ファクタリングと銀行融資の違いは売掛債権の売却か借り入れかです。ファクタリングなら利息はありませんが、手数料を支払うことになります。審査期間はファクタリングの方が短いのが一般的で、速やかな資金調達が可能です。支払い方法が一括か、分割かといった違いもあるため、ファクタリングと銀行融資の違いを考慮して活用しましょう。

ファクタリングと銀行融資の違いとは?重要なポイントをわかりやすく紹介!

ファクタリングと銀行融資の違いとは?重要なポイントをわかりやすく紹介!

銀行でもファクタリングサービスを提供するようになり、資金調達の方法としてファクタリングと銀行融資の違いがわからなくなってきた人もいるでしょう。

ファクタリングと銀行融資の違いとは何かを知りたいと思った方のために、この記事では大きく異なるポイントをまとめました。

ファクタリングと銀行融資は同じ銀行で手続きをしても違いがあります。

資金調達をするときには区別して考える必要があるので、相違点を明確に理解しておきましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングは借り入れではなく売掛債権の売却

簡単に言うと、売掛債権の売却か借り入れかがファクタリングと銀行融資の違いです。

ファクタリングは自社が所有している売掛債権を銀行などの業者に売却して、代金を受け取ることで資金調達をします。

大きな金額の売掛債権なら高く買い取ってもらえるのが一般的です。

ファクタリングでは発行済みの請求書のように、支払いがあることが確実だと判断できる証拠書類が必要になります。

その書類に基づく売掛金の回収により、業者が自社に支払った代金を取り戻せるという考え方でサービスが提供されているのが特徴です。

一方、銀行融資では銀行から借り入れをします。

売掛債権のようにほぼ確実に収入になる根拠は必要ではありません。

しかし、銀行が債権回収をできるように、融資によって事業がうまくいって返済を続けられるかどうかを慎重に吟味します。

事業や予算の計画を立てて、銀行に納得してもらうことで融資を受けることが可能です。

ファクタリングは銀行融資と違って利息が付かない

利息の有無はファクタリングと銀行融資の違いとして大きなポイントです。

ファクタリングでは銀行融資とは違って利息が付くことはありません。

銀行融資の場合には審査を受けたときに金利が定められます。

年利12%で毎月1回の返済だとしたら、毎月残債に対して1%の利息が付いていく仕組みになっています。

借り入れの期間が長くなればなるほど利息によって支払わなければならない金額が大きくなっていくのが銀行融資の特徴です。

しかし、ファクタリングの場合には売掛債権の売却をするだけなので、利息といった概念がありません。

取引をする時点で手数料が売掛債権の売却代金から差し引かれるだけで済みます。

ファクタリングの場合には契約締結後も継続的な支払いが発生することはありません。

銀行融資のように返済できるかが不安になることもないので安心して利用できるサービスです。

ファクタリングは銀行融資よりも短時間で審査が終わる

サービスを利用する際に審査が必要なのはファクタリングと銀行融資のどちらにも共通しています。

しかし、審査の期間と内容はファクタリングと銀行融資の違いとして大きいポイントです。

ファクタリングでは銀行融資よりも審査にかかる時間が短くて済みます。

ファクタリングの場合には最短で数時間で審査を終えて、即日で支払いを受けることも可能です。

銀行融資では一般的に2週間以上がかかり、数ヶ月くらい審査にかかってしまうケースもあります。

ファクタリングは売掛債権が存在するため、支払いがあることを確認するのが比較的簡単なので審査が短くて済むようになっています。

銀行融資では事業計画書などの内容から返済できるかどうかを慎重に吟味しなければなりません。

書類の追加提出を求められてしまい、用意するのに時間がかかることもあります。

銀行としては融資できる金額や金利についても検討が必要なので審査に時間がかかりがちです。

ファクタリングは銀行融資とは取引先の幅広さが違う

銀行でもファクタリングをしていることが多くなってきましたが、ファクタリングをするときには必ずしも銀行を選ばなければならないわけではありません。

ファクタリングと銀行融資の違いとして、取引先の幅広さも挙げられます。

銀行融資はその名の通りで、銀行でしか利用することはできません。

メガバンクや都市銀行、地方銀行などのさまざまな選択肢はあります。

種類によって融資についての考え方が違うので、メガバンクでは断られても地方銀行では審査が通るということもあるでしょう。

しかし、相談できる銀行は限られているのは確かです。

一方、ファクタリングは特化型の企業がたくさんあります。

経営コンサルティングをしている企業もファクタリングに対応していることがあるため、事業改善の戦略を相談しながら資金調達をすることも可能です。

多様な選択肢があるファクタリングは自社に合うサービスを受けやすい性質があります。

ファクタリングと銀行融資の違いに関する質問Q&A

ファクタリングと銀行融資の審査はどうですか?
内容にもよりますが、審査であればファクタリングの方が審査に通りやすい傾向です。
ファクタリングと銀行融資は同じくらい審査に時間がかかりますか?
ファクタリングの方が早い傾向です。銀行融資は数ヶ月かかるケースもありますが、ファクタリングが即日という場合もあります。
ファクタリング利用は銀行融資の審査に支障が出ますか?
他の銀行融資を受けていると審査に支障が出ますが、ファクタリングは銀行融資と違い融資とみなされないため支障はありません。
銀行融資はファクタリングとどんな面で違いますか?
支払いが伸びるほど支払総額が多くなるのが銀行融資です。一方ファクタリングは三社間ファクタリングの場合手数料のみで完結します。
銀行融資とファクタリングは同じ会社でできますか?
できません。そもそも銀行とファクタリング会社は違う組織なので、同じ会社で両方利用することはまずできないでしょう。

ファクタリングと銀行融資の違いのまとめ

ファクタリングと銀行融資の違いは支払いがあるとほぼ確定している売掛債権の売却による資金調達か、事業の展望に対する期待としてお金を貸してくれるかです。

ファクタリングは既存事実があるので短期間で審査が終わり、最短即日での資金調達ができます。

しかし、銀行融資では銀行としては企業の将来に向けた投資という意味合いが強いため、事業計画書の内容などを慎重に吟味して融資実行が可能かどうかを吟味します。

銀行融資の審査は長い期間がかかるのが一般的です。

ファクタリングは手数料がかかりますが、銀行融資と違って継続的な利息が付くこともありません。

資金や支払いについて明確にした上で契約して取引できるのでファクタリングは資金調達方法としておすすめです。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリングと銀行融資の違い】区別して相違点を明確に理解しておく…でした。