ファクタリングの延滞・遅延とは入金が期日よりも遅れることを指します。ユーザー、売掛先企業、ファクタリング会社の3社が延滞・遅延を起こすリスクがあります。延滞・遅延が起きてしまうとほぼ確実にトラブルになるので注意が必要です。ファクタリング会社の支払いが遅れないように信頼できる取引先を選ぶのも大切です。

ファクタリングの延滞・遅延とは?ユーザーの立場から注意すべき点を解説!

ファクタリングの延滞・遅延とは?ユーザーの立場から注意すべき点を解説!

ファクタリングの延滞・遅延とは入金の期日が定められているときに、予定よりも支払いが遅れることを指します。

ファクタリングではユーザーとファクタリング会社だけでなく、売掛先企業との間でも資金の動きがあります。

3社のどれもが延滞・遅延を起こすリスクがあり、取引に支障を与える場合があるので注意が必要です。

この記事ではファクタリングの延滞・遅延について詳しく解説します。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングのユーザーが起こす延滞・遅延

ファクタリングのユーザーによる延滞・遅延は契約の仕方によっては起こり得ない場合もあります。

ユーザーがファクタリング会社に支払いをする必要がない契約が可能だからです。

3社間ファクタリングをする場合にはユーザーは直接ファクタリング会社に支払いをすることがないため、延滞・遅延のトラブルは起こりません。

しかし、2社間ファクタリングの場合には売掛先企業から支払いを受けた後、ユーザーがファクタリング会社に売掛金を渡すことが必要です。

一般的に2社間ファクタリングでは売掛債権に基づいて支払い期日が定められているため、期日に間に合わなかったり、入金を忘れたりしてしまうと延滞・遅延になります。

2社間ファクタリングの契約では延滞・遅延があったときに遅延損害金などのペナルティが設けられていることが多く、遅れれば遅れるほど大きな金額の支払いが必要になります。

ファクタリングの売掛先企業が起こす延滞・遅延

ファクタリングの売掛先企業が延滞・遅延を起こす問題はしばしばあります。

売掛先企業に請求書を発行しても期日までに支払ってくれなかったら延滞・遅延です。

多くのケースでは延滞・遅延をしたときにはペナルティが発生する契約にせず、たまたま入金を忘れたときにお互いの関係が悪くならないようにしています。

ただ、ファクタリングで使用した売掛債権の支払いが遅れるとトラブルになるので、何とかして債権回収をしなければならない状況に陥りがちです。

2社間ファクタリングの場合には入金がないとユーザーがファクタリング会社に支払いができないからです。

売掛金回収ができなかったから支払えないというのは理由にならないので、ユーザーも支払いの延滞・遅延を起こすことになります。
3社間ファクタリングの場合にはファクタリング会社が売掛先に支払いの督促を出し、ペナルティを請求するといった対応をすることになります。

ファクタリング会社が起こす延滞・遅延

ファクタリング会社はユーザーに対して契約時点で支払いをします。

その期日が定められている場合には、期日までに入金されなかったときには延滞・遅延です。

ただ、多くのケースではベストエフォートで少しでも早く入金すると約束し、入金の期限は余裕を持たせて契約するのが一般的になっています。

そのため、ファクタリング会社が延滞・遅延を起こすことはほとんどありません。

例外的なのは大口でのファクタリングを依頼した場合です。

ファクタリング会社が資金調達をしなければ現金での支払いができないくらいの数千万円、数億円単位のファクタリングをする場合には、資金調達の遅れによって支払いの延滞・遅延が起こる場合があります。

一般的にはファクタリング会社による支払いの延滞・遅延についてペナルティが設けられていることはありません。

ユーザーとしては予定通りに資金を調達できないのでトラブルになります。

ファクタリングの延滞・遅延の注意点

ファクタリングでは延滞・遅延が起こるとほぼ確実にトラブルが発生します。

ファクタリング会社が延滞・遅延するケースでは、資金調達の予定が狂ってしまって事業を進められない、支払いができないといったトラブルになります。

資金を十分に持っていて確実に入金してくれるファクタリング会社を選ぶのは重要なポイントです。

一般的には売掛先企業がきちんと支払いをしてくれれば、ユーザーがファクタリング会社への支払いを延滞・遅延してしまうことはありません。

売掛先企業から受け取った売掛金をそのまま引き渡せば良いだけだからです。

そのため、ファクタリングに使用する売掛債権をどれにするかは慎重に吟味する必要があります。

確実に期日までに支払いをしてくれる企業を選んでファクタリングに使用するのが大切です。

大手企業のように支払いを徹底しているところを有力候補として使うようにしましょう。

ファクタリング延滞・遅延について質問Q&A

ファクタリングで延滞や遅延はありますか?
基本的にありません。ただし、売掛金が入ったら速やかに支払うか三社間ファクタリングを結ぶようにしましょう。
万が一売掛金入金が延滞したり遅延した場合は?
遅延損害金が発生する場合があります。年率で10%以上なのでそれなりの高さになるので注意しましょう。
ファクタリングで延滞遅延を繰り返す会社も利用できる?
利用できますが、審査落ちするリスクがあります。なるべく信用できる会社の売掛金を利用しましょう。
延滞や遅延をしないようにするにはどうすればよいでしょう。
確実に売掛金を期日までに支払う会社の売掛金を利用することで、確実なファクタリングの支払いが可能です。
ファクタリング対象で、売掛金の延滞や遅延をしている会社が倒産しました。
基本的にファクタリング契約を結んでいて回収不能になっているので支払いはしなくても良くなりますが、念のため確認を行ってください。まれに契約で支払い義務を設定している業者がいます。

ファクタリングによる現金化での延滞・遅延のまとめ

ファクタリングによって売掛債権を現金化する方法は資金繰りの改善や資金の早期獲得に有効な方法です。

しかし、取引時に延滞・遅延が起こってしまうとトラブルになり、経営状況に大きな支障を与えるリスクがあります。

ユーザーが延滞・遅延をすることもありますが、ファクタリング会社からの支払いが予定通りにおこなわれなかったり、売掛先企業から期日までに入金がなかったりすることもあるので注意しましょう。

ファクタリング会社への支払いができなかった場合にはペナルティの支払いが発生したり、売掛先企業への督促があって信頼関係を失うことになったりする可能性があります。

ファクタリングを利用するときには経済基盤がしっかりしていて安心して取引できるファクタリング会社と売掛先企業を選ぶのがおすすめです。

ユーザーだけでなく他社も延滞・遅延をするリスクがあることを念頭に置いて、取引する会社を厳選しましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング延滞 遅延】起こるとどうなるのかをわかりやすく紹介!…でした。