ファクタリングの手数料相場はファクタリングの種類によって違いますが、売掛金の額面の1%~20%が一般的になっています。人件費を削減できるクラウドファクタリングでは手数料相場が低いですが、ファクタリング会社がリスクを負う2社間ファクタリングでは高めです。3社間ファクタリングでは適正範囲に入るので売掛債権の内容による影響が大きくなっています。

ファクタリングの選び方は?手数料相場を比較しながら的確な判断で利用したい

ファクタリングの選び方は?手数料相場を比較しながら的確な判断で利用したい

ファクタリングの手数料とは取引の際にファクタリング会社に対して支払う報酬です。

手数料によってファクタリング会社は利益を出しているため、どの会社に依頼したとしても手数料がかかります。

手数料相場に関して国などの公的機関によって厳密なガイドラインができていません。

そのため、ファクタリング会社によってどのくらいの手数料にするかは異なっています。

種類によって手数料相場が異なるので個別に確認しておきましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

ファクタリングの手数料相場は1%~20%程度

ファクタリングの手数料相場はファクタリングの種類によって異なります。

全体として見ると1%~20%程度というのがファクタリングの手数料相場です。

以前は30%以上もの手数料を取るファクタリング会社もありました。

しかし、ファクタリング会社の数が多くなり、顧客獲得競争が激しくなってきた影響で高くても20%程度で済むようになっています。
手数料に影響する要因として大きいのは取引先の経済的な信用と、売掛債権の額面です。

ファクタリング会社は売掛債権を買い取るので、もし取引先から売掛金の支払いがなかったら督促をして回収するためにコストをかけなければなりません。

取引先が倒産したら回収不能になるリスクもあります。

売掛先が信用できれば手数料は下がります。

また、ファクタリングの手続きにかかる人件費も手数料に含まれているので、額面が小さい場合には手数料率が高くなるのが一般的です。

2社間ファクタリングの手数料相場

2社間ファクタリングの場合には手数料相場が10%~20%程度です。

ファクタリング会社の中には5%前後から対応していると銘打ってセールスプロモーションをしているところもあります。

ただ、売掛金の額面が大きく、売掛先が大手上場企業と言ったケースでなければなかなか手数料が低くなることはありません。

2社間ファクタリングの場合には売掛先に通知せずに、ファクタリング会社との間で迅速な手続きができるのがメリットです。

スピード感を実現するために、簡易な審査でファクタリングの可否を判断しています。

そのため、取引先の情報調査が十分ではなく、ファクタリング会社は倒産するリスクがある取引先の売掛債権を買い取ってしまうリスクがあります。

そのリスク分を手数料に上乗せしているため、2社間ファクタリングでは手数料相場が高くなっています。

迅速な資金調達ができる代わりに、資金が目減りするリスクがあることに留意して活用した方が良いでしょう。

3社間ファクタリングの手数料相場

3社間ファクタリングでは手数料に相場と言えるほどの明確な水準がありません。

一般的には2%~15%程度の手数料相場だと言われていますが、実際には2%未満のことも15%を超えることもあります。

3社間ファクタリングでは適正な手数料を設定するために徹底した調査をして審査するからです。

3社間ファクタリングでは取引先に通知をして、売掛金の支払先をファクタリング会社に変更してもらう手続きをします。

3社間での信頼関係が必要になるため、ファクタリング会社では売掛先の信用や業績を調べて適正な手数料を設定する努力をしています。

3社間ファクタリングでは契約締結までに時間的な余裕があるのも徹底調査を実施する理由です。

結果としてファクタリング会社は取引先について十分な情報を手に入れられるため、一般的には2社間ファクタリングよりも低い手数料でサービスを提供できます。

クラウドファクタリングの手数料相場

手数料相場が低いファクタリングの方法としてよく注目されているのがクラウドファクタリングです。

クラウドファクタリングでは手数料相場が1%~10%程度になっています。

5%未満の手数料で利用できることが多いので人気のサービスです。

クラウドファクタリングとはクラウドシステムに登録して利用する仕組みのファクタリングです。

売掛債権に基づく審査がAIによってオンラインで自動実行されるようになっているため、ファクタリング会社としては人件費のコストを削減することができます。

その分を手数料に還元して利用企業にとってもメリットがあるサービスにしているのがクラウドファクタリングの特徴です。

AIの活用によって売掛金の支払いができる取引先かどうかを判断するのも簡単になってきました。

実績が積み上げられてきたことで手数料が下がり、1%のわずかな手数料でも利用できるようになっています。

ファクタリングの手数料に関する質問Q&A

ファクタリングの手数料の相場はどんなものですか?
一概には言えません。なぜなら金額によって1%程度の手数料のところもあれば、数十%の所もあるからです。
ファクタリングの手数料で適正な相場を知る方法は?
相見積もりがおすすめです。ファクタリングでは相見積もりをすることが可能なので、複数の資料を用意していくつかの会社に相談してみましょう。
ファクタリング手数料の相場の傾向は?
基本的に金額が高くなるほど手数料のパーセンテージの相場が低下していきます。
ファクタリングの手数料の相場はネットで調べられる?
基本的なところまでは調べられます。ただし、取引会社の条件なども考慮されるので、実際に見積もりを受けるのが確実です。
ファクタリングの手数料の相場を超える業者の見分け方は?
基本的に優良な企業が多いのですが、しいて言えば口コミなどを見るのがおすすめです。

ファクタリングの手数料相場のまとめ

ファクタリングの手数料にはガイドラインがないので相場は刻々と変わってきています。

2023年時点での手数料相場は1%~20%ですが、以前は30%以上のこともありました。

2%未満になることもほとんどなかったことを考慮すると、ファクタリングの手数料相場は下がってきています。

ファクタリング会社がリスクを負う2社間ファクタリングでは手数料相場が高いですが、3社間ファクタリングにすれば適正範囲になります。

クラウドファクタリングなら手数料相場が低いので、資金を無駄に減らさずに済むでしょう。

手数料相場は今後も変わっていく可能性が高いため、ファクタリングを利用するタイミングで確認するのが大切です。

相場を把握してから見積もりを取り、適正な範囲の費用負担でファクタリングを利用していきましょう。

  • QuQuMo ククモ
    詳細はコチラ
  • BIZパートナー
    詳細はコチラ
  • アクセルファクター
    詳細はコチラ

以上、【ファクタリング 手数料 相場】適正範囲を見極めながら業者選びをする…でした。