インボイス制度の特徴と、どんな人が制度を利用すべきなのか、また利用すべきでないのか詳しく解説します。さらにインボイスで減った収入を補うのに便利なファクタリングサービスも紹介します。小規模事業主の生活に大きなインパクトがあると言われるインボイス制度の気をつけるべきポイントを知ることで、当該制度にどう対処するのがベストなのか分かるでしょう。

インボイス制度に対処するために知っておきたいファクタリングの使いどころ

インボイス制度に対処するために知っておきたいファクタリングの使いどころ

インボイス制度とは仕入れの際に支払った消費税を控除できるかどうかに関わる法律のことです。

制度が施行されれば仕入れ先から適格請求書、通称インボイスと呼ばれる書類を発行してもらわないと支払った消費税額を控除できなくなくなります。

買い手が消費税分を控除したい場合、売り手にインボイスを請求することになり、売り手側はこれに応じる必要があります。

このインボイスを発行するためには適格請求書発行事業者になる必要があり、免税業者ではいられなくなるため年度末には受け取った消費税額を支払うことになります。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

インボイス制度をしなかった場合のリスク

インボイス制度を受け入れ適格請求書を発行できる事業者になると、事業で受け取った消費税を国に収める義務が発生します。

これまで売り上げが1000万円以下の事業者は免税対象だったため、消費税を支払う必要はありませんでした。

しかし、適格請求書発行事業者になると消費税の分だけ収入が落ち込みます。

最大売り上げの10%が惹かれますから無視できる額ではないでしょう。

年間の売り上げが800万円だった場合、80万円の減収です。

とんでもないインパクトです。

建築業界では一人親方をしている方たちが続けられなくなると言われ、声優業界やアニメ業界でも若手を中心に転職するしかなくなるケースが数多く出てくると騒がれています。

とくに問題なのが年収にかかわらず消費税の支払い義務が発生することです。

年収250万円程度しかない貧困ラインの方たちも例外なく年収が最大10%減ります。

インボイス制度に登録して課税事業者になるなら、インボイスで支払う分を料金に上乗せできる方でないと経済的に苦しむことになるでしょう。

インボイス制度をする場合の注意点

負担増を覚悟でインボイス制度に登録する場合、どんなことに注意すべきか解説します。

最初に注意すべきことは各種書類作成にかかる負担が増すことです。

課税事業者になると年度末の確定申告の際に受け取った消費税を正確に報告する義務を負います。

消費税率には複数の区分があるため、取引ごとに適切な税率を適用する必要があり手間がかかります。

これまで免税事業者を続けてきた方にとっては、忙しい年度末に大きな負担が増えるためトラブルの原因になることもあるでしょう。
国はそんな事業者のために簡易課税制度を導入しましたが、売り上げが5000万円以下という条件が付いています。

利率が低く薄利多売なビジネススタイルを採用している人のなかには売り上げ5000万円を超えるケースもあるので、この制度により負担が軽減されない人もいるでしょう。

また、買い手から要求されるたびに適格車請求書を発行する必要があります。

書類に記載する項目は6つほどですが、取引数が多い場合、負担増は免れないでしょう。

インボイス制度に登録すべき人

小規模事業者にとって過酷なインボイスですが、それでも受け入れて課税事業者になるべき方がいます。

事業者相手のビジネスをしている方はほとんどが課税事業者になるべきでしょう。

事業者のほとんどは規模にかかわらず仕入れでかかる消費税を控除したいと考えています。

免税事業者のままでいたなら、取引先は消費税分を控除できないため、仕入れコストが10%上がることになります。

これだけのコスト増を受け入れる事業者は多くありません。

取り扱う品にもよりますが、控除を受けるために免税事業者よりも課税事業者との取引を好むようになると予想されます。

免税事業者のままだと取引を継続してくれる顧客は減っていき、事業が成り立たなくなる可能性があります。

課税事業者になることで収入は減りますが、仕事を失わなくて済みます。

いくつか政府が用意した救済措置もあるので、それを活用しながら急場をしのぐしかないでしょう。

インボイス制度をすべきじゃない人

インボイス制度の負担を受けずに済む方は周囲と同調して無理に課税事業者になる必要はありません。

代表的なインボイスをすべきじゃない人は消費者と直接取引をしている事業者です。

小さな雑貨店やパン屋などを営んでいる場合、取引相手はほぼ全て一般の消費者で、適格車請求書を請求されるケースはまずありません。

免税事業者のままでも仕事を失う心配は無いので、課税事業者に変更する必要はないでしょう。

今まで通りで問題ありません。

売り上げの一部が事業者との取引で占められている場合は悩みどころです。

もし、課税事業者になった場合、本来なら収める必要がなかった一般消費者から受け取った消費税まで収めることになります。

課税事業者になるか否かは、事業者との取引で生じた売り上げが全体の何割を占めるのかで判断するといいでしょう。

消費者との取引がほとんどを占めるなら、より消費者にターゲットを絞ったビジネスモデルを採用していくことで課税事業者になることを回避できるでしょう。

インボイス制度まとめ:ファクタリング現金化を上手く使って資金繰りを楽に!

インボイス制度は小規模事業者や個人事業主には死活問題になり得る重大な法律です。

とくにこれまで免税事業者として消費税の支払い免除を受けてきた方たちの生活に大きなインパクトを与える可能性が高く、注意が必要になります。

事業者から仕事を請けて報酬を得てきたきた方たちはインボイス制度に従い課税事業者になることが実質的に不可避となるでしょう。
そうなれば受け取った消費税分の減収を受け入れることになります。

立場の弱い小規模事業者は、発注者に消費税分も考慮されて仕事の単価を決められることが多いので、世間で言われているような益税はありません。

にもかかわらず消費税額を納めるよう言われたら経済的に苦しくなるのは間違いないでしょう。

増収増益は簡単なことではないので、なんとか他の手段で資金調達する必要があります。

そんな時に使えるのがファクタリング現金化です。

おすすめは売掛債権を現金化する手法で、本来なら換金するのに時間がかかる売掛債権を短期間で現金化できます。

インボイス制度施行後に苦しくなるであろう資金繰りを、ファクタリング現金化を活用して乗り切りましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【インボイス制度】小規模事業主の生活に大きなインパクトを与える…でした。