飲食店の経営者もファクタリングで現金調達可能。電子決済などで将来得られるお金を最短即日で受け取れます。ファクタリングの方法、特徴、注意点などを解説。利用前にこそ知っておきたい情報をまとめました。

飲食店の資金繰りファクタリングがおすすめな理由!数日で資金調達OK

飲食店のファクタリングは活用できるの?飲食経営者を助ける資金化とは

ファクタリングとは、将来受け取る予定のお金を早めに調達できるサービスです。

キャッシュレス決済で得られる権利さえ持っていれば、法人だけでなく個人事業主でも利用できます。

ただ、手数料が差し引かれるため、満額は受け取れないといった注意点も。

今回は、ファクタリング利用前にこそ知っておきたい情報をまとめました。

飲食業がファクタリング利用に向いている理由

まずは、飲食店がファクタリング利用に向いている理由をまとめました。

銀行融資を受けにくい

飲食店経営者が直面する課題の一つに、銀行融資の難しさがあります。

特に新規開業や小規模な店舗の場合、信用情報が不十分であったり、担保が不足しているため、融資を受けることが難しいです。

このような状況では、ファクタリングが有効な資金調達手段となります。

ファクタリングは売掛金を担保として資金を調達するため、銀行融資と比較して審査がスムーズで、迅速に資金を手に入れることができます。

飲食店経営者は、銀行融資が難しい状況でも、ファクタリングを利用することで資金調達の選択肢を広げることができます。

キャッシュレス決済で入金時間がかかる

近年、キャッシュレス決済の利用が増加していますが、これには入金までの時間がかかるというデメリットがあります。

特に飲食店のような小売業では、日々の運転資金が必要となるため、入金の遅れは大きな問題となります。

ファクタリングを利用することで、売掛金を即座に現金化し、キャッシュフローを改善することができます。

これにより、飲食店経営者は入金の遅れによる資金繰りの問題を解決し、スムーズな経営を行うことが可能となります。

赤字でも利用できる

飲食店経営は、季節や天候、流行など様々な要因によって売上が変動しやすい業種です。

そのため、一時的に赤字になることも少なくありません。

銀行融資では赤字経営の企業は審査が厳しくなりますが、ファクタリングでは売掛金があれば利用することができます。

これにより、赤字の期間でも資金調達が可能となり、経営の継続や改善のための投資を行うことができます。

飲食店経営者は、赤字の際でもファクタリングを利用することで、資金繰りの問題を解決し、ビジネスチャンスを逃さないようにすることが重要です。

材料費、光熱費、人件費の高騰

近年、食材の価格高騰や人件費の上昇により、飲食店の経営コストが増加しています。

これにより、利益率の低下や資金繰りの悪化が懸念されます。

ファクタリングを利用することで、売掛金を即座に現金化し、これらの経費の支払いに充てることができます。

これにより、飲食店経営者は経費の増加に対応しつつ、安定した経営を続けることが可能となります。

繁忙期(イベント)の人件費対策

飲食店では繁忙期やイベント時には多くの人手が必要となり、人件費が増加します。

これにより、一時的に資金繰りが悪化することがあります。

ファクタリングを利用することで、売掛金を前もって現金化し、人件費の増加に備えることができます。

これにより、飲食店経営者は繁忙期でも安定した人員配置を行い、顧客満足度の向上や売上の最大化を図ることができます。

飲食業者が利用できるファクタリングの種類

飲食業が利用できるファクタリングは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つです。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングの仕組み流れなどを確認しよう!

2社間ファクタリング 仕組み 流れ

2社間ファクタリングは、利用会社(個人)とファクタリング会社の2者だけで行われる取引です。

利用会社(個人)は売掛金をファクタリング会社に売却することで、資金を調達します。

この際、売掛金の全額が支払われることは少なく、一定の割引率が適用されます。

取引先(売掛先)とのやり取りが不要で利用できるので、手続きもスムーズです。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングの仕組みや流れなどの手順

