保証ファクタリングとは、売掛債権を保証するサービスで、依頼している自社から保証料としてファクタリング業者にお金を支払います。このことにより自社の倒産を防いだり、売掛先の経営状況を知ることができます。今すぐ現金化の買取型とは違いますが、会社の売掛債権を確実に支払ってもらう、経営を安定させるためのサービスになります。

保証型ファクタリングとはどんなことを言うの?買取型とは違うもの?

保証型ファクタリングとはどんなことを言うの?買取型とは違うもの?

ファクタリングには売掛債権を買い取る買取型のファクタリング、売掛金を保証する保証型のファクタリングがあります。

保証型のファクタリングは売掛先企業が倒産などをしたとき、売掛債権を保証するサービスですが、買取型のファクタリングは売掛債権を買い取りますので素早い現金化が期待できます。

保証型のファクタリングの詳しい内容とはどうなっているのでしょうか?

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

保証ファクタリングとは売掛債権を保証するサービス

ファクタリングには買取型と保証型があり、売掛債権を買い取ってすぐに現金化できるサービスの買取型、売掛先が破産した時だけに売掛債権を保証するサービスの保証型があります。

現金化目的でファクタリングする場合、速さの面で買取型が向いています。

一方で、保証型のファクタリングは、売掛先企業が倒産などをしたときだけ保証されるような流れです。

双方とも確実に売掛債権を手に入れたいというときに使いたいサービスとなります。

買取型は支払期日まで支払いを待てず、先に現金化するサービスですので、より急いでいてお金に困っているときに利用しやすくなります。

保証型は、今すぐお金が必要なほど資金ぶりに困ってはいませんが、必ず保証してほしい時に使います。

保証ファクタリングは自社の倒産を防ぐ

今すぐ現金化したい時は買取型のファクタリングが向いていますが、保証ファクタリングは、経営が危ない取引先の売掛金を確実に保証してくれます。

そのため現金化より、保証や保険を掛けたい人向けです。

たとえば、売掛金が一社に集中している場合はその会社の業績が不安定になると、その影響を受けやすいです。

そのままその影響を受け、破綻しやすくなります。

またそれほど現金が今すぐ必要でないけれど、支払いが確実か不安な場合、経営に影響して困ることがありますが、売掛金が保証されていれはこれからも安定して会社は営業されます。

自社がこのような状態の場合、保証型のファクタリングをしていれば、急に経営が危なくなったり、お金に困ることなく安定して経営ができるようになります。

保証ファクタリングは保証金をファクタリング業者に支払う

ファクタリング業者には、売掛債権を回収できないリスクがあったり、売掛先の審査の手数料として、保証金として自社からファクタリング業者にお金を支払います。

買取型の場合は、手数料という名目になります。

この保証金はがファクタリング業者に支払うことになりますが、売掛債権を回収できないリスクと比べると、利用者にとっては代えがたいものとなります。

売掛金の保証の金額は、売掛金の金額や売掛先の規模にもよりますがファクタリング業者が決められた条件の中決定します。

業者に支払う保証金や、売掛金の保証の金額はファクタリング業者によって多少違いがあります。

ですから、時間に余裕があるようなら内容をよく確認してから依頼をしたほうが良いいです。

保証ファクタリングは売掛先を与信できる

自社が保証ファクタリングをする理由にそもそも売掛先に支払い能力があるか心配である、ということがあります。

契約した時と経営状況が変わっていたり、零細から中小企業は、不景気の影響を受けやすく経営が安定しにくい場合があります。

またファクタリングを利用したい自社も、お金に困っていると、売掛先が安定した支払い能力があるか確認するような時間や手間が捻出できなかったり、相手先企業を調査するような状況にありません。

ファクタリング業者を通すと、このような売掛先の与信や審査はファクタリング業者がおこなってくれます。

ファクタリング業者は支払い能力がない売掛先とは契約をしませんので、売掛先の経営状況がわかってきます。

最悪取引をしない、これ以上売掛金を作らないなどの手続きになりますが、倒産などの最悪な状況になる前に相手の売掛先企業の状況がわかることになります。

詳しい審査はファクタリング業者に依頼する自社にもメリットがあるということです。

仮に安定している売掛先だと理解できれば、これからも安心して取引をつづけることができます。

保証ファクタリング よくある質問Q&A

保証ファクタリングとは何ですか?
ファクタリング会社に売掛金を保証してもらうことで、回収できなかった場合、代わりに支払ってもらえます。
買取型との違いは何ですか?
保証型は、回収できない時に売掛金を代わりに支払ってもらえるサービスになります。これが違いといえるでしょう。
保険のようなものと考えて問題ありませんか?
そう考えてもらっても差し支えありません。ただし、保険料の代わりとして手数料を回収できてもできなくともファクタリング会社に支払う必要があります。
支払企業の倒産や経営破綻が起こったら支払いを受けられますか?
ファクタリング会社が支払企業で売掛金の回収ができないと判断した段階で支払いを受けられます。
連鎖倒産を回避する手段でも利用できますか?
完全な手法ではありませんが利用できます。対象となった売掛金のみの保障になりますが、それで連鎖倒産を防げる可能性はあります。

保証ファクタリングとは何か現金化に向いている?

保証ファクタリングは、買取型のファクタリングとは違って、今すぐ現金化できるというものではありません。

買取型は売掛金を現金化するイメージですが、保証型は売掛金を保証する、保険をかけるという意味合いです。

ですからお金を今すぐ調達したい場合は買取型のファクタリングを選んだほうが良いです。

しかしながら保証ファクタリングは、売掛金を保証しますので、自社の倒産は防ぐことにつながります。

売掛金が一社に偏る場合も、リスクマネージメントになるといえます。

保証金という手数料を含めたお金をファクタリング業者に支払うことにはなりますが、自社が倒産することには代えられません。

またファクタリング業者に売掛先に支払い能力があるかをきちんと審査したうえで、保証型ファクタリングの審査が通過します。

そのため経営が不安定な状態ですとファクタリング自体ができません。

ファクタリングを依頼している自社も相手先企業を調べる時間がない場合、売掛先の相手の経営が不安定ということを知ることができたり、今後のお付き合いに変化をつけやすいです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【保証ファクタリング】売掛債権を保証して保険を掛けるようなサービス…でした。