国際ファクタリングは主にメガバンク系の大手ファクタリング業者が提供する、海外貿易の安全性を高めるためのサービスです。国際ファクタリングを利用すると海外の取引先と直接お金のやりとりをする必要がなくなり、資金回収を確実に行うことができるようになります。また取引先の信用調査も行ってくれるため、海外取引を伸ばしていくためには非常に役立つサービスとなっています。

国際ファクタリングは海外との貿易取引を安全に行うための重要サービス

国際ファクタリングは海外との貿易取引を安全に行うための重要サービス

国際ファクタリングとは貿易会社が国際取引上の様々なリスクを軽減させるため、国内外のファクタリング業者と協力して資金回収の保証を高めるシステムです。

簡単に言うと、貿易相手の海外企業がきちんとお金を支払ってくれるかどうかを海外のファクタリング業者が調査した上で資金の保証をつけてくれるサービスとなっています。

貿易会社としては不安定な海外取引を大きく安定させられるメリットがありますが、国際ファクタリングを利用するためにはいくつかの条件も存在します。

そのため、まずは国際ファクタリングの概要を詳しく理解しておくようにしましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

国際ファクタリングと他のファクタリングの違い

国際ファクタリングは一般的によく利用されている「買取ファクタリング」やその派生である「一括ファクタリング」「保険ファクタリング」などとは性質の異なるサービスとなっています。

通常のファクタリングサービスが売掛債権や保険といった「お金を受け取る権利」を買取に出して現金化する行為であるのに対して、国際ファクタリングは「受け取れるかどうか不安のあるお金を確実に受け取る方法」と言うことができるでしょう。

どちらも経営の安定に寄与する点は共通していますが、通常のファクタリングが手数料を差し引いても現金を先に用意しておきたい切迫感から行われるのに対して、国際ファクタリングは収益を確実にしておきたい不安感から行われるのが通例となります。

また通常のファクタリングが国内のファクタリング業者1社との契約になることが大半なのに対して、国際ファクタリングでは海外の業者(ファクター)を必要とする点にも大きな違いがあります。

国際ファクタリングの仕組み

国際ファクタリングにかかわるのは「国内の貿易会社(利用者)・輸出入を担当する海外企業(バイヤー)・海外企業をチェックする業者(ファクター)・利用者と契約する業者(国内ファクタリング業者)」の4社です。

このうち利用者が交渉するのはバイヤーと国内ファクタリング業者のみで、海外のファクターに直接何かを依頼する必要はありません。

海外ファクターとのやりとりは全て国内ファクタリング業者が代行し、バイヤーの経営状態の確認や資金の流れなどを調べて逐一国内ファクタリング業者に連絡してくれます。

そして取引の安全性が確認されたら、利用者は海外バイヤーと商品の貿易のみを行います。

バイヤーからのお金はまず海外ファクターが回収し、それを国内ファクタリング業者が受け取ってさらに利用者に支払う流れとなります。

この仕組みにより利用者は海外と直接お金のやりとりをする必要がなくなり、国内の大手ファクタリング業者の元でのみお金を動かすことが可能になるわけです。

国際ファクタリングの利用条件

国際ファクタリングは海外貿易のリスクを減らすためには非常に有効な手段となりますが、ファクタリング業者の負担が大きいため取引規模によっては利用できないことがあります。

現在、国際ファクタリングを積極的に請け負っているのは三菱UFJファクターやみずほファクターといったメガバンク系のファクタリング業者ばかりで、中小レベルの貿易会社が利用するには相当ハードルの高いサービスとなってしまっています。

個人レベルでの輸入代行業となると国際ファクタリングを利用できる可能性はほとんどないため、残念ながら知識として身につけておく他はなくなります。

また国際ファクタリングを導入するべき状況というのは、主に「L/C(信用状)」の開設審査に通らなかった場合の代替案と言うこともできるでしょう。

輸出入を行う貿易会社にとってL/C(信用状)開設のための銀行審査は相応に難しいものとなっているため、それよりは負担が少ないとされる国際ファクタリングを利用するのは理にかなった対策となります。

国際ファクタリングの導入事例

実際に国際ファクタリングがどのような場面で役立つのかについては、導入事例をチェックして具体的なイメージを持っておくことが理解への早道となります。

たとえばL/Cの開設ができず海外との取引実績が伸びていかない企業の場合、手数料を支払ってでも国際ファクタリングを導入することで一気に取引の可能性を広げていくことができます。

海外に活路を見出したい企業が最初に海外企業と取引をする際も、自力で相手の信用調査をすることには限界があります。

そんな時にも国際ファクタリングを使うと海外の専門バイヤーが取引相手の信用を確実に調べ上げてくれるため、トラブルリスクは格段に減ることになるでしょう。

また、そもそも国際ファクタリングを行うには海外取引先の許可を得る必要があるため、それを受け入れてくれる時点で十分に信用判断の材料ともなります。

もちろん実際に何か支払い上のトラブルが発生してしまった場合にこそ、国際ファクタリングが最大の力を発揮することは言うまでもありません。

国際ファクタリングについて質問Q&A

国際ファクタリングとは何ですか?
海外と貿易を行う企業がファクタリング業者及び海外調査会社と連携して、取引先の安全性を確かめて売上金の回収代行を行うサービスとなっています
国際ファクタリングと他のファクタリングに違いはある?
他のファクタリングが権利の現金化なのに対して、国際ファクタリングはどちらかというと権利を保証するシステムと言うことができます
国際ファクタリングのメリットについて知りたい
海外企業の実態を調査してもらい信頼性を確かめた上で、ファクタリング業者の助けによって売上金を安全に確保することが可能になります
国際ファクタリングの問題点はなんでしょうか?
海外の会社を巻き込んだ大掛かりな座組みとなるため導入ハードルはかなり高いものとなっています
国際ファクタリングを使うのに向いている企業とは?
海外取引を伸ばしていきたいが自力で取引先の調査をする能力がない企業にとっては非常に便利なサービスと言えます

国際ファクタリングの現金化まとめ

国際ファクタリングは海外と貿易を行っている会社が、その取引の安全性を高めるために導入する一種の保険のようなシステムを持つファクタリングサービスです。

売掛債権の買取ファクタリングや保険ファクタリングのような現金化とは異なる面が多いものの、取引において最大の難関である資金回収を簡易化できるメリットは確かにファクタリングの特徴を示していると言えます。

また国際ファクタリングを利用することによって、国内利用者はより審査の厳しいL/C(信用状)開設といった問題をスルーすることも可能となります。

ノウハウを持たない国内企業にはほとんど打つ手がないとも言える海外取引先の信用チェックを完全代行してもらえる点も、国際ファクタリングが持つ非常に大きな魅力です。

ただし国際ファクタリングサービスを展開しているのはメガバンク系の大手ファクタリング業者がほとんどであるため、中小企業や個人経営レベルではその恩恵を受けることは難しくなっています。

とはいえ国際ファクタリングの知識を持っておいて損はないので、今後のためにもしっかり学んでおくようにしましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【国際ファクタリング】大規模な海外取引で使うのが前提になる点は注意が必要…でした。