます。

ただし、銀行が営業時間外の場合は、翌営業日に入金がずれます。

ファクタリング業者ごとに若干の違いはありますが、利用する場合の主な方法は以上の通りです。

ファクタリングを建設会社が利用するメリットとは

建設会社がファクタリングを利用するメリットは主に2つあります。

まず1つ目は建設業では日常茶飯事の資金繰りの悩みを解決できる点です。

支払いサイトが長いと資金繰りに困りがちですが、ファクタリングを利用すれば簡単に資金調達が可能です。

資金繰りの不安が解消されるため、新規の案件を積極的に受注できます。

2つ目は資金調達をするのにそれほど労力がかからない点です。

もしも銀行などの金融機関から融資を受ける場合は、複数の必要書類を提出しなければなりませんし、審査にも時間がかかります。

その点ファクタリングは、最低限の情報提供だけで申し込めます。

しかも、銀行ほど審査の時間が長くありません。

とにかく資金繰りを急いでいるときは、融資を受けるよりもファクタリングするのが適しています。

以上の2つが建設会社がファクタリングを利用するメリットです。

一人親方がファクタリングを利用することについて

一人親方とは自分やその家族以外に労働者を雇用しない建設業特有の雇用形態のことですが、この場合の資金繰りにおいてもファクタリングは効果的です。

なぜなら、一人親方を理由に銀行などの金融機関から融資を断られた場合でも、ファクタリングなら利用できる可能性が高いからです。

ファクタリングにも審査があるため絶対に利用できるとはいえませんが、融資よりは期待が持てます。

ファクタリングは申込者の業績はそれほど関係なく、売掛先の審査がメインだからです。

一人親方は小規模の事業者ですから、資金繰りが順風満帆ではないことがめずらしくありません。

資金に困ると資金繰りに奔走して業務に支障が出てしまうため、なるべく早く資金繰りの問題を解決することが重要です。

ファクタリングなら資金繰りの問題をスピーディーに解決できますので、困ったときは積極的に利用を検討しましょう。

建設業の会社がファクタリングを利用する場合の注意点

当然のことですがファクタリングには手数料がかかりますので、利用する場合は十分注意しないといけません。

ファクタリングは建設会社にとって非常に便利なサービスですが、あまりにも頻繁に利用すると手数料の分だけ損してしまいます。

それではいつまで経っても経営状態が上向きませんので、できる限り手数料の安いファクタリング業者を選んで利用しましょう。

あくまでも売掛金の買取ですから、売掛金の額以上の資金調達はできません。

それ以上を要求してもファクタリング業者は応じてくれませんので、その場合は別の方法で資金調達をする必要があります。

また、ファクタリング業者によっては、売掛金の下限や上限を設けているケースもあるのでその点にも注意して申し込みましょう。

ファクタリングが便利なのは確かですが万能ではありませんので、以上の注意点を忘れないようにしてください。

建設業ファクタリングサービスをよく理解してから利用していこう

建設業の会社がファクタリングを利用することについて解説しました。

もしも資金繰りに困った場合は、ファクタリングの利用を検討してみてください。

ファクタリングは銀行などの金融機関から融資を受けるよりも手続きが簡単ですし、審査の時間も長くありません。

これらのメリットがあるため、一般的な建設業の会社や一人親方が資金調達をする際にとても役立ちます。

利用の際は手数料がかかりますし、売掛金の額以上の資金調達はできませんから、その点には十分注意して利用する必要があります。

ですが、支払いサイトが長くて資金繰りに困っている問題を速やかに解決できますので、ここぞというときに利用する価値があります。

また、建設業の会社向けに特化したファクタリング業者もありますし、サービスをよく確認して納得できるファクタリング業者を利用しましょう。

以上、【建設業ファクタリング】汗水たらして頑張る1人親方の資金の手助けをしたい!…でした。