3社間ファクタリング 仕組み 流れ

3社間ファクタリングは、利用会社(個人)、ファクタリング会社、売掛先の3社で行われるファクタリング方法です。

売掛先を交えての手続きが必須になるため、手続きから現金調達までに数週間かかります。

ただ、2社間ファクタリングに比べて、手数料が低いので、調達できる金額が多くなります。

飲食店向けのファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の選び方は、次の4点が重要です。

資金調達スピードで選ぶ

飲食店経営者にとって、資金調達のスピードは非常に重要な要素です。

特に、急な経費が発生したり、季節による売上の変動がある場合、迅速に資金を手に入れることができるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

資金調達スピードが速いファクタリング会社を選ぶことで、ビジネスの機会を逃さず、経営の安定を図ることができます。

そのため、ファクタリング会社を選ぶ際には、申し込みから資金が振り込まれるまでの期間を確認し、自社のニーズに合ったサービスを提供しているかを検討することが重要です。

手数料、売掛額で選ぶ

ファクタリングの利用には手数料がかかりますが、この手数料はファクタリング会社によって異なります。

また、売掛金の額によっても手数料の割合が変わることがあります。

飲食店経営者は、手数料と売掛額のバランスを考慮して、最もコストパフォーマンスの良いファクタリング会社を選ぶ必要があります。

手数料が低いほど利益は増えますが、サービスの質やスピードも考慮する必要があります。

そのため、複数のファクタリング会社の手数料とサービスを比較し、総合的に判断することが重要です。

信頼性、実績で選ぶ

ファクタリング会社を選ぶ際には、その信頼性や実績も重要なポイントです。

長い歴史を持ち、多くの企業と取引をしているファクタリング会社は、信頼性が高いと言えます。

また、実績が豊富な会社は、様々な業種や状況に対応した経験を持っているため、スムーズな取引が期待できます。

飲食店経営者は、ファクタリング会社の信頼性や実績を確認し、安心して利用できる会社を選ぶことが重要です。

ファクタリング方法で選ぶ

ファクタリングには、リコースファクタリングとノンリコースファクタリングの2つの主要な方法があります。

リコースファクタリングは、売掛金が回収できなかった場合に経営者が責任を負う方法で、手数料が低く設定されています。

一方、ノンリコースファクタリングは、売掛金の回収リスクをファクタリング会社が負う方法で、手数料が高くなりますが、経営者はリスクから解放されます。

飲食店経営者は、自社の財務状況やリスク許容度を考慮し、最適なファクタリング方法を選ぶことが重要です。

飲食業でファクタリング利用時の注意点、デメリット

一方で、ファクタリング利用には次のような注意点(デメリット)も存在します。

手数料が発生する

ファクタリングを利用する際には、サービス提供会社への手数料が発生します。

手数料は売掛金の額に対して一定の割合で設定されており、場合によってはかなりのコストがかかる可能性があります。

特に、小規模な取引や短期間での利用の際には、手数料が売掛金に占める割合が大きくなりがちです。

そのため、ファクタリングを利用する際には、手数料の割合や総額を事前に確認し、そのコストが自社の財務状況にとって適切であるか慎重に検討する必要があります。

また、複数のファクタリング会社の手数料を比較し、最も条件の良い会社を選ぶことが重要です。

売掛債権がないと利用できない

ファクタリングは売掛債権を担保として資金を調達するサービスであるため、売掛債権が存在しない場合は利用することができません。

これは、商品やサービスを提供した後に代金を受け取るビジネスモデルを持つ企業にとっては利用しやすいサービスですが、売上が即時現金である小売業や飲食業などでは利用が難しいというデメリットがあります。

そのため、ファクタリングを利用しようと考えている企業は、自社のビジネスモデルや売掛債権の状況を事前に確認し、ファクタリングが適切な資金調達手段であるかを検討する必要があります。

飲食業のファクタリング利用まとめ

飲食業を営んでいる方も売掛債権があれば、ファクタリングの利用が可能です。

売掛債権とは将来受け取ることができるお金のこと。

飲食店の場合、キャッシュレス決済(電子決済)などで入金されるお金になります。

売掛額の数%が手数料として引かれてしまいますが、従来より早く現金を調達できます。

ただ、本来のお金が満額得られるわけではないので、計画的に利用しましょう。